FGF注入療法 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

FGFとは線維芽細胞成長因子(fibroblast growth factor)の略で、人間の体内で作られるたんぱく質の一種です。

FGF注入療法は、細い針を使ってこのFGFを肌の気になる部分に注入することで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成促進をはじめとする多彩な機能を持つ線維芽細胞を増殖させ、肌が本来もっている再生力で傷んだ皮膚組織を再生し、しわ、ほうれい線、クレーター化しているにきび跡などの改善に効果が期待できる施術です。

こんな方におすすめ

ほうれい線や目元のしわが気になる方、若々しい肌にしたい方

FGF注入療法のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、ヒアルロン酸注射と比較し、効果の持続性が高いので費用対効果が良いこと、施術時間が短いこと、美容クリニックでも手術が必要であった深いシワや目の下のクマにも手術なしで治療が可能なことです。
また、翌日からしかメイクができない治療法が多い中、当日からのメイクが可能であることもメリットです。

デメリットは、効果が現れるまでに2週間〜1カ月程度かかること、個人差があるもののダウンタイムが長い人もいること、患部がくぼむ・患部が盛り上がるなどの症状が現れる場合があることです。

FGF注入療法の失敗例

FGF注入療法後に患部が盛り上がり不自然になったなどの失敗もあるようです。医師の技術や美的センスに大きく左右される施術のためクリニック選びを慎重にしましょう。

FGF注入療法の修正に関して

個人差はありますが、患部周辺に盛り上がりやくぼみができた場合は、過剰なアレルギー反応が考えられるため、担当した医師に相談の上、早めに対応をしてもらうようにしましょう。

FGF注入療法の名医とは

ヒアルロン酸注射などと異なり、即効性がないとされ、効果がわかるまでに数カ月必要となるため、アフターケアが充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。

また、医師の注入技術が優れていないと、希望した部位に注入できていないということもあるので、該当治療の実績の多い医師を選びましょう。

関連する施術(機器)

マイヤーズカクテルヒアルロン酸注射(しわ、ほうれい線)PRP血小板療法

メーカー ※医療機器の場合のみ

FGF注入療法の口コミ(体験談・評判)

FGF注入療法のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

部位によるがほうれい線、額など1部位ごとに6〜10万円が相場

ダウンタイム

個人差が大きいがだいたい2〜3時間

痛み・腫れ

施術後に患部が腫れたり盛り上がったりするが時間とともにおさまる

施術の流れ

カウンセリング、診察→FGF注入→当日帰宅

FAQ

経過

通院の必要はないが、継続して治療する場合は6カ月後

モニター

条件付きでモニター募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

術後すぐメイク可能、帰宅後洗顔も可能

施術時間の目安

10分〜15分

麻酔の種類

FGF注入療法 と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta