Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

チークリフト に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ チークリフト ]

概要・効果

チークリフトは、口もとから頬にかけてのたるみを改善するリフトアップ術です。顔全体を引き上げるフェイスリフトに対して、部分的なリフトアップになるため、ミニリフトとも呼ばれています。

施術法は皮膚を剥離し切除し、縫い縮める方法と、皮膚を切開し、皮下組織にある表在性筋膜(SMAS)にアプローチし、それを引き上げるSMAS法と呼ばれる方法の大きく二つに分かれます。

しかし、たるみの原因の多くは、この筋膜の衰えにより起こるため、皮膚のみを引き上げるよりもSMASを引き上げる方法が有効であると考えられ、こちらの術式が主流となっています。

こんな方におすすめ

顔のたるみが気になる方

チークリフトのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、1回の通院で効果を実感できること、フェイスリフトには劣るものの長期間効果の持続を感じられること、フェイスリフトよりも傷口が小さく、髪で隠れる部分を切開するため、人に気づかれずに施術ができることです。

デメリットは、傷口が髪で隠れるとはいえ、傷跡は多少残ってしまうこと、ショートヘアやアップにするなど、フェイスラインが目立つ髪型がしづらくなる可能性があること、切開に伴う感染症などのリスクは否定できないこと、費用が比較的高めであること、施術自体は1回で済みますが経過観察のため数回の通院が必要となることです。

チークリフトの失敗例

チークリフトは、ミニリフトといわれるだけあって、比較的料金が手頃で、失敗やリスクが比較的少ないリフトアップ術です。効果の感じ方には個人差があります。
仕上がりに不満や心配がある場合は施術した医師やクリニックに相談してみると良いでしょう。

チークリフトの修正に関して

チークリフトは、部分的なリフトアップ術なので、別途料金が必要となることがありますが修正も可能ですので、施術したクリニックに相談してみると良いでしょう。

チークリフトの名医とは

たるみ治療の経験と知識が豊富であること、患者さんのQOL(生活の質)を高めるために週末に施術をおこなったり、髪で隠れる部分を考慮して切開するなど丁寧な施術を意識してくれる医師を探すのがおすすめです。

関連する施術(機器)

フェイスリフトフェザーリフト スプリングリフト

メーカー ※医療機器の場合のみ

チークリフトの口コミ(体験談・評判)

チークリフトのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

1回90万円前後が相場

ダウンタイム

4~5日程度

痛み・腫れ

施術部位や範囲によるが髪で隠せる部分が4~5日腫れることがある
施術翌日からはマスクなしで外出できる程度に腫れが引いてくる

施術の流れ

カウンセリング、診察→施術部位確認、麻酔→施術→麻酔が切れて落ち着くまで待機→当日帰宅

FAQ

経過

クリニックによるが施術後は経過観察のため1年間は数回通院することが薦められる

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

SMAS法の場合、洗顔は当日から可能、メイクは翌日からが好ましい

施術時間の目安

麻酔を含めて2~4時間程度

麻酔の種類

局所麻酔と静脈麻酔を併用することが多い

チークリフトに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談