AGA治療は低予算でも大丈夫! 「プロペシア」のジェネリックを使ってみよう
2017.02.05 更新

低予算でも大丈夫!プロペシアのジェネリックを使ってみよう
スポンサーリンク

出典 https://www.flickr.com/

女性のようにメイクやネイルをすることがほとんどない男性にとっては、髪のスタイリングはおしゃれを楽しむ上で貴重なポイントになることでしょう。いつまでも若々しくいるため、自分に自信を持ち続けるためには、髪は大切にしたいもの。そこで重要になるのが、薄毛対策です。ここでは、薬による薄毛対策についてご紹介します。
特に、AGA治療のための薬「プロペシア」のジェネリック医薬品について紹介します。

薄毛治療薬の代表格「プロペシア」

薄毛治療薬の代表格「プロペシア」

出典 https://www.flickr.com/

「薬による薄毛対策」と前述しましたが、具体的には「プロペシア」という薬についてご紹介します。プロペシアはアメリカのメルク社が開発した薬で、男性型脱毛症=AGA(Androgenetic Alopecia)に効く「フィナステリド」という成分が含まれています。世界の数多くの国々で使用されている実績があり、効果を実感したという声も多く聞かれます。男性特有の薄毛に悩む方には最適な薬ですが、気になるのは値段ではないでしょうか。プロペシアは長い期間毎日服用することが必要であるため、少しでも費用を安く抑えたいと思う方は多いことと思います。そこで注目したいのが、ジェネリックです。

プロペシアには安価なジェネリックがある!

プロペシアにはジェネリックが存在します。ジェネリックとは、先発医薬品と同様の成分・効果を持った安価な薬のことです。プロペシアにおいては、フィンペシア・エフペシア・フィナバルドなどが挙げられます。そして2015年に大手製薬会社のファイザー株式会社がジェネリックを製造販売する権利を取得し、「フィナステリド錠0.2mg『ファイザー』」と「フィナステリド錠1mg『ファイザー』」を販売開始しています。ひと月あたり1,000〜1,500円ほど費用を抑えることができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

服用における注意点

プロペシア、およびそのジェネリックは、男性特有の薄毛に効く薬です。女性、特に妊娠中の女性は対象外となりますので、絶対に服用しないようにしてください。また、ごくまれに性欲減退などの副作用が発症することもあります。医師によく相談の上、様子を見ながら服用するようにしてください。

薬を使った薄毛対策は、すぐに生活に取り入れやすく、簡単に継続できるところがうれしいポイントです。ジェネリックを活用して、賢く対策を始めてみてはいかがでしょうか?

※効果の現れ方には個人差があり、すべての方への効果保証はできません。必ず専門家のカウンセリングを受け、よく理解した上で服用するようにしてください。

kanako

kanako

美容系ライター。元美容外科勤務。

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
スポンサーリンク
  • 低予算でも大丈夫!プロペシアのジェネリックを使ってみよう
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

美容整形の相談・紹介 Call to Beauty の最新記事をお届けします