制汗(多汗症)・脇ボトックス に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

制汗、ワキ汗(多汗症)やワキガの臭いの症状に役立つ、ボトックスとは、ワキ下にボトックスという薬剤を注射することにより、大量の汗と独特な臭いを抑えることができる治療法です。汗は体温調節するなど、体にとって大切なものですが、必要以上の汗が大量にでると、日常生活に支障をきたすこともあります。

人は汗をつくってだす汗腺というものがあり、種類もエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つがあります。全身に分布しているエクリン汗腺からは、汗の99%が水分で臭いがなく、体温を調節してくれる役割があります。反対に、限られた部位だけに存在するアポクリン汗腺からは、タンパク質やアンモニアなどが含まれることから、菌が繁殖しやすく、独特なニオイが発生します。

ボトックス注射には、ボツリヌストキシンという成分が含まれています。ボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌がつくる天然タンパク質を有効成分としており、発汗を促している「アセチルコリン」という神経伝達物質の分泌を抑制してくれる働きがあります。そのことにより過剰な汗の分泌を抑え、ニオイも軽減されます。

またボトックス注射は、約5分と治療時間が短く手軽にできる施術で、さらに人によっては1度行えば効果は3~6カ月持続します。

こんな方におすすめ

制汗剤やワキ汗パットを使っても汗が抑えられないかた、服にやたらと汗ジミができるので気になるかた、短期間だけ臭いや汗を抑えたいかた、汗の臭いがきつく気になるかた、メスなどを使わずに多汗症の治療をしたいかた

制汗(多汗症)・脇ボトックスのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、メスなどを使わないので、手術跡などの傷跡が残らずに、短時間で治療を行え、1度行えば3~6カ月効果が続くところです。また、副作用がほとんどないところです。
施術後、2~3日後に効果が徐々にあらわれてくるので、汗の量も気にならなくなります。
さらに、すぐに帰宅でき、ダウンタイムも少ないので、仕事やプライベートにも影響がなく、普段通りの生活を送ることができます。

デメリットは、永続的に効果が続くものではないので、効果が感じられなくなったら、再度治療を受けることになることです。また保険適用されても、治療費が高いので負担がかかります。まれに副作用として、筋肉のまひや倦怠感を引き起こすこともあります。

制汗・脇汗(多汗症)ボトックスの失敗例

ボトックス手術後、あまり効果がなく汗が減らない、ワキガの臭いが変わらない、倦怠感や腕のしびれなどが残るなど、気になる症状などがありましたら、担当医とご相談ください。

制汗(多汗症)・脇ボトックスの修正に関して

効果には個人差があるので、担当医とご相談していただき、必要であれば再注入を行ってください。

制汗(多汗症)・脇ボトックスの名医とは

神経が通っているワキに何か所も注射をすることになりますので、豊富な経験と高い技術が必要です。制汗・脇汗(多汗症)ボトックスでの実績や症例数が多いドクターが名医だと言えます。

関連する施術(機器)

ミラドライ直視下摘除法ゼオミン

メーカー ※医療機器の場合のみ

制汗(多汗症)・脇ボトックスの口コミ(体験談・評判)

以前から大量の汗と独特の汗の臭いで悩んでいました。制汗スプレーやワキ汗パットを使っても、あまり意味がなく、ワキ汗パットやガーゼを数枚重ねたり、足りないと生理用品を代用したりしてました。服装も薄手の洋服や汗が目立つ色の衣服をさけ、汗をなるべく吸収してくれるものに変えるなど、いろいろと試みてみましたが、結局、大量の汗を抑えることができないので変わらず。もう最後の手段として、ボトックス注射にトライ!
人によって異なるようですが、私の場合は、注射は少し痛く感じましたが、担当医の感じが良かったので、安心して受けられました。しかも治療時間は短く、すぐに帰宅できるので助かります。効果は、自分が思っていた以上で、まだ1日目ですが以前よりは汗が少なくなってきているようで、とっても快適です! 今まで悩んでいたのがウソのようです。ワキの汗を気にすることなく好きな洋服が着れそうです。もっと早く、ボトックスにチャレンジしておけば良かったな。
(投稿日時:2016年8月2日 ニックネーム:ゆか 性別:女性 年齢:35
出身:東京 施術内容: ボトックス(ワキガ・多汗症) 投稿者満足度:★★★★☆)

制汗・脇汗(多汗症)ボトックスのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

約5~10万円くらい(重度の多汗症・原発性腋窩多汗症に対しては、保険適応あり)

ダウンタイム

施術後から約1~2週間で安定

痛み・腫れ

ボトックス注射の直後は、多少の痛みや皮膚の赤み、腫れたりする場合もあるが、時間の経過とともに引いていく。個人差はあるが、軽い腫れは約1~3時間程度で引く

施術の流れ

カウンセリング→麻酔クリーム(麻酔シール・局所麻酔)→ボトックス注射→当日帰宅

FAQ

経過

治療後は、すぐに帰宅でき、治療当日から入浴やシャワーも可能で通常の生活ができる(術後のケアは、特に必要なし)

モニター

クリニックにより募集あり(条件つき)、モニター割引:約20%オフ

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術時間の目安

約10~15分

麻酔の種類

麻酔クリーム、局部麻酔、麻酔シール

制汗(多汗症)・脇ボトックスに関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK