形成外科整形外科美容外科

ジュウジンビヨウセイケイ・シブヤジュウジンセイケイ

十仁美容整形・渋谷十仁整形

  • loan
  • woman

住所:十仁美容整形:東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5F / 渋谷十仁整形:東京都渋谷区桜丘町1-2

最寄り駅・バス:十仁美容整形:銀座駅、新橋駅 / 渋谷美容整形:渋谷駅

診療時間:10:30~19:30

休診日:年中無休

代表的な施術:二重埋没(マルティプルノット法)、隆鼻(プロテーゼ) など

得意施術:目もと 

クリニック概要

美は医の頂点にあり

十仁美容整形は1933年「美は医の頂点にあり」をポリシーとし、医学博士 梅澤文雄が開院、以来今日まで世界における美容整形のパイオニアとして常に最先端の技術と豊富な臨床経験に基づき美容整形の普及とレベルアップに努めてまいりました。
現院長 医学博士 梅澤文彦は1985年日本美容外科学会会長、1987年に十仁美容整形院長に就任しました。
現在、十仁美容整形には毎日数多くの方が来院され、相談を受けられる年代も小学生から80代後半までと広がりそして相談内容も実に多岐にわたっています。

jujin_shibuya img_shop_01 jujin_ginza

診療科目

美容外科、形成外科、整形外科

沿革

1931年 初代院長 梅澤文雄により東京・御徒町に回春堂医院を開院。その名の通り”春を取り戻す”ことを目的とし、当時先端的であった漢方アンチエイジングを施す。
1938年 東京・新橋に十仁病院を開設。主として外科・泌尿器科を診療しつつ美容整形を研究。
1941年 戦争のため首都防衛第一救護所に指定される。
1945年 終戦後、美容整形外科を含む総合病院として 診療再開。
1948年 美容外科の研究と啓蒙普及を目的として、日本美容医学研究所を設立。
1956年 アメリカより美容整形の権威、バーンズ博士が来日。日本医師会の依頼により日本橋三越ホールにて、日米美容整形講演会を開催。
1958年 株式会社日本美容科学を設立。ドクターコスメの開発・販売を創める。
1962年 「美容の医学」を創刊。
1964年 十仁病院内(東京・新橋本院)にて学会やゼミナールを定期的に実施。
1965年 「日本美容学会」を設立し、理美容師の医学的教育を目的とする美容医学ゼミナールを毎月開催。
1966年 「日本美容整形学会」を設立する。
1975年 日本美容医学研究会創立25周年を記念して、「美人コンテスト」を新橋第一ホテルで開催。
1977年 日本美容整形学会より、医療法第70条を改正して、「美容整形科」を診療科名に制定するよう厚生省・自民党に要望。
1978年 「美容整形科」は「美容外科」として国会で正式に認められる。
1979年 脂肪吸引術を診療に導入。
1980年 「国際美容外科学会」を設立する。
1981年 第1回国際美容外科学会開催(東京・帝国ホテル)。
1984年 現院長、梅澤文彦が日本美容医学研究所理事長就任。
1985年 第2回国際美容外科学会開催(東京・帝国ホテル)。
1987年 梅澤文彦、十仁病院(東京・新橋本院)院長に就任。
1989年 第3回国際美容外科学会開催(フランス・パリ)。26カ国250名参加。
1990年 第48回日本美容外科学会開催(九州・福岡)。
ヨーロピアン・エクセレント協会から日本初「トライアンフ大賞」を受賞。
1995年 医療レーザー機器を導入。
1997年 プチ整形(鼻・あご)を診療に導入。
“プチ整形”という呼び名で多くのメディアに取り上げられる。
1998年 プチ整形(目)を診療に導入。
(財)日本美容医学研究会、創立50周年記念式典を共催。

設備

炭酸ガスレーザーQスイッチヤグレーザーフォトRF(ダイオードレーザー+高周波、パルスライト+高周波複合機)、LED(青色、赤色、近赤外線)、ライトシェア

麻酔体制

麻酔専門医有

医師

dr_umezawa_pic02

梅澤文彦
日本美容外科学会会頭
国際美容外科学会会長
日本美容医学研究会会長
【経歴】
1960年慶応義塾大学医学部卒業。同大整形外科にとどまり、外科の技術習得、研究に努め、静岡日赤病院での診療を経て、1971年学位(医学博士)を取得。以後、東京 新橋本院の十仁病院で副院長として1代目梅澤文雄院長補佐の重責を果たす一方、アメリカその他諸外国の美容整形学界の視察、日本美容整形学会における臨床研究発表など、精力的な活躍をし、斯界の発展、進歩に大きく寄与してきた。1987年十仁病院院長に就任。

【メッセージ】
病院スタッフが一丸となって患者様の満足度を上げて行きたい…。そのためにきちんとした事実を伝え、信頼関係を築いた上で安心して施術を受けていただきたいと考えています。
私は「十仁」の名の通り、”仁”を全うすることを常に考えております。


dr_narumi_pic

鳴海栄治

1983年 北海道大学医学部卒業
1983年〜1986年 北海道大学医学部第一内科
1986年〜1993年 北海道大学医学部形成外科
1993年〜1996年 神奈川美容外科クリニック
1996年〜2008年 ナルミ美容外科
2008年〜 十仁美容整形

【得意な施術】
フェイスリフト系、脂肪吸引、脂肪注入

【メッセージ】
患者様の希望を正確に理解した上で、患者様にとって最適であることはもちろん、肉体的、経済的にも負担がなるべく軽くなるような治療方法を選択しご提案することを心がけています。


dr_ehara_pic

江原真貴子 麻酔科標榜医

1983年 北海道大学医学部卒業
1983年〜1986年 北海道大学医学部第一内科
1986年〜1993年 北海道大学医学部形成外科
1993年〜1996年 神奈川美容外科クリニック
1996年〜2008年 ナルミ美容外科
2008年〜 十仁美容整形

【得意な施術】
二重、眼瞼下垂、上・下眼瞼のたるみ取り、たれ目形成等目の周りの手術

【メッセージ】
患者様の話をよく聞いて、お互いの目指す方向、なりたい姿、最終的なイメージを一致させてからの施術を心がけています。
麻酔科で勤務しておりましたので、より安心安全で痛くない手術を目指しています。

施術紹介

二重埋没 【目もと】
埋没法を開発した初代院長の流れをくみ、時代に合わせた技術で二重を形成

■施術の概要-当院の施術法・特徴

二重埋没法はメスを使わず、瞼に糸を埋め込んで二重を作る方法です。美容整形の中では最もポピュラーな施術として知られており、切らずに二重にしたい方や二重の幅を広げてくっきりとした二重にしたい方におすすめの方法です。

この二重埋没法は、実は今から60年以上前に当院の院長、医師たちによって開発された方法です。

二重埋没法は、名前のとおり糸で皮膚と瞼板もしくは筋肉と結び、糸を埋没させて二重まぶたを作る方法です。しかし、その糸を通す場所によって、瞼板法と挙筋法の大きく二つに分けられます。

瞼板法は、瞼板に皮膚からの糸をを結びつける方法で、特徴として、安定した二重まぶたを作れ、腫れがひきやすいということや、元に戻しやすい、修正しやすいことがメリットとして挙げられますが、糸が取れやすいというデメリットがあります。

挙筋法は、上まぶたをあげる筋肉(上眼瞼挙筋)に皮膚からの糸を結びつける方法で、瞼板法よりも自然な仕上がりになり、糸が取れにくいという特徴がありますが、腫れが長引きやすいという弱点があります。

二重埋没法は、取れやすいと言われますが、糸を固定する箇所を増やせば二重はとれにくくなります。しかし、多く留めると腫れも長引いてしまうという欠点もありますので手術法の選択には注意が必要です。

そこで、当院では希望の二重の形と休みがとれる期間に合わせて、固定する数と瞼板法か拳筋法かの選択をおこないます。手術の前に十分なカウンセリングとシミュレーションをおこなうことで、取れにくい二重を作っていきます。

■施術時間
約5分~15分

■施術の流れ
カウンセリング→ラインの確認→点眼麻酔、局所麻酔→施術→帰宅

■痛み
点眼麻酔と局所麻酔を使用するため、ほぼ痛みはありません

■腫れ
手術内容によって多少変わりますが、大きい腫れは約3日~1週間でおさまってきます
顔になじんで落ち着くまでに、約1週間~1カ月程度かかります

■メイク
3日目以降から可能です

■料金(税込み)
埋没法(1針:2点留め)   54,000円
埋没法(2針:4点留め)   86,400円
埋没法(3針:6点留め)   129,600円
埋没法(4針:8点留め)   162,000円

jujin05

画像出典:http://www.jujinhospital.com/operation/eye/maibotsu/

jujin06

画像出典:http://www.jujinhospital.com/operation/eye/maibotsu/

隆鼻(プロテーゼ) 【鼻の付け根~鼻筋】
骨格に合わせたオーダメイドのプロテーゼで違和感のない立体感のある鼻にする方法

■施術の概要-当院の施術法・特徴
隆鼻とは、鼻を高くして立体感のあるすっきりとした顔立ちにする方法です。鼻を高くしたい、高くした鼻を半永久的に維持したい、鼻のラインを美しくしたい方におすすめです。

隆鼻の中でもプロテーゼと呼ばれる方法は、手術によってシリコン製のプロテーゼ(人口軟骨:インプラント)を高くしたい部分に挿入し埋め込むものです。

隆鼻に使用するプロテーゼには大きく分けて2種類あり、L字型インプラント、I字型インプラントと呼んでいます。

L字型インプラントの特徴は、鼻の根元から先端までの鼻筋を通し、かつ高さを整えられることです。

I字型インプラントの特徴は、鼻の根元(目と目の間)だけにインプラントを挿入することによって鼻筋の通った美しいラインが表現できることです。

また、I字型インプラントと自家軟骨移植といって、自分の耳の後ろの軟骨を採取し使用して鼻全体の形や高さのバランスを整える方法もあります。

シリコンインプラントによる隆鼻は、高さの調整が比較的簡単にでき、プロテーゼを挿入することで効果がはっきりと現れるというメリットがあります。

しかし、人工物であるがゆえに、加齢に伴う体の変化によって手術直後と比較すると、シリコンが劣化や変形をしてきたりして皮膚に赤みがでてしまうことがあります。

このトラブルは特に皮膚の薄い鼻先まで挿入するL字型インプラントによく起こることですが、当院では、あらかじめレントゲンを撮り、一人一人の骨格に合わせてプロテーゼをミリ単位で作成してから手術に入ります。

そのため、リスクが少なく、違和感のない理想の鼻に近づけることができます。

■施術時間
約30分

■施術の流れ
事前にレントゲン撮影→オーダメイドのシリコンプロテーゼ作成
カウンセリング→仕上がったプロテーゼの確認→局所麻酔→施術→患部の固定→確認のレントゲン撮影→帰宅

■痛み
局所麻酔使用のためほとんど痛みはありませんが、局所麻酔の際にチクっとした痛みがあります

■腫れ
大きい腫れは約1週間、顔になじむまで1カ月ほどかかります

■メイク
患部のテープ固定(約3日)がはずれれば可能

■料金(税込み)
プロテーゼ L型 302,400円
プロテーゼ I型 270,000円

jujin07

画像出典:http://www.photo-ac.com/

jujin08

画像出典:http://www.jujinhospital.com/operation/nose/n/

十仁美容整形アクセス

備考

【住所】東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5F
【アクセス】銀座駅、新橋駅

渋谷十仁整形アクセス

 

備考

【住所】東京都渋谷区桜丘町1-2
【アクセス】渋谷駅

ご予約・お問い合わせ

クリニック名 十仁美容整形・渋谷十仁整形
住所 ●十仁美容整形 東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5F
●渋谷十仁整形 東京都渋谷区桜丘町1-2
電話番号 0120-834-128
電話受付時間 10:30〜19:30
最寄駅 ●十仁美容整形 東京メトロ銀座線「銀座駅」A3番出口より徒歩5分
東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋駅」1番出口より徒歩3分
JR「新橋駅」銀座口より徒歩7分
新交通ゆりかもめ「新橋駅」1C番出口より徒歩4分・ 
●渋谷十仁整形 JR渋谷駅南口より歩道橋渡り徒歩2分
診療時間 10:30~19:30
休診日 年中無休
女性医師 有り
予約 完全予約制ではありません
クレジットカード 利用可能カード VISA、MASTER、JCB、DC、AMERICAN EXPRESS、DINERS CLUB、UC
医療ローン
外国語対応 中国語・英語
子供連れ対応 特に無
駐車場 無し
公式webサイト http://www.jujinhospital.com/
公式SNSなど
モニター募集 あり。審査あり
同グループWebサイト、提携院Webサイト http://www.jujin-cosmetics.com/
予約・お問い合わせ