医療脱毛のコラム一覧

  • メディオスター

    メディオスターは2018年に厚労省から脱毛効果と安全性の薬事承認を取得している新しい医療脱毛機になります。従来の医療脱毛は毛根等へのアプローチで脱毛をしていましたが、メディオスターは毛根より浅いバルジ(発毛因子)領域に照射し、毛を生やす組織を破壊して、毛の成長を抑制して脱毛を行います。

    従来のレーザー脱毛で感じる強い痛みと衝撃は毛根がレーザー照射によって熱破壊された時に痛みを感じますが、メディオスターでは低出力のレーザーを連射することで痛みや熱さがかなり軽減されるようになりました。そのため痛み、敏感肌、アトピー肌などで脱毛を断念した方でも施術を受けることができます。

    また従来のレーザーではメラニン色素に反応するレーザーとは異なるため肌の色、産毛、白い毛、毛の太さに関係なく均一に脱毛することができるようになりました。従来のレーザー脱毛では脱毛のムラを感じる背中や顔への施術も効果を実感できます。

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    南寿美医師が監修しています。

  • ワキ、VIO、全身脱毛

    エステサロンでの脱毛は毛根の細胞を破壊することができないため一時的な減毛となりますが、医療脱毛は毛根細胞の破壊を行う強力なレーザーを用いて脱毛を行うため、効果的に永久的な脱毛が可能となります。医療脱毛では施術部位、毛の状態によりますが約5回の通院で脱毛効果を実感することができます。
    多くのクリニックが、ワキ脱毛を入り口としてもらうため、リーズナブルな価格 で提供しています。

    全身脱毛は毛の生えている部位に対応が可能ですが、クリニックによって全身脱毛のプランが異なります。ただし、粘膜部位、瞼付近、喉ぼとけの部位については施術不可のクリニックが多数あるため、施術希望時には可能部位を確認する必要があります。

    近年ではVIOのデリケートゾーンの脱毛が人気になっています。尿や、生理の血液、おりもの、排泄物などがアンダーヘアに付着することで、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすい状態になり、かゆみ、不快感、臭いの原因になることから、ファッション面だけでなく、衛生面からもデリケートゾーン脱毛は人気になっています。
    クリニックによって施術スタッフは女性に限定にしたりと安心して施術を受けられる工夫が取られています。

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • メンズクララクリニック 神林由香医師【美人女医インタビュー第三十六回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十六回は東京都港区南青山に男性メインの美容クリニックとして「メンズクララクリニック」を開院された神林由香(かんばやしゆか)先生です。 テーマはずばりナチュラル美容医療。先生のこれまでの美容皮膚科医としての経験から、すべての理想を具現化したのが、「メンズクララクリニック」。 世間の男性にも認知された感がある医療脱毛や筋肉増強や痩身などボディ系の機器を導入し、男性だけでなく、女性にも同じメニューを提供しています。 東京大学をやめて医学部に移った、才媛(+超絶美肌)神林先生の論理的で、丁寧な説明はクリニックが初めての方でも安心です! もともとずっと美容皮膚科をやりたくて医学の道に進みました ー美容医療を受けるのは女性が多いと思いますが、今回男性をメインとしたメンズクララクリニックを開院された理由を教えていただけますか。 K:理由は

    この記事は、
    メンズクララクリニック
    神林由香医師が監修しています。

Go to Top