もう1カップあれば…。胸を大きくする方法教えます。医師の解説を要点だけまとめ
2017.05.27 更新

胸を大きくする方法といえば、マッサージや下着での矯正などさまざま方法がありますが、美容外科での豊胸手術もひとつの選択肢です。
最近では、気軽とまではいきませんが、施術を受ける方も多いです。
一般では胸に人工物をいれる方法をイメージする場合が多いですが、さまざまなやり方があります。

今回は胸を大きくするための豊胸手術の最新事情について、クリニックや医師による見解を、いろいろとまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

美容外科による代表的な豊胸手術(胸を大きくする方法)の種類

コンデンスリッチ豊胸術

コンデンスリッチ豊胸術の脂肪抽出
“<特徴>
コンデンスリッチ脂肪注入は、吸引した脂肪から、しこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮(コンデンス)した新鮮なリッチファット(CRF)だけを注入する施術法です。定着率が高くしこり(石灰化)が起こりにくいのが特徴です。”(湘南美容外科)

出典 http://www.s-b-c.net/lp/breast/condense.html

<メリット>
・体への定着率が高い
・しこりになりにくい
・体への負担が軽い

<デメリット>
・脂肪吸引も同時に行うため、跡が残る
・痩せ形の人には不向き(脂肪が少ないので)
・CRF協会の認可マークがないと、正式なコンデンスリッチ法ではないので、注意が必要
・まれに生着せずに吸収されてしまう場合もある

人口バッグ豊胸術

“とにかく大きさを第一に叶えたい!というのであれば、バッグを挿入する豊胸が一番です。2カップ以上のサイズアップが可能で、ラウンド型や涙の形をしたアナトミカル型など、自分の好みの形のバッグでバストメイクがOK。大胸筋の下に挿入するので、痩せている人でも自然な印象に仕上がります。

メリハリのあるグラマーなバストを希望するなら、バッグによる豊胸がおすすめです。
バッグの大きさは50~500ccまであるので、自分で好きな大きさを選ぶことが出来ます。”(ガーデンクリニック)

出典 http://www.bi-clinic.com/plan/bust.html http://www.biyou-houkyou.com/lp_b/silicon.html

<メリット>
・とにかく大きさ重視の方に向く
・いろんなデザインに対応できる
・人口バッグは種類が豊富で、クリニックごとにも特徴がある

<デメリット>
・切開する部位によっては、傷跡が目立つ
・バッグの破損、漏えいの可能性がある
・細菌感染の恐れがある
・術後のアフターケアが大変(マッサージなど)
・異物挿入のため、人によっては拒絶反応が起こる場合がある

コンポジット豊胸術(またはハイブリッド豊胸術)

コンポジット豊胸術図説“脂肪注入の自然さと、バッグプロテーゼの確実なバストアップの良いところを組み合わせでいるのが「コンポジット豊胸術」です。
土台となるバッグプロテーゼを脂肪でカバーすることで、バッグプロテーゼの【確実なボリュームアップ】と脂肪の【自然で柔らかな触り心地】を手に入れることができます。
また、バッグプロテーゼの輪郭を脂肪で覆うことで、ナチュラルなシルエットになる嬉しい効果もあります。”(聖心美容クリニック)

出典 http://www.biyougeka.com/contents/bust/bag_prothese_and_adipose/

<メリット>
・確実にボリュームアップできる
・触り心地が柔らかく自然
・(脂肪注入法とバッグ挿入の)両方の良い所を持ち合わせている
・比較的ナチュラルなシルエット

<デメリット>
・施術を行うクリニックが少ない
・人口バッグが破損する可能性がある
・施術の時間、術後のダウンタイムが長い

ヒアルロン酸注入法

“ヒアルロン酸をバストに注入するだけの手軽な豊胸術です。 時間も20分程度と短時間で済みますし、処置跡も極細針穴だけです。
手術をするタイプの豊胸術に比べ、メスを入れないので、ダウンタイムがほとんどないことがメリットです。
シワ取りで使用するヒアルロン酸に比べ、豊胸術用は持続性が高く、個人差はありますが、2年ほど効果があります。”(品川美容外科)

出典 http://www.clinique-j.jp/list_therapy/list_method/hyaluronan http://www.shinagawa.com/bust/venus/

<メリット>
・メスを入れずに施術できるので手軽に試す事ができる
・ダウンタイムが少ない
・傷口が小さいため目立たない

<デメリット>
・ヒアルロン酸が吸収されてしまう
・触り心地がやや硬く不自然
・1カップ程しか大きくできない
・繰り返しおこなうと、ボコつきが起こりやすい
・感染のリスクがある

PPP+PRPジェル豊胸

<特徴>“ご自身の血液を遠心分離機で分離させ取り出したPPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)と呼ばれる血小板に、特殊な熱処理を施しジェル状にしたものを注入する豊胸術です。
異物を入れるのに抵抗がある方や、切らずに手軽にバストアップしたい方に最適です。
もともと身体の一部である血液を使用しますので、アレルギー反応なども起こりにくく安心です。
ダウンタイムも無いので、急な予定にも対応できます。”(品川美容外科)

出典 http://www.shinagawa.com/bust/jel/

<メリット>
・メスで切開することがなく、カニューレを挿入しての施術。
・コラーゲン促進効果
・注入したジェルが定着しやすい
・ボリュームアップ率が高い

<デメリット>
・個人差があるが、すぐに吸収されてしまった例もある
・しこりができやすい
・細かいデザインに対応できない
・体重によっては適応不可
・バストのボリュームアップは1カップ程度
・比較的新しい施術法のため、体験談などのデータが少ない

美容外科医による豊胸手術に対するさまざまな見解

“シリコンバッグ自体の種類で、手術結果の差は現在の所ほとんどないと考えます。医師の好みで使用するバッグを選んでいることが多いです。値段設定が安すぎるクリニックではだいたい、その上に違う種類のバッグを用意しておいて、カウンセリングの際に高い方を勧められますのでご注意ください。また、何が一番良いとは言えませんが、新しいものが良いものとは限りません。使ってみるとトラブルが多く起こったなんて事もあります。少し古くても実績があるものの方が安心できます。”(渋谷高野美容医院、高野洋一院長)

出典 http://kirei-kyokasho.com/breast-silicone-implant-1754

“ヒアルロン酸注入による豊胸をおすすめしない理由(個人的見解)
・治療費が安いといっても、治療を続けていくと手術より割高になり、効果を維持するには お金がいつまでもかかる。
・手軽さがメリットの治療であるのに、触るとばれるリスクがある
・可能性が低くても、もししこりを感じるようになった場合、結果的に手軽に受けられる治療とは言えなくなるリスクがある。”(フォレストクリニック院長)

出典 http://biyou-zemi.com/breast-augmentation-operation-2432

“注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、2分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。”(高須クリニック)

出典 http://www.takasu.co.jp/operation/bust/mammary.html#ope-risk

“ヒアルロン酸注入による豊胸術は、手軽に受けられるため「どこで受けても仕上がりは同じ」と思われがちですが、受けるクリニックによって仕上がりが異なります。 なぜなら、バストラインには様々なバリエーションがあるため、患者様のご希望を確認しながらバストラインを緻密にデザインし、注入する量や注入箇所の調整をしていく必要があるからです。
そのため、「ワンランク上の仕上がり」を実現するためには、実は施術を行う医師の技術力と美的センスがとても重要になるのです。”(聖心美容クリニック)

出典 http://www.biyougeka.com/contents/bust/hyaluronic_acid/

大きい胸

さまざまな胸を大きくする方法、いかかでしたか?

豊胸術は簡単に思われている方法でもメリット、デメリットがあります。

真剣にバストの大きさについて悩んでいる方や、これから施術を受けようと思っている方にとっては、重要で大切なことばかりです。

いろんなリスクをしっかりわかったうえでカウンセリングを考えて欲しいと思います。もちろんクリニックによって、考え方も違いますし、個人の合う合わないもあります。あくまでも今回のまとめを参考にしていただき、クリニック選びや施術法選び際に、役に立てていただきたいと思います。

(注)なお、本コラムにて紹介した内容は、医師の見解であり、個人差や状態により異なるので、上記見解がすべてあてはまるわけではないことをご了承ください。実際の施術にあたってはカウンセリングで医師にご相談ください。

画像出典:http://weheartit.com/ http://weheartit.com/

vanila

バニラ

美容系コンサルティング業。美容業界でサロンオーナーなど歴任。

豊胸術が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル6F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩2分、京王線新宿駅4番出口徒歩1分、地下鉄都営新宿線、大江戸線新宿駅4番出口徒歩1分
院長:板井徹也
診療時間:10:00~20:00
休診日:
形成外科 美容外科 皮膚科
住所:大阪府大阪市北区芝田1-4-14 芝田町ビル6F
最寄駅:阪急梅田茶屋町出口1分、JR大阪駅御堂筋出口5分、各線地下鉄梅田駅5番出口5分。
院長:川路 智子
診療時間:10:00~19:00
休診日:
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル 5F
最寄駅:JR大阪駅徒歩3分、市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩2分、JR東西線北新地駅より徒歩3分、阪神梅田駅より徒歩2分
院長:加藤 周
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう