鼻のコラム一覧

  • 小鼻縮小術の効果、費用など。小鼻をシャープな印象に

    自分の顔の気に入らないところは?と聞かれると鼻、と答える女性が多いと言われています。皆さんはいかがですか?筆者も笑うと鼻が横に広がるのが悩みです。「鼻がもう少し小さかったら、美人になれるのに」と思っている方も多いのではないでしょうか。ここでは顔の印象を大きく左右する鼻を小さくする方法・小鼻縮小術がどんなものなのか、詳しく説明していきます。 目次 1.鼻を小さくして一気に美人顔になれる!小鼻縮小術とは 1-1.こんな人にオススメ、小鼻縮小術 1-2.小鼻が大きいとどんな印象? 2.小鼻縮小術とは 2-1.内側法・外側法 2-2.フラップ法とは 2-3.麻酔や術後のダウンタイムについて 2-4.失敗例や元に戻ってしまう例はあるの? 2-5.小鼻縮小術の値段 2-6.小鼻縮小術は技術とセンスが問われる 3.まとめ 1.鼻を小さくして一気に美人顔にな

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 切らない小鼻縮小術の効果は? 持続期間、口コミまとめなど

    垢抜けない印象を与えるダンゴ鼻や笑うと横に広がる鼻をなんとかしたい……。こんな悩みを持っている方は意外に多いのではないでしょうか。鼻は眼や口元と違ってメイクで見せ方を変えることがほとんどできないパーツ。それだけに本格的に鼻の印象を変えようと思ったら美容整形に頼るしか方法はありません。 とはいえ、顔の真ん中に位置している鼻だけに、切開する手術は怖いという人が多いのも事実。そこで注目したのが「切らない小鼻縮小」という方法です。ここで切らない小鼻縮小について詳しくお話していきます。 目次 1.切らない小鼻縮小で脱・ダンゴ鼻! 1-1.小鼻縮小とは 1-2.切らない小鼻縮小術の口コミ 1-3.切開する小鼻縮小手術のダウンタイム 1-4.切開する小鼻縮小手術のリスク、失敗例 2.切らない小鼻縮小術とは

  • 切らない鼻中隔延長術の効果は。メリット、デメリット、口コミ紹介

    目元に次いで整形願望が多いパーツである鼻。顔の中心にある鼻の形が整うと、一気に美人顔に見せることができます。でも、実際には「上向きの鼻が気になる」「正面から見たとき鼻の穴が見えるのがイヤ」という人が多いのではないでしょうか。すっきりと美しい鼻に整えるためには鼻中隔延長という手術が有効とされてきましたが、最近では「切らない鼻中隔延長」の施術を行うクリニックも増えてきています。ここでは従来の鼻中隔延長と切らない方法との違いを詳しく説明していきます。 目次 1.切らずに鼻を美しく整える鼻中隔延長手術 1-1.切開する鼻中隔延長手術の効果 1-2.切開する鼻中隔延長手術のダウンタイム 1-3.切開する鼻中隔延長手術のリスク 1-4.切開する鼻中隔延長手術の失敗例 2.切らない鼻中隔延長術とは 2-1

  • 鼻の穴を小さくする方法。メイク法、器具、治療など

    芸能人やモデルのような「プロの美しい人」と私たち一般女性の顔で大きく異なるパーツといえば、鼻。鼻が大きい、横に広がっている、低い……などいろいろな悩みがあると思いますが、意外に多いのが鼻の穴を小さくしたいという悩みです。「正面を向いたとき鼻の穴が見えるのがイヤ」「笑うと鼻が横に広がって鼻の穴が強調されてみえる」こんな悩みを改善する方法について考えてみましょう。 目次 1.鼻の穴を小さくしてバランスのいい顔になるには?〜美しい鼻の定義〜 2.鼻の穴が大きくなる原因とは 3.鼻の穴を小さくする方法 3-1.自力で鼻の穴を小さくする方法 3-2.メイクで鼻の穴を小さく見せる方法 3-3.美容整形で鼻の穴を小さくするには 3-3-1.注射で鼻の穴を小さくする方法 3-3-2.糸を使った手術で鼻の穴を小さくする方法

  • 鼻プロテーゼの失敗例とダウンタイム期間

    顔全体の印象を大きく左右する鼻。すっと鼻筋の通った高い鼻にするための一番確実な方法は鼻プロテーゼを挿入する手術です。セレブやモデルの間でも実は鼻プロテーゼを入れている人が多いよう。しかし、同時に鼻プロテーゼは美容整形手術の中でもトラブルが多く、将来的なメンテナンスが必要と言われる難易度の高い手術でもあります。ここで失敗例やダウンタイムなど、鼻プロテーゼを入れる前に知っておきたいことについて詳しく説明していきます。 目次 1.鼻プロテーゼ手術の前に知っておくべきこと 1-1.鼻プロテーゼ手術のメリットとデメリット 1-2.鼻プロテーゼを入れた後の痛み 1-3.鼻プロテーゼ手術のダウンタイム 1-4.鼻プロテーゼ手術の失敗例・ブログをチェックしてみよう 1-5.プロテーゼ以外の隆鼻術・メリットとデメリット

  • 鼻を高くする方法を知り、横顔美人を目指す!

    鏡を見ていて、「もう少し鼻が高かったらなあ……」と思ったことはありませんか?また三面鏡やショーウィンドーなどをのぞいて、自分の横顔の立体感のなさに驚いたことのあるかたもいるのではないでしょうか。 普段、あまり自分では意識することのない横顔でも周りの人からは意外に見られているもの。美しい横顔の象徴といえば、スッと鼻筋の通った高い鼻です。フラットな顔立ちが多い私たち日本人にとって高い鼻は永遠の憧れですよね。では、鼻を高くする方法にはどんな手段があるのでしょうか。 目次 1.最新の鼻を高くする方法でワンランク上の美人を目指すには? 1-1.鼻を高くするメリット 1-2.美しい鼻の条件とは 2.自力で鼻を高くする方法 2-1.鼻叩きやマッサージで鼻を高くする 2-2.鼻を高くする器具の効果ってあるの

  • 理想の鼻の形を正面、横の図から徹底解剖!

    : 顔の中心にある鼻は、顔全体のバランスを左右する重要なパーツ。鼻の形を整えるだけで、顔の印象が変わることもあります。そんな鼻の黄金比率や、解剖学の観点からみた理想の鼻の形についてご説明します。 理想的な鼻の形をご存知ですか? 顔には美の黄金比率があります。下のイラストを見てください。左側のイラストは正面からの、右側のイラストは横から見た場合の黄金比率を表しています。 左側のイラストは、顔の上部に1/5が5つ並んでいます。これは目の幅を基準とし、イラストのように5等分になるのが美しいとされています。鼻で考えると、鼻の付け根や鼻のふくらみ部分の位置がどこになると美しいのか、という部分で参考になります。また、目じりと鼻の角度、鼻下から唇、アゴまでの間隔などが

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

  • 鼻翼縮小術で、正面から鼻の穴の拡がりを改善する

    鼻は、顔の中心にあり、外見の印象に大きく影響を与えます。そこで、鼻の形成手術の中でも相談を受ける事の多い鼻翼縮小術について詳しく解説していきたいと思います。 鼻翼縮小術とは 鼻翼縮小術とは、鼻翼(小鼻)の一部を切除し、鼻翼の幅を狭く、小さくする手術です。鼻翼縮小術をおこなうことで、鼻の穴や鼻の横幅が小さくなり、控えめな鼻の印象を与えられるという効果があります。 具体的な手術方法としては、鼻翼の内側を切除する内側法、鼻翼の外側を切除する外側法の2種類があります。 内側法は傷跡を少なく、鼻の横幅を狭くしたい場合にお勧めの方法です。 一方、外側法は、鼻翼が大きく、外への張り出しが気になる方におすすめの方法です。鼻翼自体のボリュームを小さくすることができるので内側法よりも効果は大きくなります。 ただし、傷を残した

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

Go to Top