イケメン医師のコラム一覧

  • ヴェアリークリニック 井上裕章医師【イケメン医師に会いたい! 第十五回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第十五回は、東京六本木、ヴェアリークリニック(Veary Clinic)の井上裕章(いのうえひろあき)先生です。 東京大学医学部卒業後、骨盤臓器の外科手術を専門としてがん治療に携わる中、ある患者さんとの出会いをきっかけに医師としての価値観が大きく変わり、美容医療の分野へ。 不感症、婦人科形成などデリケートゾーンの悩みを美容医療で解決すべく男女の下半身美容に特化するクリニックを立ち上げました。一般的に男性医師が婦人科形成を診ることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、井上先生の論を聞くと目から鱗とも言える気づきが。 綾野剛然としたルックスと声。鉄門出身を感じさせない気さくさ。カウンセリングでなにより安心感が重要になってくる治療分野で、この先生には一度相談してみようと思わせる雰囲気があります。診療中にはなかなか聞けないプライベートもしっかり教

    この記事は、
    Veary Clinic(ヴェアリークリニック)
    井上裕章医師が監修しています。

  • 水の森式ヒアルロン酸リフトを竹江総院長が詳細解説

    従来のヒアルロン酸注入とは異なり、“埋める”ではなく、“引き上げ”(リフトアップ)の概念で施術を行うヒアルロン酸リフト。現在テレビや雑誌でも取り上げられ、注目されています。水の森美容外科総院長の竹江先生にヒアルロン酸リフトについて、他のエイジング治療との比較もまじえながら、わかりやすく解説していただきました。 今までのヒアルロン酸治療とは何が違うの?糸のリフトの方が効果的なのでは?そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。治療の根本的な考えから丁寧に説明されているので、初めてエイジングケア治療を検討されている方は必見。40代後半男性のモニターさんによるビフォーアフターの写真付きで、女性だけではなく男性の中高年層にも興味深い内容になっています! 顔全体のリフトアップは手術というケースが多かったのが、ヒアルロン酸注入で対応できるように進化しました ー今回はエイ

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • 美容外科への転身とその理由〜対談・高野敏郎医師(プリモ麻布十番クリニック)✕北条かや〜連載「イケメン医師に会いたい!」

    美容外科のドクターは、ふだん何を考えているのだろう。CMに出てくる先生たちは、爽やかな笑顔で私たちを迎えてくれるけど、実際に何を思って働いているのか、本当のところは見えてこない。これまでのキャリアや、大切にしている理念、得意分野……もっと知りたい、ドクターへのインタビューシリーズ。今回は、長く大学病院で勤務していたという異色!?のドクター、プリモ麻布十番クリニック(東京都港区)の高野敏郎先生に迫りました。 ※この記事は高野先生がプリモ麻布十番クリニックに在籍されていた当時の記事です。 「もともと美容外科に興味があって形成外科に入局した」 北条かや(以下H):はじめまして。お写真で拝見するよりずっとイケメンですね……! 高野先生(以下T): いえいえそんなことは……(笑)。今日はよろしくお願いします。 H:先生はプリモ麻布十番クリニックに入られてほやほや、と伺ったのです

    この記事は、
    KAUNIS CLINIC
    高野敏郎医師が監修しています。

  • 水の森美容外科 総院長 竹江渉医師【イケメン医師に会いたい! 第四回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第四回は愛知県名古屋市、東京都中央区銀座等に5院を展開する水の森美容外科の竹江渉(たけえ わたる)総院長です。 脂肪吸引をはじめとして、美容外科における施術のほとんどを提供し、水の森美容外科の総院長として、各地のクリニックで施術をされています。 インタビューの印象は最後まで“ストイック”。ご自分のクリニックの行末だけでなく、業界全体のことまで考えて日々診療されている様子が伝わってきました。爽やかな外見の中に秘めたメラメラ燃える気持ちが! 医師としての仕事を確立し、いつの日か独立して、故郷に病院を建てたいと思っていました ー医師を志した理由を教えてください。 竹江先生(以下T):父が北海道北見市で医師をしていて、自然となるものだと思っていました。ただ、最初から美容外科に行こうと決めていたわけではありません。大学入学前に父をなくし、経営

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • 水の森美容外科 東京新宿院 津田智幸医師【イケメン医師に会いたい! 第五回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第五回は全国に4院を展開する水の森美容外科東京新宿院の津田智幸(つだ ともゆき)院長です。 笑顔が優しい津田院長。医師として憧れているお父様のことや患者様への思いを語ってもらいました。医療に対し、誠実でまじめな一面と少し意外な?プライベートを併せ持つ津田先生の充実のインタビューをどうぞ! 傷をきれいに治すことが、形成外科の中でも楽しく、僕の中でもやりがいがありました ー医師を志した理由を教えてください。 津田先生(以下T):父親、祖父が医者として働く環境で生まれ育ち、僕も父親の背中を見て、必然的に医者になろうと思いました。 ー大学ご卒業後の経歴を教えてください。 T:東京三鷹市にある杏林大学に通っていました。その後、大阪に戻り臨床研修、一般病院で研修医を終え、引き続き、形成外科で5年勤務し、美容外科に移りました。 ー美容医療にシフトチェ

    この記事は、
    水の森美容外科 新宿院
    津田智幸医師が監修しています。

  • プリモ麻布十番クリニック 大岩宏維医師【イケメン医師に会いたい! 第九回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第九回は東京都港区・麻布十番にあるプリモ麻布十番クリニックの大岩宏維(おおいわひろつな)先生です。 高身長で顔が小さく、スラッとした佇まいに、あの知る人ぞ知るセレブメディア『東京カレンダー』にも出演歴があるメディアも認めたイケメン・大岩先生。インタビューでは、ご自身のコンプレックスをきっかけに美容の分野に興味を持ち、美容医療の土台と言われる形成外科で研鑽を積んだ過程、美容医療の役割や患者様に対する使命感についての考えを語っていただきました。誠実で物腰が柔らかい大岩先生のプライベートな部分も垣間見れる充実のインタビューをどうぞ! 美容医療を目指したきっかけは、思春期に、ニキビがひどくて悩んでいました。ある皮膚科に行ったときに、劇的に改善しコンプレックスが治ったことが、メンタルにすごくプラスに感じたことです ー大岩先生が医師を志した理

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大岩宏維医師が監修しています。

  • アーククリニック 加藤雄大医師【イケメン医師に会いたい! 第十四回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第十四回は、東京・渋谷の中心地に開院したアーククリニック院長の加藤雄大(かとう たけひろ)先生です。
 骨切りの輪郭形成術から美容皮膚科まで幅広いメニューを揃えたアーククリニック。多くの相談が寄せられる「かわいくなりたい」という漠然とした悩みを解決に導くプロセスとは?美容外科医院長のクリニックで、これだけ皮膚科メニューが充実している理由は? 一瞬城田優にインタビューしている錯覚におちいるほどの高身長でイケメン、だけど語り口はわかりやすく、ゆっくりと。ウラオモテを感じさせない雰囲気は、悩みのひとつも話したくなるかも。 外科医としてのポリシー、大手美容外科を退職し、開院した経緯、アウトドア派のプライベートの過ごし方までじっくり伺ってきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な

    この記事は、
    アーククリニック
    加藤雄大医師が監修しています。

  • 品川美容外科 新宿院 板井徹也医師【イケメン医師に会いたい! 第十一回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第十一回は美容医療を全国に提供し続けて31年、品川美容外科新宿院院長の板井徹也(いたいてつや)先生です。 俳優の玉木宏さんを彷彿とさせる爽やかな笑顔と落ち着いた優しい語り口調が印象的です。もともとは救急医としての経歴をもち、同期の医師からの誘いで美容医療に転身された板井先生。リピーターの患者様を大切にするクリニックの院長として、患者様と真摯に向き合い、クリニックグループ全体のことまで考えて日々の診療をされている姿勢が見えました。 板井先生に美容医療に対して感じていることや、話題の治療や流行しそうな美容医療について詳しく語っていただきました。 父親は頭が良く、真面目で生徒会長を務めるような人でした。医学部を目指していましたが、当時は医学部に行かせる資金がなく、進学を断念した父の願いを叶えたいと思いました ー医師を志した理由を教えて

    この記事は、
    品川美容外科 新宿院
    板井徹也医師が監修しています。

  • コスメディカルクリニック シンシア 銀座本院 安嶋康治医師【イケメン医師に会いたい! 第十回】

    人気企画「イケメン医師に会いたい!」第十回は美容医療の激戦区、東京・銀座に本院を構えるコスメディカルクリニック シンシアの安嶋康治(あじま やすはる)先生です。 形成外科で長年経験を積み、総合病院の形成外科部門の立ち上げをしていた安嶋先生が美容医療の分野に進出です。所属されているコスメディカルクリニック シンシアは患者様のニーズに答えるべく、幅広いメニューを取り扱い、銀座=お高いの印象を払拭するリースナブルな価格で美容医療を提供しています。 笑うとクシャっとなる少年のようなお顔がかわいい安嶋先生の医師としての働き方や、家族への思いなど充実のインタビューをどうぞ! ※この記事は安嶋先生がコスメディカルクリニック シンシア銀座本院に在籍されていた当時の記事です。 自分の培ってきた技術を以って地域に形成外科を広めたいという思いから、大学の医局を退職して、埼玉県の総合病院に自

    この記事は、
    あじまビューティークリニック
    安嶋康治医師が監修しています。

  • 東京美容外科 大阪 梅田院 木村幸志伊医師【イケメン医師に会いたい! 第三回】

    美人女医インタビューと双璧をなす人気企画「イケメン医師に会いたい!」の第三回は東京美容外科の東京銀座院の木村幸志伊(きむら こうし)院長です(現在、大阪梅田院にて勤務)。 筋トレが趣味なだけあり、外見は精悍という言葉がよく似合います。 形成外科を基礎とされ、得意とされている輪郭形成術に関する箇所は特に丁寧に説明してくれました。銀座の一等地、美容外科の激戦区で日々診療されているイケメン医師の熱い言葉をどうぞ! ※この記事は木村医師が東京美容外科銀座院在籍時に取材をした記事です。 基礎と経験を積んだうえで美容に行きたと思い、形成外科に入りました ー始めに、医師を志した理由をお伺いしてもよろしいですか。 木村先生(以下K):もともと医師の家系ではなかったのですが、進路を考えるときに、美容師やクリエイティブの仕事がしたくて、医療とは関係ない畑で働きたいと思っていました。その

    この記事は、
    東京美容外科 大阪 梅田院
    木村幸志伊医師が監修しています。

  • イケメン医師の祭典! 美容外科医中心に16名を厳選!

    美容医療(美容外科・美容皮膚科)は、美を追求する世界だけあって、イケメン医師がたくさん。どうせ美を追求するなら、イケメン医師にやってもらいたい!痛いことも、辛いダウンタイムも、イケメン医師に励まされたら乗り切れそうではないですか? 日本全国津々浦々から、美容外科・美容皮膚科のイケメン医師16名を厳選しました。 見た目はもちろん、技術・知識共に確かなドクターたちなので、安心して美の追求を任せられます。最近気になるあの治療……カウンセリングで相談してみてはいかがでしょう? 堀田和亮(ほったかずあき)先生BIANCAクリニック(東京都中央区) 経歴抜粋 2009年日本大学医学部卒業 2016年THE MEDICAL SALON.統括医師 2018年BIANCA cosmetic surgery & medical spa開院 東京・銀座に自身の集大

Go to Top