水の森美容外科 総院長 竹江渉先生【イケメン医師に会いたい! 第四回】
2018.04.26 更新

この記事は、 水の森美容外科 総院長 竹江渉 先生 が監修しています。

人気企画「イケメン医師に会いたい!」第四回は愛知県名古屋市、東京都中央区銀座等に5院を展開する水の森美容外科の竹江渉(たけえ わたる)総院長です。

脂肪吸引をはじめとして、美容外科における施術のほとんどを提供し、水の森美容外科の総院長として、各地のクリニックで施術をされています。

インタビューの印象は最後まで“ストイック”。ご自分のクリニックの行末だけでなく、業界全体のことまで考えて日々診療されている様子が伝わってきました。爽やかな外見の中に秘めたメラメラ燃える気持ちが!

医師としての仕事を確立し、いつの日か独立して、故郷に病院を建てたいと思っていました

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

ー医師を志した理由を教えてください。

竹江先生(以下T):父が北海道北見市で医師をしていて、自然となるものだと思っていました。ただ、最初から美容外科に行こうと決めていたわけではありません。大学入学前に父をなくし、経営していた病院がなくなり、そのときはどうにかして自分の医師としての仕事を確立し、いつの日か独立して、故郷に病院を建てたいと思っていました。

ー大学ご卒業後の経歴を教えてください。

T:大学卒業後、2年間麻酔科に入局し、麻酔科標榜医を取得しました。大学時代は、体育会系のスキー部で厳しい練習に耐えて頑張りました。かなりの時間をスキーに割いたと思います。ただ大会で成績を残せず、そのときに挫折を経験しました。ただそれは無駄なことではなくて、そこでやったことが今に生きていると思っています。

HPのコラムにも書いたことがあるのですが、仕事でも何でも意識して、真剣に考えて、それを行動に移して実現していくということがもっとも大切だと考えています。私はそれがたまたま美容医療だっただけです。覚悟して行動するともいえます。

学生のときや医師になりたての頃、挫折や失敗はありましたが、意志をもってやっているとそれが後々糧になっているということは多々あります。

ビジネスの色が濃い「医業」をしているクリニックが多いと感じ、利益第一ではないクリニックを自分で設立することが目的になりました

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

ー美容医療を志した理由はなんでしょうか。

T:正直に言うと最初は消去法です。ただいざ美容外科に入ると、向いていたと思います。それまではどの分野を専門にしようか悩んでいましたが、光明が差した感じがして、これだ!と思って、それから道を究めるために突き進もうと決意しました。

また美容外科に入り、業界を知れば知るほど、利益至上主義が蔓延しているように思いました。医療ではなく、ビジネスの色が濃い「医業」をしているクリニックが多いと感じ、その頃から利益第一ではないクリニックを自分で設立することが目的になりました。

医師の技術水準、体制に関しても、高い利益を目指すあまり、犠牲になっているのではないかと感じたことが、自分のクリニックで医師の人材にこだわることに繋がっていると思います。

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

ー得意な施術を教えてください。

T:外科治療全般です。目だけうまい、鼻だけうまいではこころもとないというか、上手い医師は一部の部位だけでなく、すべてにおいて技術が高いと考えています。

脂肪吸引については例えばベイザーなどが一概に悪いといっているわけではありません。ここも前の話と繋がるのですが、クリニックが利益第一で、ホームページ、広告等で機械でどうにかなるとうたいすぎている傾向があると思います。道具ではなく、吸引する医師の技術が結果を左右することは言うまでもありません。

水の森美容外科の脂肪吸引

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

医師の技術レベルを高水準に保つため、研修等で共有し、全体的なレベルの維持、底上げすることに努めています

ー水の森美容外科の特徴を教えてください。

T:最大の特徴は医師についての採用、教育のこだわり、技術の統一にあります。わたしどもの理念に共感してくれる医師を少数精鋭で集めて、その医師の技術レベルを高水準に保つため、研修等で共有し、全体的なレベルの維持、底上げすることに努めています。

例えばあるクリニックに行って、複数医師がいたとして、医師によりオペの方法に大きな違いがあったり、美容医療に関する考え方に大きな違いがあると、患者様は困惑するかもしれません。

またどんなにうまい医師でも初めてのオペがあります。これは避けては通れないことで、どこのクリニックでもあると思うのですが、水の森美容外科では、無料モニターという形で患者様を募り、了解いただいた上で、お互いwinwinになるような方法をとっています。

無料カウンセリングを受ける

ー来られる患者さんに多いお悩みやこんな患者さんが多いというのはありますか?

T:患者様みなさま、クリニックや施術について詳しいです。これは年々そうなっていると感じます。ホームページ等の影響もあると思いますが、こちらもカウンセリングでしっかり丁寧にご説明して、真摯に対応しております。

例えば、脂肪吸引は水の森美容外科で実際に脂肪吸引を受けた患者様の体験談ブログを見て、「私も水の森美容外科で脂肪吸引をお願いしたい」とご予約をされる事が多いです。担当医師もご指名くださったり。当院にお越しになる患者様は本当に色々とお調べになってお越し頂いている方が多いです。

脂肪吸引のカウンセリングを受ける

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

当院独自の麻酔ということで麻酔コントロールはうまくできていると思います

ー痛み対策について教えてください。

T:基本的に静脈麻酔は眠っている間に使用していますので、手術中に痛みを感じないよう配慮をしています。麻酔の技術にはこだわっています。麻酔科の医師も呼びながら、吸入麻酔、笑気麻酔、あとは局所麻酔、静脈麻酔、これらをバランス良く配合して、当院独自の麻酔ということで麻酔コントロールはうまくできていると思います。

ー麻酔科ご出身というのも影響されていますか。

T:正直に言うとそれはあまりないかもしれないです。どの道も専門があります。私のやっていた麻酔は2年間なので、突き詰めたものではないと思います。第一線で活躍されている麻酔科の医師と、私の持ってる麻酔の知識では比べものにならないと思います。私は美容の医師ですから、あって損はないというぐらいのものだと思います。

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

業界編成をしたいです。営利の要素が強い環境が、患者様にとって不利益になっているので、正しい治療を勧めていきたい

ー分かりました。北海道や大阪、名古屋で展開されていますが、今後、水の森美容外科をどのようなクリニックにしていきたいですか?

T:全体的なことでいうと、業界編成をしたいです。営利の要素が強い環境が、患者様にとって不利益になっているので、正しい治療を勧めていきたいです。現在の美容医療業界は、効果が少ないものに、高額な料金を設定し勧める傾向が強いと思います。

正直、私が知る中で、個人で適切な治療を勧める医師はいるかもしれませんが、グループに所属している医師ではほとんどいません。営利の要素が強い環境で、グループ自体が大きくなっているからです。診療の内容を切り取ったときに、中身はどうなっているのかと聞くと、感心できない面が強いので、水の森美容外科グループとして、まっとうな医療を志してやることは、今までにない取り組みだと思います。

「水の森に行けば正しい情報が得られる」という、情報発信力にはグループの力も必要です。同じ志を持った医師を集めて、成長のスピードは遅いですが、まっとうな医療を志すことを目指しています。

正直、10人美容外科を志す医者がいるとしたら、しっかりと技術を身につけたいという医師は1割ぐらいです。9割は楽しくやって、お金が儲かればいいと考える医師ばかりです。その中の1割の医師を水の森美容外科は採用していくので、どうしてもクリニックの成長スピードは遅くなりますが、少数精鋭だとは思います。

竹江総院長の無料カウンセリングを受ける

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

水の森に行けば、絶対安心、というブランドイメージを築きたいと思います

ー竹江先生の基準をクリアした医師の方でも、クリニックに入ると継続して教育するということでしょうか。

T:そうです。売上を目的とする医師ではなく、正しい医療を提供するという、コンセプトの中で集まった医師の集団なので、意識の確認が一番大事だと思います。

ー一番こだわられてるところは、医師のレベルということでしょうか。

T:そうですね。将来的に水の森に行けば、絶対安心、というブランドイメージを築きたいと思います。

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

父親が作った病院を再興するということを、科は違えど、実現できるのではないかと思い北見で開院しました

ー店舗展開していく予定はありますか。

T:大掛かりな店舗展開は考えていませんが、全国の各主要都市で、患者様に適切な医療を受けられる環境を作りたいと思っています。福岡県からわざわざ大阪院まで来てくださる患者様もいます。でも、福岡県にクリニックがあれば九州の患者様はそこで診られますし、そういう意味では全国の主要都市には近いうちに作っていきたいと思っています。

水の森美容外科公式HPを見る

ー北海道の北見市にも分院があります。

T:北海道は、もともと父親が外科医で病院を経営していました。父親が亡くなったときに父親が一代で作ったものをもう一度、僕が作るんだという、子供ながらの夢がありました。

でも、美容外科という業種で開業した以上は、地方では需要が少なく難しい面もあります。地域医療ではありませんが、地元に病院を出すことは、最初に掲げた、父親が作った病院を再興するということを、科は違えど、実現できるのではないかと思い北見で開院しました。

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

ー北見市といえば、カーリングが話題になりました。昔からありますが、町を上げてカーリングは盛んですか?

T:そうですね。今は町をあげて盛り上げています。前まではそんなこともなかった気がします(笑)。

施術メニューを見る

ーお仕事のこと以外をお伺いします。オフの過ごし方、また趣味、特技などありますか?

T:今は仕事と家庭がメインです。子供がまだかわいい時期ですので。休みの日は極力子供と一緒に過ごします。趣味は、よく言えば育児になるのかもしれないですね。遊ぶだけなのですが。

ーイクメンですか?

T:何か世話をしてるわけではないですが、子供と一緒に過ごす時間を作りたいと思ってます。

ーお酒は飲まれますか?

T:お酒は嗜む程度です。飲みにいったりもほとんどありません。

水の森美容外科 銀座院 竹江渉院長

ーそうなのですね。体型からもストイックな生活を送られているのが伝わってきます。今日はありがとうございました。

T:ありがとうございました。

水の森美容外科 銀座院

水の森美容外科 東京銀座院
住所:東京都中央区銀座2-5-4ファサード銀座4F
電話番号:0120-248-603
診療時間:10:00~19:00

無料カウンセリングを申し込む

※竹江総院長の診察をご希望の場合、ご予約時にその旨お伝え下さい。

PR:水の森美容外科 撮影:田中利幸

竹江渉先生

竹江 渉(たけえ わたる)先生

医師。東京医科大学医学部卒。麻酔科標榜医。東京医科大学麻酔科、大塚美容外科、大手美容外科院長を経て、平成18年2月に水の森美容外科開院。東京、愛知、大阪など5店舗展開中。

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビル5F
最寄駅:地下鉄東山線、名城線 栄駅、名鉄瀬戸線 栄町駅、16番出口 徒歩3分
院長:西川 陽平 総院長:竹江渉
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区歌舞伎町一丁目6-1 シロービル5階
最寄駅:JR新宿駅東口徒歩約7分 丸の内線・副都心線・都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分
院長:津田 智幸
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座2-5-4 ファサード銀座4F
最寄駅:銀座一丁目駅6番出口より徒歩1分
院長:末永 裕信
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:大阪市北区曽根崎2-3-2 梅新スクエアビル地下一階
最寄駅:東梅田駅7番出口徒歩すぐ
院長:田川 大地
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta