Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

レーザーサクション法 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ レーザーサクション法 ]

概要・効果

レーザーサクション法は、ワキガ治療法のひとつで、マイクロレーザー法を応用し、吸引法と合体させた方法です。従来のマイクロレーザー法よりも効果が優れていると言われているにもかかわらず、傷跡は数mm~1cm以内と、ほとんど目立たずにすむ治療法です。

レーザーサクション法はわきの下の腕よりの部分を少し切開し、専用の吸引器具でワキガの原因であるアポクリン汗腺を吸引し除去していきます。そして、吸引では取りきれず残っている汗腺にレーザーを照射し、熱で破壊していきます。

こんな方におすすめ

できるだけメスを使わずにワキガ治療をしたい方

レーザーサクション法のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、傷跡がほとんど目立たないこと、腫れや内出血が少なくダウンタイムが短いこと、施術時間が短時間であること、わきの固定時間が比較的短いこと、マイクロレーザー法よりも効果が高いと言われます。

デメリットは、アポクリン腺の取り残しがあれば再発する場合があること、剪除法に比べて効果が劣ることがあること、効果の持続期間が半年~1年程度であること、2日程度はわきの固定がつくのでスケジュール調整が必要となること、ケロイド体質の方は傷跡が大きく広がる可能性があることです。

レーザーサクション法の失敗例

レーザーサクション法は、軽度のワキガ症向きの施術だとも言われているので、施術しても効果を感じられないと思う方もおられます。自分の症状の程度に合ったワキガの施術法を医師とよく相談するようにしましょう。

レーザーサクション法の修正に関して

施術の効果には個人差がありますので、半永久的に効果を感じる方もいれば、半年ほどで効果がなくなったと感じる人もいます。効果がなくなったと思ったら、医師と相談の上、一定期間後に再施術をするのがおすすめです。

レーザーサクション法の名医とは

レーザーサクション法の治療実績が豊富で、レーザー機器を事故なく取り扱うことができる医師が名医と考えられます。また、施術後の通院などアフターケアにも力を入れているクリニックがおすすめです。

関連する施術(機器)

直視下摘除法(剪除法、反転剪除法(切開法))ワキガ・多汗症ミラドライ 吸引法(超音波吸引法)(ワキガ・多汗症)

メーカー ※医療機器の場合のみ

デカ社(イタリア)、ストライカー社(アメリカ)

レーザーサクション法の口コミ(体験談・評判)

レーザーサクション法のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

20万~30万円前後が相場

ダウンタイム

2~3日

痛み・腫れ

施術中は麻酔が効いているので痛みはない
施術後は1cm程度腫れることがあるが徐々におさまる

施術の流れ

カウンセリング、診察→麻酔→デザイン→施術→わきの固定→当日帰宅→(1週間後)抜糸

FAQ

経過

わきの固定は24~48時間つける
シャワーは翌日から入浴は1週間後から可能

モニター

募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

1週間後

術後の洗顔・メイク

施術当日から可能

施術時間の目安

約20分~50分

麻酔の種類

局所麻酔

レーザーサクション法に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談