アクアミド に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

アクアミドは、ほうれい線などのしわやたるみの改善や、鼻やあごのラインを整えたいという方におすすめの注射剤です。

アクアミドは、水とポリアクリルアミドでできている注入剤で、ポリアクリルアミドはソフトコンタクトレンズの原材料としても使われており、一般的にもなじみのある物質です。

同じ注入療法の中でもヒアルロン酸などと比較すると、効果の持続性が長いわりに、プチ整形のように手軽に施術が受けられるという特徴があります。

こんな方におすすめ

しわやたるみが気になる方、あごや鼻のラインを整えたい方

アクアミドのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、簡単に治療ができる注入系の施術であること、ヒアルロン酸やレディエッセのように将来的に体内に吸収されて効果がなくなってしまう施術とは違い、中長期にわたり効果が持続すると言われていることです。

デメリットは、非吸収性の物質を使用するためアレルギーをお持ちの方は肌に合わない場合があること、修正が難しいこと、施術後2、3日は激しい運動やサウナなどを控える必要があることなどです。

アクアミドの失敗例

アクアミドを注入した部位に凹凸ができてしまったり、アレルギーで顔が全体的に赤く腫れてしまったというようなトラブルが起こる方も稀におられますので、丁寧にアレルギーチェックをカウンセリングしてくれるクリニックや、注入療法の得意な医師を探すようにしましょう。

アクアミドの修正に関して

アクアミドは非吸収性物質を注入しているため、除去する場合は切開が必要となることがあるので修正が難しいと言われています。クリニックでメリット、デメリットの説明をうけ施術を検討するようにしましょう。

アクアミドの名医とは

注入療法の知識と経験が豊富で、症例写真や実績についてホームページなどに掲載されている医師であることと、施術のメリット、デメリットを正しく伝えてくれる医師であることが名医の条件と考えられます。

関連する施術(機器)

ボトックス注射(しわ、ほうれい線)ヒアルロン酸注射(しわ、ほうれい線) 顎形成術 レディエッセ

メーカー ※医療機器の場合のみ

アクアミドの口コミ(体験談・評判)

アクアミドのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

部位や範囲の広さにもよるが1回10万円が相場

ダウンタイム

1週間~10日程度

痛み・腫れ

ヒアルロン酸注入などと比較すると注入時の痛みは少し強いが、麻酔で軽減可能
注入後に赤みや内出血が数日間続くことがあるが徐々にひいてくる

施術の流れ

カウンセリング→診察→施術→当日帰宅

FAQ

経過

施術後から効果を実感でき、効果の持続が5年以上続く場合もあり、特に通院の必要はなし

モニター

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

洗顔、メイクは当日から可能

施術時間の目安

5~10分

麻酔の種類

局所麻酔

アクアミド と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル7F
最寄駅:JR新宿駅南口徒歩4分
院長:荒牧 奈央
診療時間:10:00~19:00
休診日: