冬はとにかくお肌の手入れを念入りに。潤いの減少・乾燥肌を改善する、[抵抗なくいける]美容皮膚科治療3選
2017.05.27 更新

20代からお肌の潤いは減少します! 潤いを手軽に取り戻す美容皮膚科治療3選

出典http://ink361.com/

多くの女性が悩まされる肌トラブル、その原因の一つが乾燥です。本来、肌の角質層には水分を保持する機能と、アレルゲンや紫外線などから肌を守るバリア機能が備わっています。それが何らかの理由によってバランスが崩れ、肌の水分保持力が低下した状態を乾燥肌と言います。
保湿能力があるはずの肌が、なぜ乾燥を引き起こしてしまうのでしょうか? ここでは乾燥の原因とそれによって起こる肌トラブル、美容皮膚科で受けられる最新の治療法についてご紹介します。

なぜ肌は乾燥しやすくなるのか

肌の潤いは角質層に補給される皮脂と細胞間脂質、そしてNMFという天然保湿因子の3つの成分によって保たれています。それが睡眠不足やストレス、加齢、栄養バランスの乱れ、紫外線を浴びることなどが原因でホルモンバランスが崩れることによって、皮脂の分泌量が減少し、乾燥を引き起こすのです。
皮脂腺から分泌される皮脂量はホルモンによってコントロールされているため、年齢を重ねるに従って、徐々に皮脂の量が減少していきます。特に女性は、生理や妊娠などの体の変化やストレスといった肉体面・精神面の両方でホルモンバランスが乱れやすく、結果として乾燥を引き起こしやすくなります。
また、毎日行っているスキンケアが間違っている場合も乾燥を引き起こす大きな原因になります。汚れを落とそうとゴシゴシとこすり過ぎてしまったり、洗浄力が強いクレンジングや洗顔料を使いすぎたりすると、肌のバリア機能が傷ついて乾燥しやすくなります。
洗浄力が高い洗顔料は、肌に必要な皮脂膜や細胞間脂質、NMFも洗い流してしまいます。バリア機能に傷がつき、無防備な状態の肌が紫外線や乾燥した空気、化粧品の添加物によってさらにダメージを受けてしまうのです。
肌がダメージを受けると角質細胞の増殖スピードが速まりますが、未熟な角質層は保湿能力が十分ではありません。このような間違ったスキンケアを続けると、乾燥が慢性化してしまう恐れもあります。

乾燥するとどんなデメリットが?

乾燥するとどんなデメリットが?

出典http://weheartit.com/

では、乾燥肌になると具体的にどんな不調を感じるのでしょうか? 肌が乾燥すると角質層に不調が生じ、肌荒れやカサつきを引き起こします。症状が進むと強いかゆみと共に皮が剥けてきたり、突っ張ったり、赤みがかってきたりすることもあります。
また、肌のターンオーバーが上手く機能せず、悪循環を繰り返すことで小じわがどんどん増えていきます。特にシミやたるみ、ほうれい線ができやすくなり、同年齢で健康肌の人と比較すると見た目年齢に大きな違いが表れます。
角質が乱れて肌の弾力がなく、表面が凸凹した状態であるため、ファンデーションが肌から浮いて見えるなど化粧ノリも悪くなってしまいます。老廃物や洗い残ったファンデーションが開いた毛穴に詰まりやすくなり、炎症を起こして大人ニキビの原因に繋がります。
乾燥肌が引き起こすデメリットは数多くありますが、逆にメリットは何一つありません。自分の肌に症状が出ているなら、すぐに効果的な保湿ケアを始めないと、症状は徐々に進行してしまいます。

肌が潤う美容皮膚科的治療3つ

肌が潤う美容皮膚科的治療3つ

出典http://weheartit.com/

自己流のケアで乾燥肌が改善されない場合は、皮膚科を受診してみましょう。美容皮膚科は、美肌づくりのプロフェッショナルである専門ドクターが、最先端の医療機器で治療を行っています。
乾燥によって受けたダメージを軽減させる治療や、肌の再生能力を高めるカウンセリングを受けることができ、手軽に潤いに満ちた肌を取り戻すことができます。
乾燥肌に効果がある治療法は主に3つで、光治療とイオン導入、そしてレーザーピーリングです。光治療はメラニン色素やヘモグロビンを吸光し、シミやくすみを薄くしてくれます。神経芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促し、毛穴を引き締めたり小じわを改善したりする効果もあります。
次にイオン導入は、治療の前後に行われるメディカルエステで、レーザーや光による治療の効果を高めることができます。毎秒300万回の超音波で振動を与え、ビタミンCなどの有効成分の浸透を促進させます。
最後にレーザーピーリングは、シミやそばかすに対する効果はもちろん、毛穴を小さくして肌のキメを整えてくれます。ニキビ治療にも効果的で、透明感のある肌を手に入れることができるでしょう。
どの治療も、直後にもお化粧をして帰ることができるほど肌への負担が少ないことが特徴です。長期間継続して治療を受けることで、肌が美しく整い、ファンデーションに頼らない素肌になることも夢ではありません。

加齢や生活環境、間違ったスキンケアによって乾燥が引き起こされると、シミやシワ、大人ニキビなどさまざまなトラブルが起こります。
美容皮膚科では肌のターンオーバーを整えるカウンセリング、肌が受けたダメージの回復を早める治療を受けることができます。美肌の専門医による治療は肌への負担も少なく、手軽に潤いを取り戻して肌を美しく整えてくれます。肌トラブルにお悩みの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

※効果の現れ方には個人差があり、すべての方への効果保証はできません。必ず専門家のカウンセリングを受け、内容についてよく理解した上で施術を受けるようにしてください。

kanako

kanako

美容系ライター。元美容外科勤務。

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
最寄駅:西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分、JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分、副都心線「東新宿」駅徒歩7分、山手線「新大久保」駅徒歩5分、中央総武線「大久保」駅徒歩6分
院長:内藤 崇
診療時間:11:00~19:00
休診日:月・木
美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座5-5-1 マツモトキヨシ銀座5thビル4階
最寄駅:東京メトロ銀座駅B5出口すぐ
院長:簡野晃次
診療時間:11:00~19:00(月・火・水・金・土)
休診日:木・日
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • 20代からお肌の潤いは減少します! 潤いを手軽に取り戻す美容皮膚科治療3選
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう