ヒアルロン酸のコラム一覧

  • 水の森式ヒアルロン酸リフトを竹江総院長が詳細解説

    従来のヒアルロン酸注入とは異なり、“埋める”ではなく、“引き上げ”(リフトアップ)の概念で施術を行うヒアルロン酸リフト。現在テレビや雑誌でも取り上げられ、注目されています。水の森美容外科総院長の竹江先生にヒアルロン酸リフトについて、他のエイジング治療との比較もまじえながら、わかりやすく解説していただきました。 今までのヒアルロン酸治療とは何が違うの?糸のリフトの方が効果的なのでは?そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。治療の根本的な考えから丁寧に説明されているので、初めてエイジングケア治療を検討されている方は必見。40代後半男性のモニターさんによるビフォーアフターの写真付きで、女性だけではなく男性の中高年層にも興味深い内容になっています! 顔全体のリフトアップは手術というケースが多かったのが、ヒアルロン酸注入で対応できるように進化しました ー今回はエイ

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • アーククリニック 加藤雄大医師【イケメン医師に会いたい! 第十四回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第十四回は、東京・渋谷の中心地に開院したアーククリニック院長の加藤雄大(かとう たけひろ)先生です。
 骨切りの輪郭形成術から美容皮膚科まで幅広いメニューを揃えたアーククリニック。多くの相談が寄せられる「かわいくなりたい」という漠然とした悩みを解決に導くプロセスとは?美容外科医院長のクリニックで、これだけ皮膚科メニューが充実している理由は? 一瞬城田優にインタビューしている錯覚におちいるほどの高身長でイケメン、だけど語り口はわかりやすく、ゆっくりと。ウラオモテを感じさせない雰囲気は、悩みのひとつも話したくなるかも。 外科医としてのポリシー、大手美容外科を退職し、開院した経緯、アウトドア派のプライベートの過ごし方までじっくり伺ってきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な

    この記事は、
    アーククリニック
    加藤雄大医師が監修しています。

  • 水の森美容外科新宿院 雜賀俊行医師【イケメン医師に会いたい! 第十三回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい」第十三回は大阪、名古屋などにも展開する水の森美容外科新宿院院長の雜賀俊行(さいが としゆき)先生です。
 心臓血管外科で、外科医としての経験を積み、美容医療の世界へ。転身に至った経緯や得意な施術、奥様のことまで、今回も幅広く聞いてきました。 俳優の林遣都さんを彷彿とさせる外見。スタッフさんとの現場の雰囲気作りにも長けているイケメン医師の真面目なインタビューです! ※2021年7月から銀座院院長に就任。 必要とされる人間になりたいと思い、医師を志しました ー数ある科の中から心臓血管外科を選ばれた理由は何でしょうか。 S:一番アグレッシブで自分の技術が直に返ってくるような科ですので、高校生の頃から医師として最初は心臓血管外科医になりたいと思っていました。 ー高校生のときに何かきっかけがあったんですか。 S:祖母が心臓病で

    この記事は、
    水の森美容外科 銀座院
    雜賀俊行医師が監修しています。

  • わかばクリニック 廣瀬能華医師【美人女医インタビュー第三十八回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十八回は東京港区・六本木にあるわかばクリニックの廣瀬能華(ひろせよしか)医師です。
 研修後、3年間救急医療の現場を経験をし、救急学会では優秀な医師におくられる『WADA AWARD』を受賞。分子整合栄養医学に精通し、内面からの美容を重視しています。 美容医療の医師を目指したきっかけから、インスタでのグルメ話までたくさん聞いてきました。 小さいことでも丁寧に答えてくれ、常に笑顔が絶えない廣瀬先生のインタビューです! 家族が本当に仲が良く幸せに暮らしていたため、どうしたらこんな風になれるんだろう?と常日頃から思っていました。まずは父と同じ医師になろうと思いました ーでは大学ご卒業後の経歴を教えてください。 H:大学は杏林大学医学部に通っていました。もともと体を動かすことが好きだったので、バスケットボール部に入り、男女一緒で、看護学

    この記事は、
    わかばクリニック
    廣瀬能華医師が監修しています。

Go to Top