Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム) に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム) ]

概要・効果

シルダームとは、妊娠線(ストレッチマーク)や傷跡の赤みやくぼみを修復する塗り薬のことで、正式にはシルダームリペアクリームという名称です。イギリスのSirDerm社が開発した医薬品です。イギリスの臨床試験では、1カ月の使用で、赤みやくぼみを約72%改善、重症度のストレッチマークを34%改善できたという結果がでています。

用法はシンプルで1日2回、気になる部位に塗布するだけです。配合成分は植物由来のダルトシド、レジストリルです。
ダルトシドは、ツクシメナモミという植物由来の成分で、レジストリルはライマメ、ルチンなどの成分を配合したものです。

これらの成分がコラーゲン繊維を再生し、皮膚の発赤やくぼみ・色ムラなどを正常化していきます。医療用医薬品となるため、美容クリニックで処方してもらえますが、ホームケア中心となるので、用法、用量をきちんと守ることがストレッチマーク改善のコツです。

シルダームは、できてしまった妊娠線のケアや傷跡のケアはもちろん、妊娠線の予防として妊娠中にも使えるのがポイントです。

こんな方におすすめ

妊娠線、肉割れ(ストレッチマーク)を改善したい方、妊娠線を予防したい方

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、処方してもらえば、あとは通院の必要なくホームケアで手軽にケアできること、妊娠線予防の目的で使えること、古くなった妊娠線にも使えることです。

デメリットは、処方してもらうためにクリニックに定期的に行かねばならないこと、セルフケアがメインなので自己管理が必要となることです。

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)の失敗例

妊婦さんや子供でも使える安全性の高い塗り薬ですが効果の現れ方、感じ方には個人差があります。

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)の修正に関して

処方薬なので修正などは特にありませんが、使用していて効果を実感できないなど不満や不安がある場合は処方してもらったクリニックに相談してみましょう。

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)の名医とは

妊娠線やストレッチマーク治療の経験が豊富で、シルダームの処方以外にもいろいろな治療法を提示しながら、患者さんに一番合った治療法を親身にカウンセリングしてくれる医師が名医と考えられます。

関連する施術(機器)

ダーマペンダーマローラーフラクショナルレーザー(CO2フラクショナルレーザー、フラクセル3デュアル)

メーカー ※医療機器の場合のみ

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)の口コミ(体験談・評判)

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

50ml入りで4000円
200ml入りで12000円が目安

ダウンタイム

痛み・腫れ

施術の流れ

カウンセリング、診察→処方→帰宅→ホームケア

FAQ

経過

個人差はあるが1カ月程度で妊娠線や傷跡が徐々に修復してくる
2カ月以上は使用を継続するのが望ましい

モニター

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

_

施術時間の目安

診察の時間のみ

麻酔の種類

シルダーム(妊娠線クリーム・ストレッチマーククリーム)に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談