ダイオードレーザーの脱毛効果とは。産毛、色黒肌も脱毛OKのわけは? ライトシェアデュエット、メディオスター等主流機に搭載。その痛み、回数など
2017.09.21 更新

出典 https://www.shutterstock.com/

脱毛サロンや家庭用脱毛機で行う脱毛と違って、より高い脱毛効果が期待できる医療レーザー脱毛。この中でも脱毛用レーザーのスタンダードとして使用されているのが、ダイオードレーザーです。脱毛に使われるレーザーはダイオードレーザーの他にもアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーなどがあります。ここではダイオードレーザーがどんなものか、詳しく説明していきます。

目次

1.ダイオードレーザーってどんなレーザー?

「ダイオードレーザーってあまり聞かないけれど、どんなレーザー?」そんな疑問をお持ちの方のために、まずは、ダイオードレーザーがどんなレーザーなのか、他の脱毛レーザーとの違いなどを挙げながら説明していきます。

1-1.ダイオードレーザーとは

ルミナス社ソプラノアイス

出典 http://www.almalasers.com/

ダイオードレーザー(Diode Laser)とはその名の通りダイオード(半導体)をレーザーの母材として使用するレーザー治療器のこと。アレキサンドライトレーザーが宝石のアレキサンドライトを、ルビーレーザーがルビーを母材にしているのと同じようにダイオードレーザーは半導体を使用しています。

天然の宝石ではなく、人工の半導体を母材としているため、光の波長の幅が広く、高い精度で変更、調整することができるためこれまでレーザーでの脱毛が難しかった産毛やヒゲ、肌の深い部分にある体毛などに対しても脱毛効果が期待できます。

代表的な機種にはイスラエルのアルマレーザー社のソプラノシリーズやルミナス社のライトシェアデュエット、ドイツのアスクレピオン社のメディオスターシリーズなど。いずれもアメリカのFDA(食品医薬品局)が認可した安全性の高い治療機器になっています。

1-2.ダイオードレーザーの効果とメリット

ダイオードレーザーの効果とメリット

出典 http://www.photo-ac.com/

ダイオードレーザーはムダ毛の黒い色であるメラニンに吸収されるレーザーで、瞬間的に毛根にエネルギーを与え、周辺の組織に影響を与えることなく、選択的に毛乳頭を破壊します。施術の頻度は4~6週間に1回のペースで1カ所につき5~6回程度施術を受けると脱毛効果が実感できるように。その他、ダイオードレーザーのメリットには以下のような点があげられます。

■肌への負担が少ない

毛根だけにアプローチすることができるので、肌にダメージを与えることが比較的少ないです。また、脱毛後は毛穴が引き締まり、肌のキメが整って見えるように。

■施術時間が短い

ダイオードレーザーは1回に照射できる範囲が広いため、施術時間が短くて済みます。

■細い毛から太い毛、色黒の肌まで対応できる汎用性の高さ

ダイオードレーザーは幅広い波長に対応しているため、ひとつの治療機器で色が薄く細い産毛や男性の太いヒゲまで処理することができるのがメリット。さらに色黒の方や日焼けした肌など、肌色の濃い方でも使用できるという汎用性の高さも従来のレーザーと異なる点と言えるでしょう。

■従来のレーザーよりも痛みが少ない

機種によって異なりますがダイオードレーザーのマシンは皮膚を吸引しながら照射できる装置や肌に当てるヘッド部分に冷却装置がついています。これにより従来のレーザーよりも痛みが感じにくいのが特徴。お子さんでも耐えられるという声もあります。

■蓄熱式と単発式の違い

ダイオードレーザーの脱毛について調べていて、「蓄熱式脱毛」という言葉を目にした方も多いのでは? 同じダイオードレーザーでも脱毛には「単発式」と「蓄熱式」の2種類があります。

単発式はその名の通り1発ずつ強いエネルギーを与えていくもの。蓄熱式は広い照射範囲に弱いエネルギーを何度も当てていきます。蓄熱式の方が実感する痛みは少なく、1回の施術にかかる時間も大幅に短縮されます。

この蓄熱式脱毛を採用しているのが、メディオスターシリーズ。毛根ではなく「バルジ」と呼ばれる毛根に栄養を送る発毛因子を破壊することで脱毛効果が得られるマシンです。こちらは毛根を焼き切らないので、さらに痛みが少なくなります。メディオスターシリーズは特に強い痛みを感じやすい男性のヒゲ脱毛によく用いられています。

1-3.ダイオードレーザーのデメリット

極端に日焼けした肌の方や白髪になっている体毛には脱毛効果がないという点を除けば、ダイオードレーザー特有のデメリットはあまりありません。

ただし、蓄熱式ダイオードレーザーを使用したマシンはムダ毛が抜けるまでに時間がかかります。これは脱毛にかかる期間が長くなるという意味ではありません。

単発式のダイオードレーザーの場合、施術後数日してムダ毛がぽろっと抜ける(ポップアップと呼ばれています)のに対し、蓄熱式ダイオードレーザーは施術から1~3週間程度経ってからムダ毛が抜けます。これはダイレクトに毛根にアプローチするか、毛根に栄養を与える発毛因子であるバルジにアプローチするかの違いによるものです。

1-4.アレキサンドライトレーザーとの違い

アレキサンドライトレーザーは脱毛効果が高いものの、ダイオードレーザーと比べると痛みが強くなってしまいます。また、1回に照射できる範囲も狭いため、ダイオードレーザーよりも施術時間が長めです。

1-5.ヤグレーザーとの違い

ヤグレーザーは3つのレーザーの中でもっとも波長が長いレーザーです。ダイオードレーザーが810nm、アレキサンドライトレーザーが755nm、ヤグレーザーは1064nm。これは肌の深いところまでレーザーが到達するということになります。ヤグレーザーは他のレーザーでは脱毛しきれなかった太いムダ毛や肌の深い部分に毛根があるムダ毛などに適しています。ただし、その分、痛みも強くなります。

2.ダイオードレーザーの施術

ダイオードレーザーの施術

出典 http://free-photos.gatag.net/

痛みが少なく、施術時間が短いなどメリットが多いダイオードレーザーでの脱毛。ここからは実際の施術についてみていきましょう。

2-1.ダイオードレーザーの施術プロセス

クリニックによっても異なりますが一般的な施術の流れは次の通りです。

・カウンセリング
レーザー脱毛について説明があります。毛周期に合わせて数回、施術を受ける必要があることや、ムダ毛の量や太さ、箇所などを確認した上、どのくらいの間隔で施術を受けるか、アフターケアなどについても説明されます。分からないことがあれば確認しましょう。なお、肌が弱いなどでテスト照射を受けてから本格的な脱毛を始めたいという方は、カウンセリングの予約を入れるときにテスト照射が可能かどうか確認するとよいでしょう。

・施術
レーザーの光から目を守るためのゴーグルを使用します。ほくろがある部分に照射すると薄くなることがあるため、消したくないほくろがある場合、テープなどで保護します。通常、麻酔は使用しません。マシンによっては冷却ジェルを使用します。クリニックによっては照射もれがないよう、マーキングをしてから施術をするところもあります。施術時間は両脇で10分程度が目安です。

・アフターケア
ジェルを使用した場合はジェルをふき取ります。クールダウンのケアや消炎剤を塗布するケースもあります。

施術後、毛穴が赤く目立つようになることがありますが、数日でおさまります。施術当日はお風呂につかるのは避け、シャワーで済ませましょう。脱毛中は肌が乾燥するので、翌日以降から保湿ケアを始め、紫外線に当たらないようにすることも大切です。

2-2.ダイオードレーザーの価格

ダイオードレーザーによる脱毛の価格はクリニックによってかなり差があります。クリニックによっては両脇が1回500円とワンコインで受けられるところも。学生の皆さんはこうしたクリニックで施術を受けてみてはいかがでしょうか。

  • ・両脇 1回当たり 500~5,000円 5回 9,000~30,000円
  • ・ひざ下 1回当たり 5,000~20,000円  5回 27,500~80,000円

全身脱毛にすると割安になることがほとんどですが、まずは小さいパーツから施術を受けて肌に合うかどうか確認してみるのがおすすめです。

最近ではクリニックでも料金が分かりやすい「1回当たりの金額」で設定しているところもあります。例えば「全身脱毛が1回34,800円」「全身+VIOが1回44,800円」といった明確な料金を設定し、施術を受ける都度現金払いするというクリニックなら、最初に大金を貯める必要もローンを組む必要もなし。ムダ毛の濃さや毛の量は人によって異なるので、回数設定されたコースでは施術回数に過不足が出てくることも考えられます。

こうした1回ずつの金額設定のあるクリニックなら、自分が満足いくまで最小限の金額で脱毛ができることになります。「どんどん契約させられそうで心配」という方はこうしたクリニックを探してみては?

2-3.ダイオードレーザーで永久脱毛できる?

ダイオードレーザーで永久脱毛できる?

出典 http://free-photos.gatag.net/

「レーザーで永久脱毛をしたのに、数年経ってからまたムダ毛が生えてきてしまった……」そんな声を耳にすることがあります。では、ダイオードレーザーで永久脱毛することはできるのでしょうか。

■永久脱毛の定義

ここで「永久脱毛」の定義について説明しましょう。永久脱毛はムダ毛が永遠に生えてこなくなることではありません。日本よりも脱毛に関する技術が進んでいるアメリカにおいて米国電気脱毛協会(American Electrology Association)では「最後の施術から1カ月後に再生するムダ毛が全体の20%以下」であれば、「永久脱毛」と定義しています。

永久脱毛はムダ毛を完全になくすのが目的ではなく、長い期間、減毛(ムダ毛が気にならない程度)できることを目的としているのです。

本来の意味でムダ毛が完全に生えてこなくなる方法として電気針(ニードル)脱毛がありますが

  • ・現在では施術を行っているところがほとんどない
  • ・ムダ毛1本ずつにアプローチするので時間がかかり高額
  • ・耐えられないほど強い痛みがある

などのデメリットがあります。ダイオードレーザーでの脱毛は高い減毛効果が期待できますが、完全かつ永久にムダ毛がなくなるわけではないということも覚えておきましょう。

2-4.ダイオードレーザーの口コミ

ダイオードレーザーの脱毛マシンで脱毛を受けた方の口コミを紹介しましょう。痛みが少ないと言われているダイオードレーザーですが、やはりパーツによっては痛みを感じることも多い様子。マシンによって痛みや抜け具合が違うという声もあります。

■まったく痛くない!という声

■脱毛箇所によって効果が実感できるまでの施術回数が異なる場合も

「私はライトシェア(デュエットではない)でやっており、ひざ、ひざ下、ひじしたは3〜4回目から産毛が減りはじめました。5回目でも産毛は十数本ほど生えてきました。顔の産毛は4回目でほとんどはえなくなりました」

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

■同じダイオードレーザーでも機種によって痛みが違うことも?

■ヒゲ脱毛の痛み

男性の皆さんにとって深刻な悩みになる濃いヒゲ。蓄熱式ダイオードレーザーを採用したメディオスターシリーズは痛みが少ないとされていますが、実際はやはり痛みがあるようですね。ただし、回数を重ねていくうちに痛みは軽減していくという声も。

3.まとめ

脱毛の定番ともいえるダイオードレーザーは昔に比べて料金がかなり安くなっています。ムダ毛の濃い方が自己処理を続けていたり、ヒゲの濃い方が毎朝剃り続けたりすると肌がダメージを受けてしまうことも。ムダ毛やヒゲが気になるという方はまず、カウンセリング、テスト照射を受けて肌に合うかどうか確認してから脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

形成外科 美容外科 皮膚科 美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市港南区港南中央通13-24
最寄駅:横浜市営地下鉄線港南中央駅徒歩1分。京浜急行線、横浜市営地下鉄線、上大岡駅徒歩8分
院長:稲葉岳也
診療時間:月・火・水・木・金・土 9:30~13:00、15:00~18:30
休診日:日・祝

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう