Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

フェザーリフト に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ フェザーリフト ]

概要・効果

フェザーリフトは、ポリプロピレン製の安全性の高い外科手術用の特殊な糸を皮下組織に通すことで、顔や首のたるみを解消する施術法です。施術に用いられる糸は毛羽立ちがあるのが特徴で、これにより皮下組織をキープしながら糸のラインにそって糸が収縮し、釣り上げられるのでたるみ解消に期待できます。

フェザーリフトは、糸を使ったたるみ治療法の総称ですが、フェイスリフト、スレッドリフトと呼ばれることもあります。また、糸を使ったリフトアップはクリニック独自の名称で呼ばれていることも多く「○○リフト」という施術法の場合の多くはフェザーリフトと同じくメスで切開せず、糸を使ったたるみ治療のことになりますが、詳しい施術法はクリニックに問い合わせするのがおすすめです。

こんな方におすすめ

顔のたるみが気になる方、切らずにリフトアップしたい方

フェザーリフトのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、糸と針を使うだけで、切らずにたるみの改善がおこなえるので、たるみの引き締めを顔にメスを入れることなく治療できることです。

デメリットは、ドクターの美的センスに頼る部分が大きいこと、切開を伴う施術法よりも効果の持続期間が短めであること(最長5年程度)です。

フェザーリフトの失敗例

施術後に内出血が2、3日続くことがあります。ほとんどが時間とともにひいてきますが、腫れがおさまらないという場合は、痛み止めや化膿どめを処方してもらえるので失敗だと諦めずに医師に早めに相談するようにしましょう。

フェザーリフトの修正に関して

施術後に肌のつっぱり感があるなど違和感がある場合は、医師に相談の上、カットできる部分はカットして対応する場合があります。ただし、糸を入れたらコラーゲンの再生がはじまるので、うまく除去できないこともあるということを医師からよく聞いておく必要があります。

フェザーリフトの名医とは

フェザーリフトは、皮膚に入れ込む糸によってたるみを移動させ、固定することでリフトアップする施術法なので、医師の美的センスに頼る部分が大きい施術ですので医師の技術を確認しましょう。写真などで患者さんの仕上がり(症例写真)を確認できるクリニックがおすすめです。

関連する施術(機器)

フェイスリフトウルトラVリフト 金の糸(ゴールデンリフト)

メーカー ※医療機器の場合のみ

フェザーリフトの口コミ(体験談・評判)

フェザーリフトのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

範囲や糸の本数によるが20〜50万円程度

ダウンタイム

1~2 週間程度

痛み・腫れ

直後~2日程度内出血、少しの腫れあり

施術の流れ

カウンセリング→メイクオフ→麻酔→施術→麻酔が切れるまで待機→当日帰宅

FAQ

経過

通院の必要なし。術後2日程度腫れることがあるが時間の経過とともにおさまる

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

翌日から可能

施術時間の目安

約20分

麻酔の種類

表面麻酔など

フェザーリフトに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談