もう3、4歳若く見られたい…頰のたるみ解消法にこの3つ! 医師の解説まとめです!
2017.05.27 更新

出典 http://weheartit.com/

私たち人間は、年齢を重ねるとともに、体のいたるところに「たるみ」が生じてきます。中でも気になるパーツの1つのが、頰でしょう。顔は洋服などで隠すことはできません。たるみを根本的に解消する以外に方法はないのです。
そこでこの記事では、美容外科のプロフェッショナルである5名の医師の「頰のたるみ」に関する見解や、実際に採用している治療方法についてまとめました。

頰のたるみの原因は?

そもそも、なぜ頰はたるんでしまうのでしょうか? RDクリニック東京銀座院の田中牧恵先生は、以下のように語っています。


頬(ほほ)のたるみは、加齢に応じて頬(ほほ)のコラーゲン産生細胞が減少することで生じます。このコラーゲン産生細胞は、あなたの肌のハリやつやを維持する細胞で、この肌細胞が減少することによって、ハリがなくなったり、たるんだりします。

出典 http://www.rederm.com/

OZAKI CLINIC目黒祐天寺院院長である朽木律子先生は、以下のように説明されています。


たるみは、皮膚深層の真皮膚や、皮下組織の脂肪層、筋肉などの老化により、皮膚の構造がゆがむことで起こります。主な原因は皮膚深層にありますが、スキンケアなどの自宅ケアでは、そこまで深くアプローチできません。たるみを根本的に改善するには、皮膚と皮下組織に作用する糸治療などの施術が必要です。

出典 http://www.ozaki-clinic.com/

頰のたるみは、私たちの目には見えない皮膚の深いところに原因があるようです。では、一体どういった対処法をとれば解決できるのでしょうか?

外科的な治療と切らない治療

たるみの解消法は、「メスを入れる外科的な治療」と「切らない治療法」の2つに大きく分かれます。
それぞれにメリット・デメリットがあり、治療期間や価格も異なるため、自分に合ったものを選ぶことが重要になってきます。カウンセリングを受ける際は納得いくまで質問し、各治療法についてきちんと理解した上で治療法を選びましょう。
ここでは、外科的治療と切らない治療、それぞれの代表的な施述方法についてご紹介します。

まず、外科的な治療法の1例としては「バッカルファット除去」が挙げられます。これについて、高須克弥先生が院長を務める高須クリニックでは、以下のように説明しています。


年齢とともに頬がブルドッグのようにたるんでしまう大きな原因が『バッカルファット』。頬の深い部分にある脂肪の塊のことで、加齢によって下垂するため、たるみを加速させてしまいます。
このバッカルファットを手術で除去すると、若返りと小顔の2つの効果が同時に得られます。また若いうちに除去しておくことで、将来のたるみ予防に効果的です。
手術は口の内側を1~2cm程度切開し、バッカルファットを引き出して切除。切開部は溶ける吸収糸で縫合するため抜糸の必要はなく、傷跡は数ヶ月でほとんど目立たなくなります。手術時間は30分程度で、洗顔やシャワー、メイクは当日から可能。食事も、食後に口の中をしっかりゆすいで清潔に保つことができれば、通常通り摂ることができます。

出典 http://www.takasu.co.jp/

メスを入れる治療と聞くと「入院が必要なのでは?」とイメージする方が多いかと思いますが、実際はその必要はないようです。仕事などの予定を少しだけ調整しておけば、まとまった期間を確保しなくても施術を受けられます。

次に、切らない治療方法として注目を集めている「サーマクール」です。吉川嘉一朗先生が院長を務める四谷見附クリニックでは、以下のように説明しています。


サーマクールはメスを使わないたるみ治療のゴールドスタンダードとなってきています。現在美容医療業界で取り扱われているたるみ治療機器の中で最も効果の高い治療です。技術の進歩により、治療に伴う痛みも少なくなり、これまで以上に多くの方から支持を得ています。効果の面からだけでなく、この治療の大きなメリットはダウンタイムも無く、誰にも知られずに気軽に治療ができるという点もリピーターの多い理由です。

出典 http://www.ym-clinic.jp/

外科的治療が怖い、どうしても抵抗があるという方は、上記のような切らない治療方法を選択することがおすすめです。家族から美容整形を反対されている方も、メスを入れないということで理解を得やすいかもしれません。

どんなたるみ解消法があるのか?

外科的治療として「バッカルファット除去」を、切らない治療として「サーマクール」を例に挙げてご紹介しましたが、それ以外にはどのような解消法があるのでしょうか?

大場教弘先生が理事長を務めるプリモ麻布十番クリニックでは、以下のような治療も行っているそうです。


アプトスとは特殊な糸で頬などのタルミを改善する方法です。ギザギザの毛羽立ちのあるポリプロピレン製の糸を用います。
小さな針穴からこの特殊な糸を通し、引き上げたい場所、持ち上げたい場所、盛り上げたい場所に合わせこのギザギザの引っ掛かりの向きを調節し、組織を移動させます。

出典 http://www.primo-clinic.jp/

上記のような糸を使用した治療法も、頰のたるみを解消する上ではスタンダードなものとして知られています。術後の痛みもあまりないようですが、不安な方は鎮痛剤を処方してもらうと良いでしょう。

頰のたるみの原因や解消法について、医師の見解を交えてご紹介してきました。いつまでも美しくいたいという女性の要望に応え、近年ではさまざまな方法が生まれ、進化を遂げています。
頰のたるみが気になっている方は、この機会に自分に合った治療法はどんなものなのか、一度検討してみてはいかがでしょうか?

※本記事内でご紹介した内容はあくまで各医師の見解であり、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。実際に施術を検討される際は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

yoshikawa

吉川絵里

元美容皮膚科カウンセラー、ライター

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル7F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩4分
院長:荒牧 奈央
診療時間:10:00~19:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta