たれ目形成のコラム一覧

  • たれ目形成(下眼瞼下制術、下眼瞼拡大術)

    下まぶた中央から目尻のカーブを下に下げて垂れ目にして目をぱっちりとさせ愛らしく、優しい印象にします。クリニックによって「グラマラスライン形成術」と呼ぶこともあります。
    下げすぎると「三白眼」という黒目の下の白目が見えてしまう状態や、目が閉じづらくなるためドライアイや結膜炎を発症する恐れがあります。

    施術方法は糸によるタッキング法、結膜側切開、皮膚切開の3つの施術法があります。タッキング法、結膜側切開では皮膚の表側には傷がつかず、抜糸の必要もありません。もし術後に元に戻したいときは、糸を外すことができれば元に戻すことも可能です。この方法は下げ幅が控えめになったり、術後の後戻りや、皮膚がかぶりやすく逆さまつげが生じる可能性があります。

    皮膚切開を行う方法の一つとして、下まぶたの皮膚側を切開しさらに結膜即を切開して瞼板を露出させます。その後、眼窩隔膜を切開しCPF(瞼板を固定させる膜)を露出させ、溶ける糸でCPFと瞼板を固定して黒目の中央から外側の下眼瞼縁を下げます。皮膚切開の際に余分な皮膚を切除して逆さまつげを防ぎます。

    効果は大きいですが、メスを使用して切除するため術後に元に戻したい場合は困難なことが多く、術後の腫れが強く、抜糸までは傷が目立つためダウンタイムが長めに必要になります。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • SEIRAが語る美容整形観。「ナチュラルではなく、整形顔が好きです」【私と美容医療の関係。Vol.1】

    さまざまなフィールドのトップランナーに美容医療へに思いを赤裸々に語ってもらう新企画「私と美容医療の関係。A personal history of aesthetic medicine.」がスタート。第一回目のゲストは、DJやインスタグラマーとして活躍されているSEIRAさんです。 今まで数多くの美容整形を受けてきたSEIRAさんですが、今回のインタビューのために、今まで受けた施術すべてを紙に書いて持参してきてくれ、美容医療を受けることに対する考え方を包み隠さず語ってくれました。語り口は潔く、ポジティブ。一般的には言いにくいと思われることも飄々と答えくれたのが印象的でした。またDJやインスタグラマーなど華やかなお仕事ですが、性格はかなり礼儀正しく、素直な方です! 美容医療経験者も、これから美容医療を検討されている方にもぜひ読んでいただきたい充実のインタビューです。あなたはどうと

  • たれ目が魅力的な女優・芸能人ランキング

    優しい印象を与えてくれるたれ目は、女性だけでなく男性にも人気があります。 目を大きく見せる効果もあるため、若い女性を中心にたれ目メイクが流行中。 今回は「たれ目が魅力的な女優・芸能人」ランキングトップ10です! たれ目メイクの参考にしてみて下さいね。 1位綾瀬はるか この投稿をInstagramで見る SK-II's Official Instagram(@skii)がシェアした投稿 「なりたい顔ランキング」で毎回上位に選ばれている綾瀬さん。 さらに「恋人にしたいランキング」では2年連続1位に選ばれるなど、男女ともに人気の高い彼女。 とろんと垂れた目元が可愛らしく、天然なキャラクターも相まって、みんなから愛される癒し系の女優さんです。 2位石原さとみ この投稿をIns

Go to Top