Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

ピアッシング に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

ピアッシングとは、専用器具を使って、耳や鼻、ボディなどにピアスホールをあけるための施術です。ピアッシングに使われるのはピアッシングガンが主流ですが、ニードルを使う病院もあります。ピアッシングガン、ニードルともに雑貨屋などで購入できますが、ピアッシングによりピアスホールをあけることは医療行為となります。
ピアッシング前には、冷やしたり麻酔を使ってピアスホールをあけたい箇所の感覚を麻痺させた後、ピアッシング用の器具で穴をあけるため、ほぼ痛みもなく施術も一瞬で終わるのが特徴です。
またボディピアスの場合は、局所麻酔を行ってからのピアッシングとなります。ピアッシング直後に装着するピアスをファーストピアス、ピアスホールが安定してから着けるピアスをセカンドピアスと呼びます。ファーストピアスには金属アレルギーなど、トラブルの心配が少ない医療用が使われますが、セカンドピアスからは自分の好きなものをつけることが出来ます。なお、ファーストピアスはピアスホールが安定するまではずすことが出来ません。もちろん、お風呂に入るときも寝るときもつけたままとなります。
またピアッシング出来る部位は、クリニックによって異なります。耳のみ対応というクリニックもあれば、性器まで対応しているクリニックもあります。事前によく確認してからピアッシングを行うクリニックを決定する必要があります。

こんな方におすすめ

安全かつキレイにピアスホールをあけたい方

ピアッシングのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、安全・清潔かつ、希望通りの位置・角度・大きさでピアスホールがあけられることです。また万が一化膿などのトラブルが起きても、きちんと医療期間にケアをしてもらえます。
デメリットは、予約などの手間がかかることと、たくさんのピアッシングを行いたい場合、費用が高額になることです。

ピアッシングの失敗例

ピアッシングの位置が間違っていた場合や、ピアスホールが斜めになってしまった場合です。

ピアッシングの修正に関して

ピアッシング後、できるだけ早くファーストピアスをはずすことで、ピアスホールを塞ぐことが出来ます。ピアスホールがふさがる前に再度ピアッシングすることも出来ますが、少し位置をずらす必要があります。

ピアッシングの名医とは

ピアッシングしたい部位や、耳の形に合わせて施術方法を変えてくれる医師が名医であると考えます。全ての部位を同じ機器・同じ施術法でピアッシングしていては、安全かつキレイなピアスホールが出来ないためです。

関連する施術(機器)

立ち耳修正・改善(切開法)刺青(タトゥー)除去・アートメイク除去概論アートメイク

メーカー ※医療機器の場合のみ

ピアッシングの口コミ(体験談・評判)

念願のピアスあけました!思ったよりも痛かったです(涙)

 高校を卒業したので念願のピアスをあけました。友達といろいろ調べてやっぱりちゃんと病院であけてもらおうということで、近くの病院で開けてもらいました。

そこの病院はファーストピアス込みで両耳で2000円でした。ファーストピアスはたくさん種類があって、どれにするか迷ったけど結局シンプルなやつにしました。

耳の穴を開けたいところにマジックでしるしをつけて、消毒してピストルのような機械で穴をあけました。先生はあんまり痛くないから怖がらないでと言ってたけど、実際はかなり痛かったです。友達も相当痛がってました。
でも2人とも仕上がりは満足で綺麗に左右対称に開けてもらいました。

穴をあけ終わってから毎日の消毒のことや、好きなピアスに変えて良い時期の説明がありました。今はまだファーストピアスだけど、これから自分の好きないろいろなピアスを付けるのが楽しみです。もうすでに5個新しいピアス買いました!!
(投稿日時:2015年 3月30日 ニックネーム:nonoka 性別:女性 年齢:18 出身:北海道 施術内容:ピアッシング 投稿者満足度:★★★★☆)

ピアッシングのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

ピアッシング費用はピアスホールをあける箇所によって異なり、別途ファーストピアス代がかかるクリニックもある
・耳たぶ…1ホール無料(※1)~3000円前後
・耳たぶ以外…1ホール無料(※1)~15000円前後
※1…クリニックによっては、クリニック指定のピアッサーと紹介状を持参することで、無料でピアスホールをあけてくれるところもあり

ダウンタイム

穴をあけた箇所がやや腫れ、多少痛みが出るがその程度。施術直後から日常生活には制限なし

痛み・腫れ

施術は一瞬で終わるため、施術中に痛みはなし。ボディピアスの場合は局所麻酔をかけるため、注射の一瞬の痛み程度

施術の流れ

カウンセリング→ピアスホールをあける位置を決めてマーキング→消毒→部位によっては局所麻酔→専用機器で穴をあける→すぐ帰宅可能
※クリニックによってはカウンセリング時に好きなピアスを選べる

FAQ

経過

ピアッシング後のトラブルを避けるため、ピアスホール完成(※)までは毎日消毒が必要。またピアスホールが完成するまで、セカンドピアスに切り替えることは出来ない
※耳たぶで1カ月半程度、ボディピアスは2~3カ月程度

モニター

あり
特典内容はクリニックによって異なる
・ピアス代無料
・施術料無料
・施術料1~5割引
など

抜糸時期(※オペ系のみ)

なし

術後の洗顔・メイク

洗顔・メイクは制限なし。ただし、施術当日はシャンプーは不可、カラーリングやパーマはピアスホールが安定するまで不可

施術時間の目安

カウンセリングも含め、数分程度

麻酔の種類

麻酔クリーム、局所麻酔。耳たぶの場合は冷やすだけのクリニックもあるが、何もせずにピアッシングを行うクリニックもあるため、痛みに弱い場合は、事前に医師に伝えておくことが重要

ピアッシングに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談