「増えていく気がする」しつこいニキビ跡・クレーターの治療法はこれで決まり!
2017.05.27 更新

この記事は、 いなばクリニック 稲葉岳也 先生 が監修しています。

出典 https://www.pakutaso.com/

ニキビが治ったにもかかわらず残ってしまうことがあるニキビ跡について、その種類と原因そして治療法について解説します。

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡は状態によって「へこみ・陥凹」と、「赤み・色素沈着」の2種類に分けられます。

(1)へこみ・陥凹

へこみ・陥凹(陥没)は、ニキビが治った後に残るクレーターのような瘢痕のことです。ニキビができてアクネ菌が増殖し炎症が広がっていくと、真皮や皮下組織までダメージを与えていきます。このダメージを食い止めるために免疫機能が働き、皮膚の細胞を自ら破壊してしまうことで起こります。

(2)赤み・色素沈着

ニキビが治っても、赤みや茶色い色素沈着が残りニキビ跡になることがあります。
まず、赤みが起こる原因は、炎症による毛細血管の破壊で血液中のヘモグロビンが残ってしまうためです。
そして茶色い色素沈着が起こる原因は、ニキビの炎症によりメラニンを作る細胞が刺激や炎症で活性化され、メラニンを大量に生成し、それが色素沈着として残ってしまうためです。

ニキビ跡の治療法

ニキビ跡は状態によって原因が異なるため治療法にも多少の違いがあります。

(1)へこみ・陥凹の治療

へこみ・陥凹の場合、真皮にまでダメージを受けているためホームケアだけで凹凸をなくすのは困難なため、クリニックではコラーゲンの生成を促進させる治療、肌のターンオーバーを促進させる治療などをおこないます。

コラーゲンの生成を促進する治療には、皮膚表面からのアプローチとしてフラクショナルレーザー、皮膚深部からのアプローチとして光治療などがあります。
肌のターンオーバーを促進する治療には、イオン導入やピーリングなどがあります。また、症状に応じて複数の治療法を併用する場合もあります。

(2)赤み・色素沈着

赤みのあるニキビ跡は時間とともにある程度改善していきますが、早めに治療したいという場合には、肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリング、血流を抑えることで赤みを改善するレーザートーニング、毛細血管を収縮させることで赤みを抑える光治療などの方法で治療します。

色素沈着の場合は、メラニンの生成を抑制する美白成分の内服薬や外用剤を用いる治療法や、肌のターンオーバーを促進するケミカルピーリングなどをおこないます。また、メラニンとヘモグロビンを選択的に治療できる最新のレーザーを使った治療もあります。

まとめ

症状や状態によって、治療のアプローチ法も変わってきますので、時間が経ってもなかなか赤みや色素沈着が消えない場合には、悩まずに受診してみましょう。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta