アカルボース(グルコバイ) に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

アカルボースは、商品名でグルコバイとも呼ばれており、糖尿病の治療薬として主に用いられている薬で、食後の血糖値の上昇を抑える働き(糖質吸収抑制作用)があります。

人間は炭水化物や糖類を摂取すると、ブドウ糖にまで分解されて吸収されますが、たくさん摂取すると、血液中にこのブドウ糖が急激に増え、血糖値が急上昇します。そうすると、膵臓から分泌するインスリンというホルモンが大量に分泌し、体に脂肪として蓄えられてしまいます。

アカルボースは炭水化物がブドウ糖に分解される過程で使われる酵素の働きを妨げ吸収を緩やかにします。そして脂肪の蓄積を防ぐことができます。アカルボースは、この働きにより、美容医療の分野では痩身(ダイエット)に有効と考えられています。

こんな方におすすめ

なるべく運動や食事制限なしでダイエットしたいという方

アカルボース(グルコバイ)のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、炭水化物や糖分の吸収を抑制するため脂肪が蓄積しにくいということ、食直前に1錠服用するだけで無理や食事制限や運動の必要がないことです。

デメリットは、処方してもらうために定期的な通院が必要となること、腎臓機能が低下している方や妊娠中の方は使用できないこと、放屁、下痢などの副作用に注意が必要となること、低血糖症状への対策としてブドウ糖の所持が必要となる場合があることなどです。

アカルボース(グルコバイ)の失敗例

服用すると、お腹の張りやガスの回数が増えることがあるため、トイレに行きづらい環境の方には向かない可能性があります。

また、アカルボースを内服しても吸収が緩やかになるだけで、食事した分は吸収されますので、食事の摂取量が増えてしまうとダイエット効果は得られなくなります。

アカルボース(グルコバイ)の修正に関して

アカルボース(グルコバイ)の名医とは

日本では、アカルボースは主に糖尿病治療薬として処方される薬であることから、美容分野に熟知しているだけではなく、内科、内分泌系の知識も豊富であること。また、薬の副作用や低血糖対策についても正しく説明してくれる医師であることも名医の条件と考えられます。

関連する施術(機器)

ゼニカルサノレックス テノール

メーカー ※医療機器の場合のみ

アカルボース(グルコバイ)の口コミ(体験談・評判)

アカルボース(グルコバイ)のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

クリニックで処方してもらうと1錠で150〜300円程度

ダウンタイム

なし

痛み・腫れ

なし

施術の流れ

診察→処方→帰宅。自宅にて毎食直前に1錠服用する

FAQ

経過

継続使用することで、お腹がすきにくくなり、結果としてダイエット効果を発揮すると考えられる。服用でお腹の調子が悪くなる場合は医師に相談。低血糖に注意が必要

モニター

多くはないが、クリニックにより募集あり。モニター条件あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術時間の目安

麻酔の種類

アカルボース(グルコバイ) と関連治療が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区西麻布3-16-23Azabu Body Design Center 1F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1a番出口徒歩10分
院長:大橋 昌敬
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科 美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル8F
最寄駅:JR池袋駅東口徒歩約3分
院長:弓削田 浩主
診療時間:10:00~20:00
休診日:
美容外科 美容皮膚科
住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX 7F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩5分
院長:片岡 二郎
診療時間:10:00~19:00
休診日: