Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛) に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛) ]

概要・効果

これまでの医療脱毛というと、毛の生えてくる根幹である毛乳頭にレーザー照射し、破壊するというものでしたが、HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)は、主に毛の浅い部分にあるバルジ領域という場所に弱い熱を加える(ためる)ことで発毛を指令する毛包幹細胞を破壊するという新しいタイプの脱毛です。

バルジ領域は、毛の浅い部分にあるので、これまでの脱毛よりも弱い熱を当てることで効果を得られる可能性が高いです。レーザー種類は、日本人の毛質に合っているとされるダイオードレーザー。

このバルジ(蓄熱)式脱毛が可能な脱毛器はソプラノ、メディオスターNextなどがありますが、東京、新宿区のKM新宿クリニックでは「HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)」と名づけています。

こんな方におすすめ

痛みをあまり感じない脱毛が良い、敏感肌だから肌に負担がないものが良いという方。
産毛にも効果があるので、毛が細い方にもおすすめです。
肌質を選ばないため、実際に敏感肌、乾燥肌の人など肌が弱い人にもおすすめの脱毛方法です。HAYABUSA脱毛は肌の色が関係ないので色黒でも問題なく脱毛できるとされます。

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

HAYABUSA脱毛のメリットは痛みが少ないことです。皮膚の浅い部分にあるバルジ領域を低い熱(65度程度)で破壊するので、これまで脱毛の痛みの原因となっていた瞬間的な高熱が必要ありません。
高熱が発生しないとピリッとした痛みを感じにくくなります。

HAYABUSA脱毛は毛周期を無視して照射できるとされるため、毛周期を考慮し2カ月ほど間隔をあけなければならないということはないとされます。
これは脱毛期間を短縮することができて施術が早く終わるというメリットがあります。

しかし、2種類のレーザーを使用して(ダブルパルスシステム)、バルジ領域とこれまでの脱毛機と同じようにメラニン色素に反応させて毛根を破壊しながらアタックするというやり方なので、毛周期に合わせて脱毛をした方がより効果的であるという見解もあるようです。

デメリットは、まだ新しい手法なので、HAYABUSA脱毛ができるクリニックが少ない、症例が少ないというところです。白髪は脱毛できません。

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)の失敗例

まだ症例が少なく、5年10年先になるとわかりません。しかし、やけどのリスクがないとは言い切れません。

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)の修正に関して

毛量が減っていないというような場合保証期間を設けているクリニックであればやり直し可能です。

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)の名医とは

さまざまな脱毛器を試し、症例も多く持ち、脱毛、脱毛器のメカニズムに造詣が深い医師です。
施術、ケアは看護師任せではなく、しっかり患者さんの状況を把握していることも大切です。

関連する施術(機器)

ソプラノライトシェアGentleMax Pro

メーカー

ドイツのAsclepion社

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)の口コミ(体験談・評判)

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

クリニックによって違うが、主要部位の施術1回と5回の平均相場は以下の通り
(HAYABUSA脱毛を行っているクリニックの平均的な費用)

両ワキ脱毛 1回¥5,000 5回¥10,000
全身脱毛(顔、VIO除く) 1回¥184,000 5回¥300,000
VIOライン 1回¥60,000 5回¥75,000

高額に思いがちだか、短期間で施術が終えられるため結果的に安価になることが多い。

ダウンタイム

ハヤブサ脱毛をした後、すぐに日焼けするのはNG。日焼け止めを塗って紫外線対策をすること。当日の入浴は控えて軽くシャワーする程度にする。
脱毛したからと言って休まなければならないということはない。仕事にもすぐに行ける。

痛み・腫れ

クーリングシステムで冷やしながら照射するため、術中の熱さ、痛みは比較的少ない
術後の腫れもほとんどなし

施術の流れ

予約→カウンセリング→脱毛部位マーキング、ジェル塗布、治療を希望する部位にレーザーを照射→アフターケア

経過

施術後の肌の状態をチェックして、必要がある場合冷やしたり消炎剤を塗るなどの処置を行う

モニター

クリニックによってモニター割引あり、お試し価格あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

顔の脱毛直後でもメイクをしても基本的には問題ない。
洗顔も軽くするなら問題ないが、熱いお湯は刺激が強いのでぬるま湯か水で行うようにする

施術時間の目安

部位によるがハヤブサ脱毛の施術時間は比較的短い。
毛が抜けやすいワキやヒジ下だと約15分で1回の施術は済む。
これまでの1/3から1/4に時間短縮できるとされる。

麻酔の種類

VIOラインなど痛みが強い箇所の施術をする場合
「笑気麻酔」「麻酔クリーム」などの麻酔あり

HAYABUSA脱毛(ハヤブサ脱毛)に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談