美容整形の相談・紹介 Call to Beauty

美容整形の相談・紹介【医師監修】

予防してたはずなのにできてしまった! 気になる妊娠線をキレイに消す方法は?
2018.05.28 更新

出典 http://www.photo-ac.com/

妊娠、出産を経験した女性なら妊娠線という言葉は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
今回はできてしまった妊娠線を効果的に消す方法をご紹介します。

そもそも妊娠線とは?

妊娠線は、妊娠中に急激に大きくなっていく変化に皮膚の真皮や皮下組織が対応しきれず、伸びきる限界を超えてしまったときにできる亀裂です。

この亀裂は、線状になって肌表面に現れるため、妊娠線あるいは、ストレッチマークと呼ばれているんですよね。

妊娠線は予防できる?

妊娠線予防のクリームやできてしまった妊娠線をケアできるスキンケアアイテムもいろいろありますが、どれだけ気をつけて予防しても、正中線を中心に、大なり小なり妊娠線はできてしまします。

それに、個人差はありますが、妊娠中の体重コントロールがうまくいかなかったり乾燥しやすい体質だったりすると、太ももやお尻まで肉割れしてしまったりします。

しかも、妊娠線ができやすいのは妊娠後期ですからお手入れが大変で、結局うまくケアできずに妊娠線ができてしまうことも。

予防クリームの成分は保湿剤ですから、できてしまったら、そう簡単には改善しませんし、ましてや、皮膚が裂けてできた妊娠線を消すことは難しいです。

それなら発想を変えて、できた妊娠線をほとんどわからないくらいに消してしまう方法が一番効率的ではありませんか?

美容クリニックで妊娠線を消す方法

美容クリニックでは、肌の再生を促すフラクショナルレーザーやカーボメッド、特殊な注射器で肌の再生成分を注入するダーマペンなどの方法、医師がすすめる妊娠線改善クリームなど多彩な治療法があります。

美容クリニックなら、完全に消すことは難しいとされている妊娠線を皮膚の再生医療という最先端の方法を使って改善することも可能です。
また、妊娠線の状態によって医師のアドバイスを受けながら、一人一人に適した治療ができるというメリットもありますよね。

たしかに、妊娠線クリームを使い続けるよりは費用はかかりますが、実際にフラクショナルレーザーで妊娠線を消した方によると、5回程度できれいになったという声も多く、費用対効果を考えると、美容クリニックで効率よくケアするのが産前産後をストレスなく過ごすベストな方法かもしれませんね。

美容クリニックなら、できてから時間の経ってしまった妊娠線を諦めていた方も目立たなくさせることは可能なのでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

※効果の現れ方には個人差があり、すべての方への効果保証はできません。必ず専門家のカウンセリングを受け、よく理解した上で服用するようにしてください。

yuki

sakura

美容系ライター

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

Special Features

bnr_insta
PAGE
TOP