豊胸・バストのコラム一覧

  • 脂肪注入豊胸術のメリット、デメリットとは

    自分の体から吸引した脂肪をバストに注入してバストアップを図るのが脂肪注入豊胸です。脂肪注入による豊胸はシリコンバッグやヒアルロン酸など異物を入れる方法と比較して安心と感じている方も多いと思いますが、実際にはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。また、同じように吸引した脂肪を特殊な機械にかけてから使用する「コンデンスリッチ豊胸」とはどんな違いがあるのか?など、脂肪注入豊胸に関する疑問にお答えしていきます。 目次 1.脂肪注入豊胸とは 1-1.脂肪注入豊胸のメリット 1-2.脂肪注入豊胸のデメリット 1-3.脂肪注入豊胸の痛みやダウンタイムについて 1-4.脂肪注入豊胸、どのくらい定着する?効果は永久? 1-5.脂肪注入豊胸とコンデンスリッチ、ピュアグラフトの違いとは 1-6.脂肪注入豊胸の失敗例。しこりができる

  • ヒアルロン酸豊胸術の効果、しこり、硬さ、痛みについて

    「胸がもう少し大きかったら……」とため息をついたことはありませんか?女性なら誰もが憧れる豊かなバスト。でも、シリコンバッグを入れるような大掛かりな手術は怖くて受けられないという方も多いでしょう。そこで、考えてみたいのがヒアルロン酸注射による豊胸の施術です。ここでは気軽にバストアップできる印象のあるヒアルロン酸豊胸のメリットやデメリット、最新の情報などについて詳しく説明していきます! 目次 1.ヒアルロン酸による豊胸ってどんな施術? 1-1.ヒアルロン酸豊胸のメリット 1-2.ヒアルロン酸豊胸、何cc注入するのがオススメ? 1-3.ヒアルロン酸豊胸による授乳や乳がん検査への影響 1-4.豊胸に使用するヒアルロン酸の種類 1-5.ヒアルロン酸豊胸のデメリット。術後は痛い?マッサージは必要? 1-6.ヒアルロン酸

  • コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術(CRF)のメリット、デメリット、口コミなど

    「胸を大きくしたいけれど、術後の痛みが怖い」「いかにも豊胸した!というのではなく、ほどよくバストアップしたい」という人から注目を集めているのが、コンデンスリッチ豊胸術です。見た目や手触りが自然、ダウンタイムが短いなど、さまざまなメリットがあると言われているコンデンスリッチ豊胸がどんな方法なのか、デメリットも含めて詳しくご紹介していきます。 1.コンデンスリッチ豊胸とは 1-1.コンデンスリッチ豊胸のメリット 1-2.コンデンスリッチ豊胸のデメリット 1-3.コンデンスリッチ豊胸の施術プロセス 1-4.コンデンスリッチ豊胸のダウンタイムと術後経過 1-5.コンデンスリッチ豊胸の口コミ 1-6.コンデンスリッチ豊胸を受けた人のブログ 1-7.コンデンスリッチ豊胸、しこりができるのは失敗? 1-8.コンデンスリッチ豊胸の施術が受け

  • 陥没乳頭、真性と仮性の違いとは?

    今、陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)に悩む女性が増えていると言われています。陥没乳頭とは乳頭部分がへこんでいたり、平らだったりする状態のこと。見た目が不自然でコンプレックスを抱きやすいというだけではなく、そのままにしておくと将来的に授乳ができない可能性も出てきます。ここでは陥没乳頭の症状と真性、仮性の違い、保険適用で手術ができるかどうかなどについて詳しく説明していきます。 目次 1.陥没乳頭とは 1-1.陥没乳頭には真性と仮性がある 1-2.陥没乳頭の原因とは 1-3.陥没乳頭だと授乳ができない? 1-4.陥没乳頭と違う?扁平乳頭とは 2.陥没乳頭を改善する方法とは 2-1.陥没乳頭を改善するセルフケアグッズ 2-2.陥没乳頭の外科手術 2-3.陥没乳頭の外科手術は保険でできる? 2-4.陥没乳頭の手術は保険でやらないほうがいい? 3.まとめ

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 陥没乳頭の方法、リスクなど。条件を満たせば保険適用も

    皆さんは自分自身のバストに自信がありますか?ある、と答える方はそれほど多くないのではないでしょうか。バストの大きさやハリ、乳頭部分の色など、バストに関する悩みは意外に多いもの。そのなかでも人に相談しづらいのが、陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)です。陥没乳頭とはその名の通り、乳首がへこんで内側に入っている状態のこと。見た目でコンプレックスを抱きやすいほかにそのままにしておくと将来的に授乳ができないケースもあります。ここで陥没乳頭の悩みを解消する方法について、10人の先生方の見解をまとめてみました。 目次 1.陥没乳頭とは 1-1.陥没乳頭とはどんな症状? 1-2.陥没乳頭の原因とは 1-3.陥没乳頭だと授乳できなくなる? 2.陥没乳頭の悩みを解消する方法 2-1.陥没乳頭を改善するマッサージ 2-2.美容外科で行う陥没乳頭の手術 2-3.陥没乳頭手術後の再発について

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 胸が垂れる原因と普段の超カンタン筋トレで下垂予防!

    30代以降になると気になり始めるバストの下垂。特に胸が大きい人は貧乳に悩む人よりも胸が垂れやすいため、早めに胸が垂れるのを防ぐケアを始める必要があると言われています。ここでバストがなぜ垂れてくるのか、その原因とバストの下垂を防ぐ方法について、簡単な筋トレからクリニックでの治療まで考えてみましょう。 目次 1.胸が垂れる原因を知ろう 1-1.加齢による胸の下垂 1-2.出産による胸の下垂 2.胸が垂れるのを防ぐために 2-1.胸が垂れるのを防ぐ筋トレ 2-2.生活習慣の見直しやサプリメントを取り入れたケア 2-3.豊胸手術が下垂防止にもつながる 3.まとめ 1.胸が垂れる原因を知ろう 胸が垂れるのは年齢だからしかたない……と思っていませんか?しかし胸が下垂する原因は加齢だけではありません。まずは胸が垂れる原因

  • 理想のバストサイズが簡単な計算法でわかる! 理想の芸能人は?

    自分に合った理想のバストサイズをご存知ですか?他人と比べようとも比べづらいところですよね。しかし安心してください。今回は簡単に算出できる計算法とともに、理想のバストを持つ芸能人達の美乳の秘訣までをご紹介します! 目次 1.自分の理想のバストサイズを知ろう 1-1.理想のバストサイズの計算法とは? 1-2.理想のバストに大切なもの3つ 2.理想のバストを持つ芸能人3人! 2-1.小嶋陽菜 2-2.綾瀬はるか 2-3.吹石一恵 2-4.筧美和子 3.まとめ〜芸能人のサイズは、全体的に細め! 1.自分の理想のバストサイズを知ろう 1-1.理想のバストサイズの計算法とは? 理想のバストサイズは、人によってそれぞれで、それを算出する計算法があるのをご存知ですか。 それは身長を使って導きだされ

  • 豊胸手術って授乳に影響するの? 乳腺炎になりやすい?

    女性らしさのシンボルとも言える、ふっくらとした豊かなバスト。日本人は上半身が華奢な人が多く、より美しくなるために豊胸手術を考えている人も増えています。手術を受けるにあたって疑問や不安はいろいろあると思いますが、これから結婚・出産を考えている場合、特に気になるのが授乳の際に影響が出ないかということではないでしょうか。また初産の年齢が上がっている今、若い頃に受けた豊胸の影響が出ないか心配している方もいるかもしれません。ここで豊胸手術が授乳に与える影響、乳腺炎との関係について詳しく説明していきます。 目次 1.豊胸手術が授乳に与える影響 1-1.豊胸手術の種類 1-2.それぞれの手術方法が授乳に与える影響 2.豊胸手術と乳腺炎 2-1.乳腺炎とは 2-2.豊胸を受けた場合の乳腺炎の症状 2-3.豊胸を受けた人が乳腺炎

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 豊胸術で迷わないために知っておくべき知識のすべて

    これから豊胸術を検討してる方や少し興味があって情報が知りたい方へ向けて、豊胸術の知っておくべき知識の体系をおおくりする。各クリニックのホームページを比較検討した後では、知識の整理、疑問の解消として活用してもらいたい。 最近の主流の製品・方法、具体的にクリニックはなにをすすめているのか、方法別平均費用など知りたい情報はすべてある! 目次 1.読めば読むほど迷うクリニックホームページでの“豊胸術” 2.豊胸術の種類 2-1.プロテーゼ豊胸術(メリット、デメリット、体験談など) 2-2.脂肪注入法(メリット、デメリット、体験談など) 2-3.ヒアルロン酸豊胸術(メリット、デメリット、体験談など) 2-4.ハイブリッド豊胸術 3.豊胸術のわかりにくさをひとつずつ紐といていく 3-1.セリューション

  • 胸を小さくする方法教えます

    多くの女性が「胸を大きくしたい!」と切実に願うなか、今、大きな胸に悩んでいる女性が増えていると言われています。大手下着メーカーが販売している、胸を小さく見せるブラジャーも売り切れる店舗が出るほどの大人気。でも下着で胸を小さく見せるのには限界もありますよね。では、ここで胸を小さくする方法にはどんなものがあるか詳しく説明していきます。 目次 1.胸を小さくする方法ってあるの? 1-1.胸が大きいことのデメリットって? 1-2.胸を小さくする運動・筋トレとは 1-3.胸を小さくするためにできること 2.胸を小さくする手術とは 2-1.胸を小さくする手術の種類 2-2.胸を小さくする手術の費用は? 3.胸を小さくする方法ってあるの?まとめ 胸を小さくする方法ってあるの? 上半身は華奢で下半身が太めの体型の人が多

  • 出産後のボディラインとバストに、脂肪吸引+脂肪注入豊胸を。水の森美容外科総院長が徹底解説

    今回は全国5カ所に展開する、水の森美容外科の総院長である竹江渉先生に、脂肪吸引と取った脂肪を使ってバストアップする脂肪注入豊胸について、詳しく解説して頂きました。 通常の脂肪吸引のメリット、デメリットはもちろん、産後の女性の多くが直面するボディラインの悩み、授乳後のバストの萎縮などのお悩みについてもその解決法を丁寧且つ明確にお答えいただきました。 目次 ・水の森美容外科の脂肪吸引の特徴 ・脂肪吸引の失敗とは ・脂肪吸引で取れる脂肪量は? ・脂肪吸引後の圧迫の重要性 ・産後の身体の弛み ・産後に脂肪吸引、脂肪注入豊胸するメリット、デメリット ・一度の施術で胸に脂肪注入できる量 ・脂肪注入豊胸でできるしこりとは ・脂肪吸引のダウンタイム ・脂肪吸引後のリバウンドはこうして起こる ・脂肪注入豊胸の定着率を高めるコツ ・脂肪吸引、脂肪注入豊胸のカウンセリ

    この記事は、
    水の森美容外科 名古屋院
    竹江渉医師が監修しています。

  • 豊胸術のリスクを美容外科医が教えます

    大きなバストを求める女性の要望に対応するために、バストサイズを確実に大きくする方法がプロテーゼを用いた豊胸術になります。ここではプロテーゼを用いた豊胸手術を中心に解剖から、リスク、ダウンタイムまで分かりやすく解説します。 豊胸術・プロテーゼ挿入位置はこうして決める ご自分のバストがどのようになっているか、想像したことはありますか?皆さまのバストは、下のイラストの様に筋肉組織、乳腺組織、皮膚および皮下脂肪から構成されています。 体質や体格、希望する豊胸手術によって、どこに何を入れるかが異なり、当然ながらダウンタイムなどにも影響してきます。プロテーゼの場合ですと、代表的な挿入位置は乳腺の下層、大胸筋表面にある筋膜の下層、大胸筋の下層の3種類です。 この3種類の中で感染、拘縮といったリスクが相対的

    この記事は、
    プリモ麻布十番クリニック
    大場教弘医師が監修しています。

  • 胸を大きくする方法教えます。もう1カップあれば…

    胸を大きくする方法といえば、マッサージや下着での矯正などさまざま方法がありますが、美容外科での豊胸手術もひとつの選択肢です。 最近では、気軽とまではいきませんが、施術を受ける方も多いです。 一般では胸に人工物をいれる方法をイメージする場合が多いですが、さまざまなやり方があります。 今回は胸を大きくするための豊胸手術の最新事情について、クリニックや医師による見解を、いろいろとまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。 美容外科による代表的な豊胸手術(胸を大きくする方法)の種類 コンデンスリッチ豊胸術 “<特徴> コンデンスリッチ脂肪注入は、吸引した脂肪から、しこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮(コンデンス)した新鮮なリッチファット(CRF)だけを注入する施術法です。定着率が高くしこり(石灰化)が起こりにくいのが特徴です。”(湘南

  • 陥没乳頭でも授乳はできる? 原因から治療法まで

    母乳は赤ちゃんにとって大切な栄養源であり、授乳を行うことによって、お母さんと赤ちゃんの結びつきがより深くなるといわれています。ところが、その大切な授乳シーンで乳頭が奥にひっこんでしまう陥没乳頭という状態に悩まされることがあります。陥没乳頭とはどのような状態か説明させて頂くとともに、治療法など医師の見解を取り入れながら解説して行くことにします。 もくじ 1.陥没乳頭とは 2.母乳のメリット・デメリット 3.陥没乳頭になってしまったときの授乳方法 4.陥没乳頭の治療法その1 5.陥没乳頭の治療法その2 まとめ 1.陥没乳頭とは 陥没乳頭とは、乳頭の中央部分がなんらかの原因によって内側に引っ込んでしまった状態を指し、仮性と真性に分類されています。この違いは、仮性であれば乳頭が刺激されることにより徐々

Go to Top