メイク落としたら、憂鬱になる…。40代からのシミ除去治療の復習。医師はこう考える。
2017.02.05 更新

老け顔にサヨナラ!クリニックのシミ除去で若返りを狙おう
スポンサーリンク

出典 https://www.flickr.com/

加齢とともに発生し、だんだん濃く大きくなっていく「シミ」。毎日鏡を眺めてため息をついているよりも、思い切ってクリニックのシミ除去治療を検討してみてはいかがでしょうか。美白化粧品ではたとえ高価なものであっても、すぐに激的な変化は得られませんが、クリニックですと効果が目に見えやすく、医療機関なので安心です。
ここでは、シミ除去治療法を専門家である美容皮膚科、美容外科のドクターたちの見解をから探っていきましょう。

シミの原因は

代表的なシミの原因として挙げられるのは、やはり紫外線でしょう。若いころは太陽の光を浴びても平気だったものの、年齢を重ねてくるとその影響がぽつぽつと出始め、いつの間にやら目立つ大きなシミに……。そんな人は多いのではないでしょうか。

スタッフ全員が女性という美容皮膚科、広尾プライム皮膚科の谷裕子院長は、シミの原因について以下のように述べています。

広尾プライム皮膚科の谷裕子院長

しみの多くは紫外線が原因ですが、加齢による代謝の衰えやホルモンバランスの乱れ、強い摩擦、外傷やにきび痕なども原因となります。

出典 http://www.hiroo-prime.com/

紫外線以外にも、さまざまな要因があるようです。原因をよく知り、トータルな対処をとっていくことが必要になると言えるでしょう。
そんな、あることで一気に老けて見える「シミ」ですが、逆に言えばなければ若く見えるということもできます。すでにあるシミを消すことで、若返りが狙えるのです。

シミの種類

一般に「シミ」と認識されているものは、実は何種類かに分類されます。シミの種類によってその治療法は異なりますので、まずは見極める診断が必要になってきます。自己判断でコンシーラや美白化粧品などでシミに対応していると、かえって刺激になって悪化してしまうようなケースもあります。
主にシミと呼ばれるものの種類は、「肝斑」「そばかす」「ホクロ」「後天性真皮メラノサイトーシス」などがあり、それぞれ有効な治療法が違います。

シミ取りを得意とする、久保田愛子先生が院長を務める銀座美容外科クリニックでは、以下のような見解を発表しています。

銀座美容外科クリニックの久保田愛子先生

シミは、目立つものが多いため、とても気になるものですが、シミにはそれぞれ異なる形状と性質があり、患者様ご自身では判断やケアが難しく、間違ったシミのケアは症状を悪化させる恐れもあります。

出典 http://www.ginzabiyou.jp/

また、新宿エルクリニックの中原静子先生は、次のように語っています。

新宿エルクリニックの中原静子先生

また一概に シミといってもその種類はさまざまで、生まれた時(先天性)からあるあざやそばかす、後からできた(後天性)の老人性色素斑や肝斑があり、症状にあった シミの治療法を選択しなければなりません。

出典 http://www.elcli.com/

施術をするよりもまず大切なのは、しっかりとしたカウンセリングです。素人判断では限界がありますので、信頼できるドクターに相談しましょう。そうしたサービスを受けられるのも、クリニックならではです。

どんな治療法があるの?

シミの治療は、主に「ピーリング」「レーザー」「フォトフェイシャル」「内服薬」などがあります。それらをシミの種類によって使い分けたり、複合的に使ったりして、シミの治療は進みます。
切らずにできるので、傷跡もつかず、気軽にできる施術がほとんどです。

シミの治療法に関して、コーラルビューティクリニックの総院長白川裕二先生は、次のように述べています。

コーラルビューティクリニックの白川裕二先生

当院のしみ・くすみ治療は、処方によるビタミンC・Eとトラネキサム酸の内服を前提とし、加えて、フォトRF単独による初回トライアルや、大人気のビーナスフリーズの初回トライアルも行っています。また、へばりついたしみに関しても、初期の段階より漂白軟膏外用による保存的治療を開始し、より強い作用のQルビーレーザーを使用しても色素沈着などの合併症が起きない準備をしっかり行ってから施術いたしますのでご安心ください。

出典 http://www.coral-beauty.jp/

以上のことからも分かるように、多角的な視点で、シミにアプローチすることが大切なのです。

専門家の意見を聞くことは、それだけでも美容に対する意識も上がります。日頃のお手入れにも取り入れる情報を得られることもあるので、受診した際は積極的に情報収集するようにしてみてください。

*本記事内で紹介した内容は、あくまで各医師の見解であり、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。実際に施術を検討される際は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

kanako

kanako

美容系ライター。元美容外科勤務。

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
スポンサーリンク
  • 老け顔にサヨナラ!クリニックのシミ除去で若返りを狙おう
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

美容整形の相談・紹介 Call to Beauty の最新記事をお届けします