Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

ブローリフト に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ ブローリフト ]

概要・効果

ブローリフトは眉上の皮膚を切開し、上まぶたをひきあげることで上まぶたのたるみを解消する施術です。スレッドリフトのように広範囲の手術的侵襲が少ないという特徴があります。

大掛かりな施術は避けたい方、加齢によるまぶたのたるみが気になる方だけでなく、眉毛が下垂したことで視野が狭く感じる、二重の幅が変わったので直したい、先天的に眉毛が下がっているから改善したい、上まぶたをスッキリとさせたいという方にもおすすめの施術です。

こんな方におすすめ

下がった眉毛が気になる方、上まぶたをスッキリとさせたい方

ブローリフトのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、加齢でたるんだ目の上の皮膚やもともと下がっている眉の上の皮膚を引き上げることで若々しい印象になること、眉上の皮膚だけを切開するので顔全体には影響しないこと、半永久的に効果が持続することです。

デメリットは、患部のメイクや洗顔は一定期間制限があること、個人差がありますが感染症のリスクは否定できないこと、内出血が起こると腫れが長引くこと、術後に抜糸や経過観察のために数回通院が必要となることです。

ブローリフトの失敗例

眉の引き上げがたりない、たるみが残るといったトラブルがでることがあります。また、術後の腫れについても個人差が大きく内出血が長引く人もいます。修正などの対処については施術したクリニックに相談するようにしましょう。

ブローリフトの修正に関して

ダウンタイムが長く、傷が落ち着くまでしばらくかかるため、修正するとしても期間をおくことになります。下がった眉を引き上げると顔の雰囲気も多少変わるため、施術前のカウンセリングをきちんとすることが大切です。

ブローリフトの名医とは

ブローリフトの実績が豊富であることはもちろんですが、眉を引き上げるため顔の印象を左右する施術でもありますから美的センスが自分と合うドクターを探すようにしましょう。

関連する施術(機器)

目の上のたるみとり(眉下切開法、眉下リフト)目の上のたるみとり(上眼瞼切開) 目の下のクマ・たるみとり(ハムラ法)

メーカー ※医療機器の場合のみ

ブローリフトの口コミ(体験談・評判)

ブローリフトのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

約35万円が相場

ダウンタイム

1~2週間

痛み・腫れ

個人差はあるが術後3日間はまぶたが大きく腫れることがある
術後の強い腫れや内出血は約1 週間あるが徐々におさまる

施術の流れ

カウンセリング、診察→デザイン→麻酔→施術→当日帰宅

FAQ

経過

施術後1週間ほどで抜糸のために通院
半年ほどかけて傷跡が目立たなくない完成する

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

5~7日後

術後の洗顔・メイク

患部をさければ翌日から可能
患部のメイクは抜糸の翌日から可能

施術時間の目安

30~60分

麻酔の種類

クリーム麻酔と局所麻酔を併用する

ブローリフトに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談