鼻プロテーゼのコラム一覧

  • 鼻プロテーゼ

    鼻に人工軟骨であるプロテーゼを入れることにより、鼻を形よく高くしたり、目と目の間(鼻根)から鼻筋の印象を大きく変える術です。鼻が高くなることはもちろん、目が大きく強調されて顔全体がシャープで整った印象になるというメリットがあります。

    プロテーゼは鼻の中を数ミリ切って、鼻骨の上に挿入するので、傷跡は外から見えません。プロテーゼの種類には、シリコンやもっと柔らかい素材のゴアテックスなどがあります。プロテーゼの高さや形は個人に合わせて調整するか、オーダーメイドのものを使用します。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 鼻プロテーゼ 修正 抜去

    過去鼻に入れたプロテーゼによって、鼻筋が不自然である、鼻先が上を向いてくる(アップノーズ)、プロテーゼの色が透けて見える、異物感が強くなってくるなどのトラブルが起きた場合、プロテーゼの抜去が選択肢に上がってきます。

    こうしたトラブルは術者の技量、プロテーゼの形の調整不足、サイズや形の不一致などが原因で起こりやすい現象です。
    ただし、挿入に問題がない場合でも、年齢とともに筋肉や皮膚のハリが衰えることや経年によるプロテーゼの変形、周囲に起こる石灰化が原因で見た目が不自然になることもあります。

    通常、プロテーゼを抜去したあと修正手術を行う場合、炎症がおさまるまで3~6カ月程度待ってから再度施術を受ける必要があります。なお、抜去は鼻腔内から行うため、傷は外から見えません。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 鼻プロテーゼの失敗例とダウンタイム期間

    顔全体の印象を大きく左右する鼻。すっと鼻筋の通った高い鼻にするための一番確実な方法は鼻プロテーゼを挿入する手術です。セレブやモデルの間でも実は鼻プロテーゼを入れている人が多いよう。しかし、同時に鼻プロテーゼは美容整形手術の中でもトラブルが多く、将来的なメンテナンスが必要と言われる難易度の高い手術でもあります。ここで失敗例やダウンタイムなど、鼻プロテーゼを入れる前に知っておきたいことについて詳しく説明していきます。 目次 1.鼻プロテーゼ手術の前に知っておくべきこと 1-1.鼻プロテーゼ手術のメリットとデメリット 1-2.鼻プロテーゼを入れた後の痛み 1-3.鼻プロテーゼ手術のダウンタイム 1-4.鼻プロテーゼ手術の失敗例・ブログをチェックしてみよう 1-5.プロテーゼ以外の隆鼻術・メリットとデメリット

Go to Top