二子玉川スキンクリニック 沼尾真美先生【美人女医インタビュー第七回】
2017.05.27 更新

この記事は、 二子玉川スキンクリニック 沼尾真美 先生 が監修しています。

「本当に美人女医しか出ませんね」と言われるようになった、恒例の美人女医インタビュー第七回は最近都市としてかなり注目されている東京世田谷区の二子玉川駅近くの二子玉川スキンクリニック、沼尾真美院長です。もともと四国地方で、皮膚科医として病院に勤務され、上京を機に本格的に美容医療に進まれました。先生ご自身の夜のスキンケア法など美肌の秘密にも迫りました!

上京してきて、美容外科や美容皮膚科のクリニックの多さと、またそれを求める患者様の多さに驚いたのをおぼえています

Q:いつ頃から医師になろうと思いましたか? またきっかけはなんでしょうか

中学生の頃からです。当時、「将来は小学校の先生かお医者さんになりたい」と、思っていたのですが、祖父を病気で亡くしたことをきっかけに医師を目指すようになりました。

Q:大学を出られてからの経歴を詳しく教えてください

地元である香川県内の日赤などの総合病院の皮膚科、形成外科に8年間勤務医として勤務していました。その後、都内の美容皮膚科に勤めた後、現在に至ります。

Q:もともとは皮膚科の先生をされていましたが、美容領域に行こうと思ったきっかけはなんでしょうか

香川県から東京に来たということが大きいと思います。
もともと皮膚科で診療していた時から、美容領域の勉強はしていましたが、田舎ではそこまで美容領域のニーズがありませんでした。どちらかというと保険治療で治せる範囲での治療を希望される方が多かったように思います。
上京してきて、美容外科や美容皮膚科のクリニックの多さと、またそれを求める患者様の多さに驚いたのをおぼえています。

カウンセリングをする沼尾真美先生

Q:保険診療がほとんどである皮膚科と自由診療がメインである美容皮膚科とでは、診療する側としては気持ちの面で違いはあるでしょうか

保険診療の場合は「たくさんいらっしゃる患者様を早く見ないといけない」と、時間に追われながら診療している事が多かったように思います。それでも1時間、2時間とお待たせしてしまう事も多くて申し訳ないと思いながら、できるだけ早く、かつ正しい診断、治療ができるように心がけていました。美容皮膚科では完全予約制なので、時間にゆとりもあり、一人ひとりの患者様と時間をかけてお話ができるので、その点に関しては大きく違うなと思います。

Q:ブログの更新頻度が高いですが、ネタの選び方、書くことなどで心がけていることなどありますか

主に美容に関することを書いています。美容に関するブログはたくさんの人が書いていますが、医師という立場ならではの話や正しい知識を伝えられるように心がけています。

ミーティングする沼尾真美先生

医師というのは患者様から感謝される職業だと思っています

Q:医師、美容皮膚科医として向上するために心がけていることはありますか

医師というのは患者様から感謝される職業だと思っています。今は生命にかかわる仕事をしていませんが、「ありがとう」と、これからもずっと言っていただける仕事の仕方をしたいと思っています。
美容皮膚科医としては、美しいものを美しいと思える感性やセンスを常に磨いておかないといけないと思っています。美しい人、物、景色……その他いろいろな美しいと思えるものをたくさん見るようにしています。

PRP、ヒアルロン酸、ボトックスなどの注入治療を最も得意としています

Q:二子玉川スキンクリニックで、力を入れている施術、得意な施術を教えてください。また先生の得意な施術はなんでしょうか

二子玉川スキンクリニックでは切らない治療を中心におこなっています。その中でも特にPRPを使った再生治療に力を入れています。私自身は、PRP、ヒアルロン酸、ボトックスなどの注入治療を最も得意としています。

注入治療をする沼尾先生

Q:二子玉川という土地は都心からは少し離れているのですが、近年注目されています。やはり地元の方が継続して通えるようなクリニックを目指されているのでしょうか

美肌治療や脱毛など頻回に通院が必要な治療に関しては、やはり通院が苦にならない方がいいと思うので、ぜひ地元の方に利用していただきたいと思っています。また、二子玉川は近年いろいろな商業施設ができたり、新しく開発が進んでいる地域ですので、遠方の方でも、買い物がてらクリニックによっていただいたりするのもよいのではないかと思います。

Q:20代のうちはなかなか意識しないと思いますが、予防していくなら、女性はいつからアンチエイジングを意識し、始めればよいでしょうか

30代から始めておいて損はないと思います。肌だけではなく身体の様々な部分の老化が少しずつ始まりますので、気付いた時にはもう遅い!とならないように、早めに意識しておくとよいと思います。

Q:二子玉川スキンクリニックはメインは美容皮膚科ですが、二重埋没法などのプチ整形で来られる方も多いですか

二重埋没法や切らない眼瞼下垂治療も得意としているので、目元の治療で来られる方も多いです。また、切る治療が適応の場合は同じグループの川崎院へ紹介もしています。

私も細かいO型なので(笑)患者様の細かい要望にもお応えできることが多いと思います

Q:ヒアルロン酸やボトックスなど他のクリニックでも実施している施術で、他のクリニックとの違いが出せる要素はなんでしょうか

私も細かいO型なので(笑)患者様の細かい要望にもお応えできることが多いと思います。
また、自分ではどこに注入していいか分からないという方に、こういうところに注入した方がいい、またはしない方がいい、といったアドバイスを適切におこなっています。

Q:日本で、美容整形や美容皮膚科の治療がもっと受け入れられ、浸透していくにはなにが必要でしょうか

美容整形=悪い、親からもらった身体を変えるなんて……というイメージがやはりあると思います。また、高額、ぼったくられる、だまされたといった話もニュースで時々見かけます。
そこにはやはり美容医療領域の不透明さが根底にあると思うので、安心、安全な治療、分かりやすい料金、治療前の説明などを正しくおこなっていくことが大切だと思います。私自身のブログも、美容医療の正しい知識が浸透していく助けになればと思いながら書いています。

レーザー治療を行う沼尾先生

Q:アンチエイジング治療で、糸でのリフトアップとサーマクールなどの医療機器はどのように使い分けされていますか? こういう方には糸、こういう方にはサーマクールというような診察の基準を教えてください

患者様の年齢、たるみ具合、肌質を診ています。どこをどういう風に良くしたいかによっても変わります。また、周囲にはばれたくないという方も多いので、ダウンタイムがOKかどうかも治療を決める判断材料になります。

女性が美しくみえる条件は、髪、スタイル、そして肌だと思っています

Q:女性にとって肌がきれいなことはどれくらい価値がありますか

女性が美しくみえる条件は、髪、スタイル、そして肌だと思っています。いくら顔のパーツが整っていても肌がぼろぼろでは美しくみえません。
さわりたくなるような美しい肌は、その人の健やかな生活までも想像させてくれます。

Q:美容皮膚科の女医先生は、例えるならデパートのアパレル売り場のスタッフが細くて服が似合うように、買いに来る人のモデル(目標)になるような面はあると思います。そのことで意識していることはありますか

これはどの先生も同じかもしれませんが、「先生みたいな肌になりたい」と言われるような美肌を目指して、頑張っています。
また、注入治療などはセンスが問われる治療だと思います。明らかにダサそうな人に治療ってしてもらいたくないと思うので、この人センスよさそうだなと思われるように、肌だけではなく髪型や服装、メイクにも清潔感を忘れないようにして姿勢にも気をつけています。

Q:先生自身の美の維持法を教えてください。夜、スキンケアで欠かさずすることなどはありますか

ストレスをためないようにすることですかね。今は育児中なので、夜寝れないとかお酒飲めないとか(笑)多少のストレスもありますが……。

夜のスキンケアについては、この仕事につくまでは化粧水、乳液、美容液、クリームにオイルにパック……などいろいろなお手入れをしていましたが、今はシンプルにほとんど化粧水のみです。その代わり、洗顔やクレンジングは丁寧におこなうようになりました。汚れをお肌に負担をかけずに落とすこと、大切です。

今は今で人生を楽しめるようにアンチエイジングのお手伝いができたらと思います

Q:将来的に二子玉川スキンクリニックはどのようなクリニックを目指していきますか

年をとるのが怖くない、前向きに年齢を重ねていくお手伝いができればと思っています。私も含めて人間誰しも老いていきます。若い頃がよかったなと思うことはあると思いますが、今は今で人生を楽しめるようにアンチエイジングのお手伝いができたらと思います。

Q:女性の美と恋愛が不可分とはよく言われます。先生自身の恋の話を教えてください

「恋する女はきれいさ~♪」なんていう歌があるくらいですから、ほんと恋してる時って美しくなれますよね。昔は恋愛も楽しみましたが、今は仕事、育児、家事と……恋する暇もないくらい忙しいです(笑)。

沼尾真美先生

沼尾 真美(ぬまお まみ)先生

医師。香川県出身。香川大学医学部卒。高松赤十字病院、三豊総合病院皮膚科・形成外科勤務などを経て、東京・世田谷区の二子玉川スキンクリニック院長。1児の母。
二子玉川スキンクリニック公式サイト
ブログ「二子玉川スキンクリニック院長 mami先生のブログ」

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

美容外科 美容皮膚科
住所:東京都世田谷区玉川3-10-10 フェリトイアB1F
最寄駅:東急大井町線・田園都市線二子玉川駅(西口徒歩4分)
院長:沼尾真美
診療時間:10:00~19:00
休診日:

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル3F
最寄駅:JR有楽町駅京橋口徒歩2分
院長:菅原 章隆
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅徒歩3分
院長:伊藤 康平
診療時間:10:00~19:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta