いつもとは違う方法も試してみる? 美肌のためのお肌の保湿方法4選
2018.05.14 更新

美肌のキホン! 本気の保湿ならクリニックにお任せ

出典 https://www.flickr.com/

「お肌の乾燥」と言えば、木枯らしの季節に起こるトラブル。そんなイメージがありましたが、今は夏の冷房の影響もあり、快適に過ごしやすくなった分「お肌の乾燥」も一年中の悩みとなりました。しっとりとした美肌を保つために大切な保湿、皆さんはどうしていますか?
ここでは、美肌を作り、美肌をキープする効果的な「保湿」の方法をご紹介します。

保湿のしくみ

保湿のしくみ

出典 https://www.flickr.com/

肌へ水分を入れ、そして水分の蒸発を防ぐことが「保湿」のキホンです。顔を洗った直後肌がしっとりしてるのは、水分が入っている状態ですが、放っておくとどんどん蒸発してしまいます。蒸発する時に元ある水分も一緒に持って行ってしまうので、蒸発を防ぐ膜としての油分が必要となってきます。

基礎化粧品を使ったスタンダードな保湿

多くの人が日常的に行っている保湿方法は、やはり基礎化粧品によるところが大きいでしょう。メイクをオフしたら、よく泡立てた洗顔料で優しく洗ってください。そして基本的なことではありますが、水分を補う化粧水と、水分の蒸発を防ぐ油分である乳液とを重ねて付けるのがやはり大切です。

自分へのご褒美にエステで保湿

エステの良さは、あれこれ考えなくても効果の高いスキンケア剤を使用してもらえることと、人の手によってよってもたらされる癒しと温もりを感じられることです。どうしてもその分高価になってしまうこともありますが、化粧品の選び方やお肌への付け方など、自宅でスキンケアをする際の勉強にもなります。

皮膚科で保湿剤を処方してもらう

敏感肌の方や、乾燥の酷い方は、皮膚科処方の保湿剤を選ぶこともできます。受診をすることで、悪化を防ぐことができ安心です。たとえば小児科などでも処方される保湿剤「ヒルドイド」はクリームタイプやローションタイプなどテクスチャーもさまざまで、部位によって使い分けることもできます。

クリニックで本気の保湿に取り組む

本気の保湿を狙うなら、美容皮膚科などのクリニックがおススメです。方法はいくつかありますが、代表的なものとしては「ヒアルロン酸注射」が挙げられるでしょう。ヒアルロン酸は保水力に優れた成分ですが、年齢を重ねるとともにどんどん減少してしまいます。これを注射で補ってあげることで、内側からしっかりと肌を保湿できるのです。ヒアルロン酸はもともと人間の肌が持っている成分なので、安心して摂取できるのもポイントになります。

いかがでしたでしょうか。保湿の方法はいろいろありましたが、自力ではなかなか解消できないような頑固な乾燥は、美容皮膚科などのプロにお任せするのも良い方法です。ぜひ一度、検討してみてください。

※効果の現れ方には個人差があり、すべての方への効果保証はできません。必ず専門家のカウンセリングを受け、内容についてよく理解した上で施術を受けるようにしてください。

kanako

kanako

美容系ライター。元美容外科勤務。

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • 美肌のキホン! 本気の保湿ならクリニックにお任せ
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta