美人女医のコラム一覧

  • 表参道スキンクリニック 大阪院 田中美紀医師【美人女医インタビュー第四十六回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十六回は、東京表参道、名古屋、大阪、沖縄に展開している、表参道スキンクリニック大阪院の田中美紀(たなかみき)先生です。 中学時代に通った皮膚科で美容治療をやっていて、それに感銘を受け、皮膚科医の道へ。美容に対して、医師としてはもちろん個人としてもストイックな感じがビンビン伝わってきました。美容に関して、数多くのことを試した結果、田中先生がイマおすすめする美容法とは!? クリニックでの肌治療だけでなく、自宅でのケアにも重きをおく姿勢など、美肌を目指すすべての方に読んでいただきたいインタビューです。 とにかくパワフルで、3人のお子さんの子育て、スケジュールいっぱいの予定、ミスコン出場など多趣味の内容も公開!仕事、人生に対する姿勢は、ワーママでなくても参考になりそうです! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療

    この記事は、
    表参道スキンクリニック 大阪院
    田中美紀医師が監修しています。

  • クエスク スキンクリニック 佐藤都雅医師【美人女医インタビュー第四十七回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十七回は、スキンケアを主体とした美容皮膚科を東京・汐留のイタリア街に開院した「クエスクスキンクリニック」の佐藤都雅(さとうみやか)院長です。 美肌に良いとされるものは数あれど、佐藤先生イチオシが、レチノール。こだわり抜いて開発し、自身のクリニックでドクターズコスメとして作成し、治療に欠かせないものに。またレチノールと美容医療機器のコンビネーション治療の相性も話してくれました。 使い方によって劇的に肌が変わるレチノールの魅力と効果とは?医療機器含めて、数多くの美肌治療を試してきた佐藤先生が至った結論は説得力あり! 私生活では二人のお子さんのママ、忙しい日々でのスキンケア方法など、どの年代の方もお肌の悩みがある方は必見です! 佐藤先生の笑顔で明るい雰囲気は、インタビューで語っていただいた「パワースポット的な空間でありたい」を体現するよ

    この記事は、
    クエスク スキンクリニック
    佐藤都雅医師が監修しています。

  • 城本クリニック 立川院 滝本磨理香 医師【美人女医インタビュー第四十五回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十五回は、全国25院を展開、30年以上の歴史がある城本クリニック立川院の滝本磨理香(たきもとまりか)先生です。 医師として目指しているのは「患者さんに寄り添う医師」。その理由は10代の頃にさかのぼります。 大学病院、米国留学を経て、城本クリニックで形成外科専門医として幅広いオペ治療を担当し、自分の施術体験も交えながらのエイジングケアでは患者さんの人気も高いそう。 インタビュー中の優しい雰囲気が親近感をグッと増し、モデル顔負けの高身長の滝本先生に、美容医療への想い、プライベートなどたくさん話していただきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・城本クリニックの特徴について ・美容医療の医師をしていてよかったこと ・来られる患者様の悩みについ

    この記事は、
    城本クリニック 立川院
    滝本磨理香医師が監修しています。

  • 原かや医師(八重洲形成外科・美容皮膚科)が語る“第3”のヒアルロン酸治療とコロナ禍での美容医療、SNS論など

    新連載企画『美容医療よもやま話』は、開業されている医師を中心に、最新の美容医療事情はもちろんのこと、経営論、医師論、SNS論、美容論など、メディアなどでもあまり話す機会のない視点のインタビューにしています。激変する美容医療業界で、普段どんなことを考えて診療しているのか、患者側からの視点ではなかなか見えないこと、美容業界裏話!まで、さまざまな角度からの質問で、医師の人柄、美容医療に対する姿勢がよくわかる! 第一回は、「美人女医インタビュー」にも出ていただいた東京駅チカの八重洲形成外科・美容皮膚科の原かや院長です。 目次 ・最近の美容医療の流れ ・開院してからの患者様に対する気持ちの変化、クリニックの運営方針の変化 ・男性の美容医療に対する意識の変化やどんなご要望が多いか ・美容女医としてのあり方、若手美容医師に対するアドバイス ・美容クリニック新規開院が多いことについ

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    原かや医師が監修しています。

  • RINクリニック銀座 中島菓(すみれーしょん)医師【美人女医インタビュー第四十四回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十四回は、中島菓(すみれーしょん)先生です。 美容皮膚科専門でフリーランス医師としRINクリニック銀座など複数クリニックに勤務しながら、YouTubeでは唯一無二のキャラクターを生かし美容医療だけではなく、韓国コスメ、旅行などの動画でフォロワーは万超えに。YouTubeと同様、今回のインタビューでもあの流行りの施術もバッサリ斬る美容医療への本音が炸裂! 美容の正しい情報を自分の考えた方法で伝えていくとことを使命とするすみれーしょんが考える医師としての働き方の理想とは?根っこには自分自身のニキビの悩み克服体験が。小柄で可愛らしい印象からは想像できないパワフルトークをどうぞ! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・フリーランス医師を選んだ理由について ・美容医療の医師をし

    この記事は、
    RINクリニック銀座
    中島菓医師が監修しています。

  • BIANCAクリニック 服部有美医師【美人女医インタビュー第四十三回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十三回は、表参道と銀座に展開するBIANCAクリニックの服部有美(はっとり ゆみ)先生です。 大学病院などで形成外科医(形成外科専門医取得)として7年勤めてから本格的に美容医療業界へ。形成外科時代に培った技術を生かし、眉下切開を始めとした切開系オペを得意とする服部先生。 患者様一人ひとりと向き合っているからこそできるカウンセリング時の提案、産後復帰の本音などここでしか読めない内容をたくさん語っていただきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・BIANCAクリニックの特徴について ・患者様に喜ばれたこと、印象に残っていること ・来られる患者様に多いお悩みについて ・痛み対策について ・女性のエイジングケア開始時期について ・自身で結果が出た美容医療施術について

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    服部有美医師が監修しています。

  • BIANCAクリニック 南寿美医師【美人女医インタビュー第四十二回】

    毎度反響が高い人気企画「美人女医インタビュー」第四十二回は、表参道と銀座に展開するBIANCAクリニックの南寿美(みなみ すみ)先生です。 美容外科、美容皮膚科問わず豊富な施術メニューを取り揃えているBIANCAクリニックでは、ドクター陣が、オールマイティに施術対応できるのが基本方針。その中でも、お顔の脂肪吸引やバッカルファット除去などの小顔にする治療、ヒアルロン酸注入を得意とする南先生。 プライベートもほとんど美容に費やす、大の美容好き。とても柔らかいトークで周りを癒してくれる雰囲気が、みんなが落ち着ける空間を作ってくれます。 BIANCAクリニックで働くきっかけや、メンテナンスでしている施術、オフの過ごし方などたくさん聞いてきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・BIANCAクリニックの特徴につ

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    南寿美医師が監修しています。

  • BIANCAクリニック 松田朋子医師【美人女医インタビュー第四十四回】

    五十回も見えてきた、人気連載「美人女医インタビュー」。第四十四回は、表参道と銀座で、幅広い治療を提供しているBIANCAクリニックの松田朋子(まつだ ともこ)先生です。 従来の施術も大事にしながら最新の美容治療も多く取り入れてるBIANCAクリニック。その中で美容医療に携わり約10年、カメラマンから医師という異色の経歴を持つ松田先生にエイジングケアを中心として、詳しく聞いてきました。 関西弁の柔らかいトークは、初めての患者さんもすぐに友達感覚で相談できそう。 前職から医師を目指すきっかけ、ご自身の美の秘訣、長年クマ治療を追求しているからこその美容医療観など、これを読めば松田先生がよくわかります。カウンセリング検討されている方は是非お読みください! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・BIANCAクリニッ

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    松田朋子医師が監修しています。

  • ゼティスビューティークリニック 守屋亜妃医師【美人女医インタビュー第四十一回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十一回は、東京・銀座と大阪にあるゼティスビューティークリニックの守屋亜妃(もりや あき)先生です。 院長の鉄先生の看板治療である鼻の治療以外にも多くのメニューを取り揃えていて、その中でも皮膚科治療、脂肪注入をはじめとしたエイジングケア、外科オペなど幅広く担当されている守屋先生。 皮膚科で経験を積み、もともと興味があった美容医療の道へ。ナチュラル志向に基づく患者さんへの提案や、紫外線対策の大切さなど、守屋先生の美容医療に対するスタンスがよくわかるインタビューになりました。 温かみのあるほんわかした雰囲気は、一朝一夕で醸し出せるものではなく、ついなんでも悩みを話したくなります。 見た目によらず!?実はアクティブだったプライベートや今後のビジョンまで詳細に語っていただきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医

    この記事は、
    ゼティスビューティークリニック 銀座院
    守屋亜妃医師が監修しています。

  • しのぶ先生(しのぶ皮膚科)✕Mattの「美容医療のホントのところ」Special対談!

    夢の美容対談がついに実現!東京都港区三田でしのぶ皮膚科を開業、テレビをはじめメディア出演多数の美人女医・蘇原しのぶ先生と『踊る!さんま御殿!!』『行列のできる法律の相談所』などの出演で話題、モデル・アーティストのMatt氏が美容について縦横無尽に語り尽くします! ブレイク前からしのぶ皮膚科で美肌治療を受けていたという筋金入りの美容マニアのMatt氏。美容皮膚科初心者にもわかりやすい視点の質問をしのぶ先生にぶつけます。美容界大注目のふたりによる美容医療ホンネSpecial対談をどうぞ!! 美容医療をやって綺麗になったときに、うつ病が治ったり、肌が綺麗になるだけで気分が上がるのね(しのぶ先生) マット、今日はよろしくお願いします。 こちらこそよろしくお願いします。さっそくですが、しのぶ先生が美容皮膚科医を目指した理由を教えてください。

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • 医療痩身Special対談! 下島久美子医師✕鈴木るり子医師(KUMIKO CLINIC)

    医療痩身の最新治療GLP-1治療をはじめ、クリニックで行われる痩身治療について、美人女医二人による対談が実現! 今や痩身機器治療の要となるクールスカルプティングをいち早く取り入れ、痩身治療全般に造詣が深い、東京都千代田区有楽町にあるKUMIKO CLINICの下島久美子院長先生と鈴木るり子先生に最新の痩身治療について語って頂きました。 内科出身の医師ならではの洞察を生かした痩身のお話はダイエットに興味がある女性だけではなく男性にも目から鱗な情報が満載です。読むだけで痩せるかも!? 基本はダウンタイムがない治療にシフトしています、どの医療の分野でもそうだと思います ー最近の美容痩身治療の動向やトレンドなど、先生方が感じられていることをお聞かせください。 はい。最近の動きとして、クリニックで導入が進みつつあるGLP-1という治療法は比較的新しい痩身治療になると思い

    この記事は、
    KUMIKO CLINIC
    下島久美子医師が監修しています。

  • 眉のアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が徹底解説!

    Call to Beautyでは常連の蘇原しのぶ先生(しのぶ皮膚科、東京都港区三田)がクリニックで人気のメニュー、アートメイクについて詳しく解説してくれました。 朝眉を描く時間がない、すっぴんでもしっかりした眉が欲しい、そもそも形がわからない……そんな女子がブチ当たるお悩みにしのぶ先生が出した答えとは!? 今後のリリースではアートメイクのアイライン、唇、頭髪の生え際の各部位も解説してくれるのでお楽しみに! 小顔になりたい、額の生え際の薄毛が気になる…額の生え際のアートメイクとは。しのぶ先生(しのぶ皮膚科)が症例つきでわかりやすく解説! アイラインのアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説!目力アップ効果で、すっぴんでも手を抜かない女子の新常識! 唇(リップ)のアートメイクでメイク時間短縮、理想の唇を実現!しのぶ先生がわかりや

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • アイラインのアートメイクをしのぶ先生が解説。監修アートメイク記事第三弾!

    蘇原しのぶ先生(しのぶ皮膚科、東京都港区三田)のメディカルアートメイク企画第三弾として、アイラインのアートメイクについて解説していただきました。 デザインが決まらなかったり、なかなか上手くアイラインを描けないことってありますよね?多くの女性にある悩みの解決を医療機関でしか受けられないアートメイクで。敏感な目元の施術も安心です。 目力アップ効果で、すっぴんでもナチュラルメイクをしているかのような印象に! しのぶ先生監修アートメイク記事の第一弾は眉のアートメイク、第二弾では小顔効果抜群の額の生え際のアートメイクについて、どちらもビフォーアフターの症例写真付きで解説して頂きました。まだ、読んでいない方はぜひご覧ください。 眉のアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説!朝時間がない方、すっぴんでも綺麗でいたい方必見! 小顔になりたい、額

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • 医療ダイエットについて湘南美容クリニック酒井医師が、医師と管理栄養士の観点から解説

    当サイトの人気企画、美人女医インタビューでも様々な美容医療について興味深いお話をしてくださった酒井先生ですが、今回は医師、管理栄養士として両方の観点から医療ダイエットについて掘り下げてお話を伺いました。 体型別にお薦めの食事と適した医療ダイエット、食べ物についての目からウロコのアドバイスや、酒井先生の体型維持、美容法など明日からマネしたい女子力超絶高め酒井先生の美容生活のTIPS満載でお送りします! ※この記事は酒井医師が湘南美容クリニック在籍時に取材をした記事です。 [X CLINIC 酒井知子医師【美人女医インタビュー第三十九回】] 目次 ・食事と美容の関係について ・切る(外科的治療)痩身治療と切らない痩身治療のメリット、デメリット ・体型別にオススメの食事と適した医療ダイエット方法 ・リンゴ型(内臓脂肪型) ・洋ナシ型(皮下脂肪型) ・部分痩せに効果

    この記事は、
    NEXUS clinic
    酒井知子医師が監修しています。

  • ダーマペンの効果をしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が解説!

    Call to Beautyでは常連の蘇原しのぶ先生(しのぶ皮膚科、東京都港区三田)がクリニックで話題のメニュー、ダーマペンについて詳しく解説してくれました。 気になるニキビ跡、治療が難しかったクレーターに救世主現る!またニキビ跡以外にも意外な箇所に効果が期待できる!?米国ではFDAに認可されていて、美容皮膚科でのレーザー治療が苦手という方にも。 ニキビは治ったけどニキビ跡がクレーターとして残ってしまった方に適しています ーダーマペンはどうのような治療ですか?患者様で1番多いお悩みを教えてください。 しのぶ先生(以下S):ニキビ跡や特にクレーターに効果がある治療です。例えば傷ができたときに、人の体は傷を治そうという自然治癒力が生まれます。同じような原理で、わざと傷をつけて肌の再生を促す治療です。 昔大きなニキビがあって、ニキビは治ったけどニキビ跡がクレーターとして残ってしま

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • 女医がすすめる20代後半からのたるみ治療〜対談・原かや院長(八重洲形成外科・美容皮膚科)✕北条かや〜

    「25歳はお肌の曲がり角」なんていうけれど、当時はまだまだ若かった。30歳が近づくにつれ、気になる頬のたるみ、毛穴、目元……。アンチエイジングを始めるにはまだ早い気がするけれど、どんなケアをすればいいの?美容皮膚科・外科って怖くない?そんな疑問を解決すべく、八重洲形成外科・美容皮膚科院長の原かや先生にお話を伺ってきました。奇しくも先生は、インタビュアーの北条かやと同じ「かや」というお名前。勝手にご縁を感じ、対談は大盛り上がり。原かや先生にたっぷり、「ためになるアンチエイジングの話」を聞いてきましたよ!前編、後編に分けてお届けします。 若い人には、シミではなくたるみの治療がおすすめ 北条かや(以下H):先生は、形成外科のプロ、かつレーザー専門医・指導医でいらっしゃいます。今日は色々と、お肌のエイジングについてお伺いしようと思います。よろしくお願いします! 原先生(以下K)

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    原かや医師が監修しています。

  • 失敗しないクリニック・医師選びのコツは女医の顔にあり!?〜対談・原かや院長(八重洲形成外科・美容皮膚科)✕北条かや

    30歳。アンチエイジングを始めるにはまだ早い気がするけれど、どんなケアをすればいいの?美容皮膚科・外科って怖くない?そんな疑問を解決すべく、八重洲形成外科、美容皮膚科院長の原かや先生にお話を伺うシリーズ、後編です。かや先生の「美の秘訣」や、信頼できる美容外科の選び方など、内容盛りだくさんの後編、スタート! 前編はこちら女医がすすめる20代後半からのたるみ治療〜対談・原かや院長(八重洲形成外科・美容皮膚科)✕北条かや〜アラサーからのアンチエイジング前編 早い段階から施術して、40~50代になったときに綺麗でいられるのが理想 北条かや(以下H):タカナシクリニックの高梨先生いわく、実年齢マイナス3割は若見せできるらしいんです。エイジングの治療でどれくらい若返るか、知りたいのですが。 原先生(以下K):難しいですね。たとえば45歳で初めて美容外科に行って、若返る施術を考える

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    原かや医師が監修しています。

  • 八重洲形成外科・美容皮膚科 原かや医師【美人女医インタビュー第四回】

    美容医療に携わる美人女医の熱い想いをインタビュー形式で聞く連載第四回目です。 今回は東京駅近くの八重洲形成外科・美容皮膚科の原かや院長です。 形成外科から美容領域進出の経緯、現在でも診療にあたる大学病院と開業医の違いなどを語ってもらい、興味深い内容になりました。インタビューから、その真摯な想いが伝わってきますね。 手術や熱傷治療の傍らで、私の心を奪ったのは当時最先端の機器を揃えたレーザー治療です Q.1最初に医者の道を志そうと思ったのはなぜですか? 親族に医者が多く、小さな頃から空の注射器をおもちゃ替わりにしていたり、医者という存在が身近だったという点が大きいと思います。子供心に一族から頼りにされている叔父達の姿が格好良く映ったのだと思います。幼稚園の頃のアルバムに「将来の夢はお医者さんになること」と書いていました。 また、手塚治虫氏のブラックジャックというマンガが好きで

    この記事は、
    八重洲形成外科・美容皮膚科
    原かや医師が監修しています。

  • 麻布ビューティクリニック 中原静子医師【美人女医インタビュー第八回】

    全国の美人女医の美容医療に対する想いを掘り下げるインタビュー企画も今回で八回目です。今回は東京港区麻布十番にある麻布ビューティクリニックの中原静子先生です。麻布ビューティクリニックは女医の先生3名による、ボトックス、ヒアルロン酸等の「注入治療専門」クリニックです。中原先生ご自身のことはもちろん、クリニックの方針である注入治療専門を掲げる理念もうかがいました。 麻酔科というのは手術手技も熟知している必要があり、状態に応じて即座に判断して薬剤等を使用して対応する必要があります Q:医師になろうと思ったのはなぜでしょうか。その想いを教えてください 父親が医師で開業していたので、医師という職業・病院という場所は幼い頃からとても身近な存在でした。 なので、幼い頃から漠然と、医師になりたい、医師になって困っている人を助けたいと思っていました。そして進路を決める時期になってもほとんど迷いなく、医

    この記事は、
    麻布ビューティクリニック
    中原静子医師が監修しています。

  • タケダスポーツ・ビューティークリニック 武田りわ医師【美人女医インタビュー第十一回】

    恒例といって差し支えない美人女医インタビュー、今回は福岡県福岡市にあるタケダスポーツ・ビューティークリニック の皮膚科・美容皮膚科部門の院長である武田りわ先生です。 美容皮膚科を通して、肌のことだけでなく、女性の生き方自体をサポートしようとする姿勢が強く見えたインタビューでした。それではどうぞ! 受験校を決める時点で、「私は医師になる。今日この瞬間、自分の意志で決定した。これからは親を言い訳にしない」と決意しました ー医師という職業を意識されたのはいつ頃ですか?またその理由はなんでしょうか。 武田先生(以下T):看護師だった母の影響で、病院に出入りすることが多かったのと、母からの期待もあり(苦笑)、小学生の頃から医師という仕事は意識していました。 ただ、真剣に考え始めたのは進路に応じて選択科目を決める高校生の頃。インテリアが好きだったり、絵を描くのが好きだったり、英

    この記事は、
    タケダスポーツ・ビューティークリニック
    武田りわ医師が監修しています。

  • 品川スキンクリニック 品川本院 田中智佐子医師【美人女医インタビュー第二十五回】

    美人女医インタビュー二十五回目は、品川スキンクリニック品川本院の田中智佐子先生です。取材時の写真からも伝わってきますが、とにかく明るく笑顔で、質問内容にも丁寧すぎるくらいに答えてくれました。 若い頃から、美容皮膚科通いをしていた筋金入りの美容マニアの一面もあり、お肌にツヤとハリがあります!アンチエイジング、美肌についてカウンセリングでないと聞けないような濃いインタビューをご覧ください! 小さい頃、最初になりたかったのは魔法使いですが(笑)、その次になりたかったのは医者です ー医師を志した理由をお伺いしてもよろしいでしょうか。 田中先生(以下T):父が医者でしたので、自然にという感じです。 ーお医者さまですか。 T:はい。小さい頃、最初になりたかったのは魔法使いですが(笑)、その次になりたかったのは医者です。それが今では合体して一応夢が実現してると思われ

    この記事は、
    品川スキンクリニック 品川本院
    田中智佐子医師が監修しています。

  • 表参道美容皮膚科 原宿本院 三宅真紀医師【美人女医インタビュー第十四回】

    美人女医インタビュー、今回は表参道美容皮膚科原宿本院の三宅真紀先生です。美容皮膚科のプロフェッショナルで、レーザー治療、ヒアルロン酸、ボトックスなどのアンチエイジング系注入治療に造詣が深く、数多くの症例を経験されています。そんな美人女医に、お肌のケア法から医師の指導法まで聞いてきました。 学生時代から、コスメやスキンケアなどの美容に関する情報に敏感で大好きでした ー医師という職業を意識されたのはいつ頃ですか?またその理由はなんでしょうか。 三宅先生(以下M):高校生の頃です。 私の父が開業医で実家とクリニックが同じ敷地内にあったため、医師という職業は常に身近にありました。小さい頃は身近過ぎて医師にだけはなりたくないと思っていましたが、自然と医師を志すようになりました。 ー大学をご卒業されてからの簡単な経歴を教えてください。 M:大学卒業後は都内の総合病院で2年間、

    この記事は、
    表参道美容皮膚科 原宿本院
    三宅真紀医師が監修しています。

  • 麻布皮フ科クリニック 川嶋千朗医師【美人女医インタビュー第十六回】

    回数を重ねてきた美人女医インタビュー、今回は東京恵比寿駅から徒歩ですぐの麻布皮フ科クリニックの川嶋千朗院長です。開業されて15年になり、土地柄外国人の患者さんも多いのだとか。皮膚科、美容皮膚科のエキスパートとして、クリニックのこと、美容医療への思いなどたくさん語ってくれました。 レーザー治療に興味を持ったのがきっかけで美容に進出するようになりました ー医師という職業を意識されたのはいつ頃ですか?またその理由はなんでしょうか。 川嶋先生(以下K):親戚に医師が多く、病院に彼らを訪ねた際などに白衣を着て働く姿に憧れを抱いたためです。 ー大学をご卒業されてからの簡単な経歴を教えてください。 K:東京都内、関西の皮膚科、美容外科での勤務を経て2002年に麻布皮フ科クリニックを開業しました。 ー多くの科目から皮膚科を選ばれた理由はなんでしょうか。また開業されようと思

    この記事は、
    麻布皮フ科クリニック
    川嶋千朗医師が監修しています。

  • S Beauty Clinic 山本祐未医師【美人女医インタビュー第十七回】

    今回の美人女医インタビューは、東京渋谷にあるS Beauty Clinicの山本祐未院長です。渋谷といっても、最近話題の“奥渋”の近くにあり、高級住宅街の主婦の方から、アパレルの店員さんまでさまざまな患者さんから頼りにされています。 医療痩身とアンチエイジング治療の二本柱のこと、なぜ大手美容外科の院長をやめてまで開業されたのか、じっくり話してもらいました。 小説に出てくるハンチントン舞踏病という難病の治療に携わりたいと思ったのが、医師を目指したきっかけです ーまず、お医者さんを志した理由を教えていただけますでしょうか。 山本先生(以下Y):人の「生老病死」、生きる、老いる、病、死ぬということですけども、「生老病死」に携わりたいなと思ったのがきっかけです。 ー医師はそれに一番深く関われる仕事だということでですか? Y:そうです。世の中で役に立つ仕事はいろいろあると思いますが、

    この記事は、
    S Beauty Clinic
    山本祐未医師が監修しています。

  • アーククリニック 河合朝奈医師【美人女医インタビュー第四十回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十回は、東京・渋谷センター街のど真ん中に位置するアーククリニックの河合朝奈(かわい あさな)先生です。 レーザー治療に関して、造詣が深く、日々研究している河合先生。ピコレーザー治療でのマニアックなひと工夫も解説してくれました。真っ白で、透き通るような肌の持ち主の気になる美容法は?紫外線対策、エイジングケアについての説得力あるお話は必見です。 仕事中心の日々のなかでも育児と両立をしているママ女医の河合先生のわかりやすく丁寧なインタビューをどうぞ! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・アーククリニックの特徴について ・ピコレーザーのメリットについて ・来られる患者様に多いお悩みについて ・痛み対策について ・女性のエイジングケア開始時期について ・自身で結果

    この記事は、
    アーククリニック
    河合朝奈医師が監修しています。

  • わかばクリニック 廣瀬能華医師【美人女医インタビュー第三十八回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十八回は東京港区・六本木にあるわかばクリニックの廣瀬能華(ひろせよしか)医師です。
 研修後、3年間救急医療の現場を経験をし、救急学会では優秀な医師におくられる『WADA AWARD』を受賞。分子整合栄養医学に精通し、内面からの美容を重視しています。 美容医療の医師を目指したきっかけから、インスタでのグルメ話までたくさん聞いてきました。 小さいことでも丁寧に答えてくれ、常に笑顔が絶えない廣瀬先生のインタビューです! 家族が本当に仲が良く幸せに暮らしていたため、どうしたらこんな風になれるんだろう?と常日頃から思っていました。まずは父と同じ医師になろうと思いました ーでは大学ご卒業後の経歴を教えてください。 H:大学は杏林大学医学部に通っていました。もともと体を動かすことが好きだったので、バスケットボール部に入り、男女一緒で、看護学

    この記事は、
    わかばクリニック
    廣瀬能華医師が監修しています。

  • モッズクリニック ボァイエ真希子医師【美人女医インタビュー第三十七回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十七回は東京中央区・銀座にあるモッズクリニックのボァイエ真希子先生です。
 自ら脂肪吸引・脂肪注入豊胸手術等、多くの美容外科手術を受けた経験からのカウンセリングは説得力があり、女性の気持ちに寄り添います。 脂肪吸引をはじめ、痩身、豊胸の外科治療の良さを世間に広めたい思いが伝わってくるインタビューになりました。 大きな声で笑って、周囲を一瞬で明るい雰囲気に変えるボァイエ先生の理想の美容医療論をじっくりどうぞ! 子供の頃、緊急オペで先生に助けていただいたことがありました。経済学部に入りましたが、やはりそのときの医師に対する尊敬や憧れがあり、仮面浪人をして、医学部に入りました ーボディの手術が好きなのはきっかけがあったのでしょうか。 B:私は運動をよくするので、ボディラインが変化していくのが好きです。妊娠で25キロぐらい太って、

    この記事は、
    モッズクリニック 東京院
    ボァイエ真希子医師が監修しています。

  • メンズクララクリニック 神林由香医師【美人女医インタビュー第三十六回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十六回は東京都港区南青山に男性メインの美容クリニックとして「メンズクララクリニック」を開院された神林由香(かんばやしゆか)先生です。 テーマはずばりナチュラル美容医療。先生のこれまでの美容皮膚科医としての経験から、すべての理想を具現化したのが、「メンズクララクリニック」。 世間の男性にも認知された感がある医療脱毛や筋肉増強や痩身などボディ系の機器を導入し、男性だけでなく、女性にも同じメニューを提供しています。 東京大学をやめて医学部に移った、才媛(+超絶美肌)神林先生の論理的で、丁寧な説明はクリニックが初めての方でも安心です! もともとずっと美容皮膚科をやりたくて医学の道に進みました ー美容医療を受けるのは女性が多いと思いますが、今回男性をメインとしたメンズクララクリニックを開院された理由を教えていただけますか。 K:理由は

    この記事は、
    メンズクララクリニック
    神林由香医師が監修しています。

  • 銀座TAクリニック 山田真里江医師【美人女医インタビュー第三十五回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十五回はエイジングケアのスレッドリフト術をはじめ、美容外科全般を扱い、全国に4院を展開するTAクリニックグループの主要拠点、銀座TAクリニックの山田真里江(やまだまりえ)先生です。 もともとはニキビ肌に悩まされていて、美容皮膚科を訪れたのが、美容の医師をやろうと思ったきっかけとのこと。インスタグラムではスキンケアなどの美容活動の情報を配信されていて、かなりの美肌の持ち主です。 外科系のオペもたくさんこなし、周囲をパッと明るくする華やかなオーラをまとっている山田先生に一度美容のお悩みを相談してみては? 何もできなかった悔しい思いから、手術の上手い医者になりたいと志すようになりました ー医師を志した理由 を教えてください。 山田先生(以下Y):幼い頃、近所で一緒に遊んでいた幼なじみが心臓奇形で手術をしたのですが、手術がうまくい

    この記事は、
    銀座TAクリニック
    山田真里江医師が監修しています。

  • X CLINIC 酒井知子医師【美人女医インタビュー第三十九回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第三十九回は東京渋谷区・恵比寿にあるX CLINICの副院長、酒井知子(さかい ともこ)医師です。 管理栄養士から医師という異色の経歴をもつ酒井医師。女医ママとして日々施術と育児に奮闘しています。二重術、豊胸術などデザインにもこだわりを持ち、女性目線と説得力あるカウンセリングには定評があります。 レストラン顔負けの丁寧な料理や華やかなテーブルメイキング、インテリアコーディネートの写真満載のインスタグラム経由のファンも多数いるそう。 そんな酒井医師が実際にコンプレックスを払拭した数々の美容施術体験のお話、大手美容外科からX CLINIC参画への経緯、気になるプライベートもしっかり話してくれたインタビューをご覧ください! ※この記事は酒井先生がX CLINICに在籍されていた当時の記事です。 目次 ・医師を志した理由は? ・大学

    この記事は、
    NEXUS clinic
    酒井知子医師が監修しています。

Go to Top