小鼻縮小のコラム一覧

  • 鼻翼縮小術(小鼻縮小)

    正面から見て、横に拡がっている小鼻を小さくする施術です。正面から鼻の穴(鼻孔)も見えにくくなります。鼻翼の張り出し具合や周囲とのバランスを見て外側から切る方法、内側から切る方法のいずれかを選択します。術者によって外側法、内側法とも工夫がなされておりますが、それぞれメリットデメリットがあります。

    外から切る方法は、鼻翼の溝(鼻の輪郭部分)を切開しますが皮膚の性質によっては傷がわかることもあります。内側法は傷が外からわかりません。また鼻尖の高さも同時に出したいときなどは、他の手術との併用もあります。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 切らない小鼻縮小術の効果は? 持続期間、口コミまとめなど

    垢抜けない印象を与えるダンゴ鼻や笑うと横に広がる鼻をなんとかしたい……。こんな悩みを持っている方は意外に多いのではないでしょうか。鼻は眼や口元と違ってメイクで見せ方を変えることがほとんどできないパーツ。それだけに本格的に鼻の印象を変えようと思ったら美容整形に頼るしか方法はありません。 とはいえ、顔の真ん中に位置している鼻だけに、切開する手術は怖いという人が多いのも事実。そこで注目したのが「切らない小鼻縮小」という方法です。ここで切らない小鼻縮小について詳しくお話していきます。 目次 1.切らない小鼻縮小で脱・ダンゴ鼻! 1-1.小鼻縮小とは 1-2.切らない小鼻縮小術の口コミ 1-3.切開する小鼻縮小手術のダウンタイム 1-4.切開する小鼻縮小手術のリスク、失敗例 2.切らない小鼻縮小術とは

  • 鼻の穴を小さくする方法。メイク法、器具、治療など

    芸能人やモデルのような「プロの美しい人」と私たち一般女性の顔で大きく異なるパーツといえば、鼻。鼻が大きい、横に広がっている、低い……などいろいろな悩みがあると思いますが、意外に多いのが鼻の穴を小さくしたいという悩みです。「正面を向いたとき鼻の穴が見えるのがイヤ」「笑うと鼻が横に広がって鼻の穴が強調されてみえる」こんな悩みを改善する方法について考えてみましょう。 目次 1.鼻の穴を小さくしてバランスのいい顔になるには?〜美しい鼻の定義〜 2.鼻の穴が大きくなる原因とは 3.鼻の穴を小さくする方法 3-1.自力で鼻の穴を小さくする方法 3-2.メイクで鼻の穴を小さく見せる方法 3-3.美容整形で鼻の穴を小さくするには 3-3-1.注射で鼻の穴を小さくする方法 3-3-2.糸を使った手術で鼻の穴を小さくする方法

  • 鼻翼縮小術で、正面から鼻の穴の拡がりを改善する

    鼻は、顔の中心にあり、外見の印象に大きく影響を与えます。そこで、鼻の形成手術の中でも相談を受ける事の多い鼻翼縮小術について詳しく解説していきたいと思います。 鼻翼縮小術とは 鼻翼縮小術とは、鼻翼(小鼻)の一部を切除し、鼻翼の幅を狭く、小さくする手術です。鼻翼縮小術をおこなうことで、鼻の穴や鼻の横幅が小さくなり、控えめな鼻の印象を与えられるという効果があります。 具体的な手術方法としては、鼻翼の内側を切除する内側法、鼻翼の外側を切除する外側法の2種類があります。 内側法は傷跡を少なく、鼻の横幅を狭くしたい場合にお勧めの方法です。 一方、外側法は、鼻翼が大きく、外への張り出しが気になる方におすすめの方法です。鼻翼自体のボリュームを小さくすることができるので内側法よりも効果は大きくなります。 ただし、傷を残した

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

Go to Top