医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

脂肪溶解レーザー(スマートリポ)とは

最終更新日:2020年4月16日

概要・基礎知識

脂肪溶解レーザーは、文字通り脂肪を溶かすレーザーです。1mmの極細のレーザーカニューレを痩せたい部分皮下約1cmのところに挿入し脂肪細胞にレーザーをあてます。脂肪を包んでいる膜(細胞膜)が破壊され、膜に包まれていた脂肪が数カ月程度の時間をかけてマクロファージ(排出された脂肪細胞などをきれいにする細胞)が分解し外に流れ出ます。 カニューレが挿入できる程度の切開(2mm程度)や脂肪を吸引しないことで身体への負担を減らし大幅にダウンタイムを軽減することができます。

効果を感じる部位は頬、顎など、比較的脂肪が薄くついた部位です。施術可能部位は顔から足首まで全身の多くの範囲で施術が可能ですが、皮下約1cmのところが安全面での限界のため、大量に脂肪を除去することには向いていません。 腹部や脚部などについた脂肪をたくさん除去したい場合は、脂肪吸引が適応になります。クリニックにより脂肪溶解レーザーのことをスマートリポ、リポレーザーなどの名称で呼んでいます。脂肪溶解レーザーと脂肪吸引を組み合わせやメソセラピー(脂肪溶解注射)を併用するクリニックもあります。

こんなお悩みに

部分痩せしたい方 ダウンタイムが長くとれない方 フェイスラインやボディラインを整えたい方 周りに気づかれずに痩せたい方

ダウンタイム/経過

個人差はありますが2~5日で痛み、腫れともに落ち着きます。内出血は約2週間で落ち着きます。

顔以外の施術では4~5日程度サポーターなどでの圧迫が必要です。 溶けてオイル状になった脂肪細胞は約3~4カ月かけて自然に体内に吸収、分解されていきます。同一部位を再度施術する場合は4カ月以上間隔をあけます。

費用

9~33万円 ※施術部位により範囲が異なるため金額に変動あり

リスク・副作用

腫れ、痛み、むくみ、レーザー照射部位が凸凹、効果が出るのに時間がかかる、減らせる脂肪量に限界があるため複数回の施術の可能性、

脂肪吸引・痩身の治療

脂肪吸引・痩身の治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区西麻布3-16-23Azabu Body Design Center 1F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1a番出口徒歩10分
院長:大橋 昌敬
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル8F
最寄駅:JR池袋駅東口徒歩約3分
院長:加藤 英樹
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX 7F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩5分
院長:片岡 二郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:

脂肪溶解レーザー(スマートリポ)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP