メディオスターとは(概要・基礎知識)

メディオスターは2018年に厚労省から脱毛効果と安全性の薬事承認を取得している新しい医療脱毛機になります。従来の医療脱毛は毛根等へのアプローチで脱毛をしていましたが、メディオスターは毛根より浅いバルジ(発毛因子)領域に照射し、毛を生やす組織を破壊して、毛の成長を抑制して脱毛を行います。

従来のレーザー脱毛で感じる強い痛みと衝撃は毛根がレーザー照射によって熱破壊された時に痛みを感じますが、メディオスターでは低出力のレーザーを連射することで痛みや熱さがかなり軽減されるようになりました。そのため痛み、敏感肌、アトピー肌などで脱毛を断念した方でも施術を受けることができます。

また従来のレーザーではメラニン色素に反応するレーザーとは異なるため肌の色、産毛、白い毛、毛の太さに関係なく均一に脱毛することができるようになりました。従来のレーザー脱毛では脱毛のムラを感じる背中や顔への施術も効果を実感できます。

メディオスターが向いている人(こんなお悩みに)

・医療脱毛をしたい方
・痛みに弱く別の機器で断念した方
・敏感肌、アトピー肌で脱毛をしたい方
・色素の薄い毛で脱毛をしたい方

ダウンタイム/経過

施術部位によりますが少し熱いと感じる程度の痛みになります。術直後は肌が赤くなることがありますが時間の経過で落ち着きます。
脱毛直前、術後の日焼け対策を万全に行い色素沈着を予防します。
ほくろやタトゥーの色素が薄くなる可能性があります。

費用

9千~50万円※施術部位、回数によって金額変動ありトライアルがあるクリニックもあります

リスク・副作用

施術後の日焼けで色素沈着、多毛化、硬毛化、赤み、かゆみ、毛嚢炎、やけど

監修:

南寿美医師

BIANCAクリニック銀座

埼玉医科大学医学部卒業。皮膚科医として勤務を経て、2019年にBIANCAクリニックへ。
様々な美容外科施術をおこなっていますが、特に皮膚科医としての知識を活かして美容皮膚科施術にあたり、ドクターズコスメの知識も豊富。 またヒアルロン酸注入の症例がSNSに多く掲載されており、特に涙袋形成には患者様の魅力を最大限に引き出せるように工夫をしています。

埼玉医科大学医学部 卒業
東邦大学医療センター大橋病院 勤務
2018年 東京慈恵会医科大学皮膚科 勤務
2019年 BIANCAクリニック入職



医療脱毛の他の治療

医療脱毛に関連する記事

  • 剛毛を脱毛するさまざまな方法

    剛毛で悩んでいる女性は意外と少なくありません。しかし女性にムダ毛はNGとみられることが多い昨今。画面に映し出された芸能人の毛が処理されていないというだけで大きな話題になってしまうのですから、剛毛さんにとってはかなり辛いものがあります。ここでは、剛毛でお悩みの方のために脱毛・自己処理などによる解消方法をお伝えします。 目次 1.剛毛で悩んでいる女性は意外と多い 2.あなたは剛毛?剛毛の人はこんな毛の生え方 3.なぜ剛毛になる?遺伝以外にも理由が? 3-1.剛毛が多い箇所は? 3-2.剛毛の悩みを手軽に解消できるレーザー脱毛 3‐2‐1.剛毛だと効果が高い? 3-2‐2.でも毛周期の関係で脱毛期間は長い? 4.剛毛の自己処理は難しい 4‐1.剛毛向きの脱毛ワックス 4‐1‐1.アンジェリカワックス 4‐1‐2.ヴィート脱毛ワックスシート 4‐2.家庭用脱毛器で

  • 白髪脱毛に向いている脱毛方法とは

    一般的に老化のサインの1つとみられている白髪。早い人だと30代から白髪が見られるようになる人もいます。白髪というと、髪の毛を想像する人が多いと思いますが、白髪になるのは髪の毛だけではありません。アンダーヘアなども白髪になります。ここでは、白髪と脱毛に焦点を当ててお話していきたいと思います。 目次 1.白髪とは? 1‐1.白髪が生える原因 1‐1‐1.老化などによる色素細胞の機能低下 1‐1‐2.ストレス 1‐1‐3.栄養不足 1‐1‐4.遺伝 1‐1‐5.病気 1‐2.白髪が生えやすい部位は? 1‐3.エステやクリニックの機械では脱毛できない? 1‐4.メラニン色素とは? 2.電気脱毛、針脱毛なら脱毛できる? 2‐1.針脱毛の気になる痛みは? 2‐2.通常のレーザー脱毛より時間がかかる? 2‐3.針脱毛の気になる費用は? 2‐4.白髪になる前に脱毛し

  • 人気の医療レーザー脱毛器の種類、効果、特徴まとめ

    モデルやタレントといったテレビなどのメディアで活躍する芸能人は、みんなムダ毛のない、ツルツルのボディを持っています。「私もあんな風になりたい」と憧れたことのある方は、多いのではないでしょうか? いくらお肌のケアを頑張ってもムダ毛があると、イマイチおしゃれも決まらないものです。脱毛方法にはいろいろな種類がありますが、安全でレベルの高い仕上がりを目指したいなら、医療脱毛という選択肢がおすすめです。 今回は医療脱毛の中でもスタンダードな医療レーザー脱毛器の種類、効果、特徴などをまとめました。また最新脱毛器と東京、大阪などでそれが受けられるクリニックも紹介します! 目次 1自分の肌に合う脱毛器がわかる!人気の医療レーザー脱毛器の種類、特徴まとめ 1-1.自己流処理に疲れたら医療レーザー脱毛! 1-2.医療レーザー脱毛

  • ダイオードレーザーの脱毛効果とは。産毛、色黒肌もOKの理由

    脱毛サロンや家庭用脱毛機で行う脱毛と違って、より高い脱毛効果が期待できる医療レーザー脱毛。この中でも脱毛用レーザーのスタンダードとして使用されているのが、ダイオードレーザーです。脱毛に使われるレーザーはダイオードレーザーの他にもアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーなどがあります。ここではダイオードレーザーがどんなものか、詳しく説明していきます。 目次 1.ダイオードレーザーってどんなレーザー? 1-1.ダイオードレーザーとは 1-2.ダイオードレーザーの効果 1-3.ダイオードレーザーのデメリット 1-4.アレキサンドライトレーザーとの違い 1-5.ヤグレーザーとの違い 2.ダイオードレーザーの施術 2-1.ダイオードレーザーの施術プロセス 2-2.ダイオードレーザーの価格 2-3

    この記事は、
    いなばクリニック
    稲葉岳也医師が監修しています。

  • 子供脱毛の口コミ、料金など。できるクリニックはここ

    女性にとってマストになりつつある全身脱毛のケア。脱毛にかかる費用が安くなってることからも、プロの手で手入れをしてもらうという考え方が浸透してきていますよね。さらに、最近では子供に脱毛を受けさせたいと考える人も増えているのだとか。でも、子供に脱毛を受けさせる場合、大人以上に安全性や皮膚、体への影響が気になるところ。子供の脱毛はどんなやり方で、どこで受けるのが適しているのでしょうか。 1.子供の脱毛、なぜ必要なの? 1-1.子供の脱毛、いつからできる? 1-2.子供のための脱毛クリーム 1-3.家庭用脱毛機は子供に使える? 1-4.子供が脱毛できるサロンはある? 2.子供が脱毛できるクリニックはある? 2-1.子供が脱毛を受けるクリニックのチェックポイント 3.まとめ 1.子供の脱毛、

  • うなじ脱毛の回数、範囲等を調査。襟足脱毛との違いは?

    髪をまとめると目立つ「うなじ」は、脱毛で人気のある部位です。普段は隠れているのでケアを怠りがちですが、手入れをしている人としていない人の差がはっきりと出るパーツでもあります。ここでは、うなじ脱毛のメリットとデメリット、料金、回数、自己処理の方法、襟足脱毛との違い、気になる範囲などについて解説していきたいと思います。 目次 1.うなじが濃いとこんなデメリットが! 1-1.うなじ脱毛と襟足脱毛の違いは? 1-2.うなじを脱毛することにはデメリットもある? 2.市販のクリームでも脱毛できる? 2-1.うなじに使用できるクリームにはどんな商品がある? 2-2.クリーム以外の自己処理方法は? 2-3.理容室で処理してもらえる? 3.うなじ脱毛の脱毛回数は? 3-1.産毛の毛周期は? 4.うなじ脱毛にまつわる疑問 4-1.襟足の理想の形は? 4-2.髪の毛(おくれ毛)

    この記事は、
    やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院
    宇井千穂医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク