眉毛は顔の印象を左右する重要なパーツですよね。だからこそ放置しておくのは厳禁。こまめに抜いたり剃ったりと日々のケアが必須です。ただケアの重要性は分かっていながらも「あぁ、なんて手間なんだろう……」「数日前にきれいにしたのにもうのびてきてる……」「気をつけてやっていたのに失敗しちゃった……」と眉毛の処理を面倒に感じている方も少なくはないはず。この日々の面倒な眉毛処理の解決法の一つに眉毛脱毛があります。「え、眉毛って脱毛できるの!?」と思う方もいるかもしれませんが、眉毛も脱毛ができるんです。そこで今回は眉毛脱毛の実際について詳しく解説していきます。

眉毛脱毛のメリット

column137

眉毛脱毛をすることで手に入るメリットは4つあります。
まず一つ目は自己処理をする時間・手間が削減できるということです。自己処理に要する時間は1回1回はそこまで長くはありません。ですが、それを人生の中で何回もやるとなると膨大な時間を割くことになります。特に顔の毛は体の他の部位に比べ毛が生え変わるスピードが早いため処理をする頻度も多くなりやすいです。その手間が省けるのは大きなメリットと言えそうです。

二つ目は肌への負担が軽減できるということです。眉毛の自己処理をする場合はカミソリや毛抜きを使用することが多いです。カミソリは使用するたびに肌に細かい傷をつけてしまいますし、毛抜きは無理やり毛を抜くことで毛穴に大きなダメージを与えます。いずれの方法で行っても肌への負担は大きいのです。眉毛脱毛をすることで自己処理の頻度は減っていくのでその分肌に与える負担を少なくすることができます。

三つ目は剃り跡が残らないということです。カミソリで眉の形を変えると、剃った部分が青く見えてしまい、形は整えているのに仕上がりがきれいに見えないということもあります。人によっては青く見える部分を毎日コンシーラーで隠しているという人も。眉毛脱毛をすることで剃り跡を気にすることもなくなります。

四つ目は何よりきれいな眉を長期間キープできるということです。自己処理によって一度満足のいく眉の形にできたとしても、すぐに周りの毛が伸びてきてしまい、処理をしたら今度は形がしっくりこない。そんな経験はないでしょうか? 眉毛脱毛をすればきれいな状態でキープすることが可能となります。
手間をかけずにきれいな状態でキープをすることができるなんて、眉毛脱毛を早速やってみたくなりますよね。

眉毛脱毛のデメリット

次は反対に眉毛脱毛のデメリットについてみていきましょう。眉毛脱毛のデメリットは3つあります。
一つ目は照射後一時的に肌トラブルを起こす可能性があるということです。これは眉毛脱毛に限った話ではなく、体のどの部位でも起こりうることですが照射後に赤みや炎症を起こす場合があります。とくに眉毛は顔のTゾーン部分に位置しているので皮脂の分泌が多く、脱毛の刺激で毛穴が炎症を起こしてニキビができてしまうこともあります。

二つ目は医療脱毛などの永久脱毛をした場合はもう生えてこなくなるということです。これはメリットでありデメリットでもあります。理想の眉の形で作れれば問題ないのですが、脱毛を担当するナースさんとの仕上がりの共有ができていなかったために「思ったよりも細くなってしまった……」なんてこともあります。
またそのときは理想の形でも月日が経ったときに理想とする形が変わってしまい、しっくりこなくなるなんてこともありえます。

三つ目はそもそも眉毛脱毛をしているところが少ないということです。今では医療脱毛クリニックの数もかなり多くなってきましたが、眉毛脱毛は目が近くリスクが高いという理由から施術を行っていないところが非常に多いです。眉毛脱毛は何度か通う必要があるので、住んでいる地域によっては通えるところを探すのも一苦労な方々もいることでしょう。

メリットがあれば必ずデメリットも存在します。どちらもしっかりと理解した上で、それでも自分は眉毛脱毛をした方がお得だと感じるのであれば是非挑戦してみましょう。

眉毛脱毛はどうやってやるの? どこでできるの?

column137

眉毛脱毛をするにはレーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛の3種類の方法があります。それぞれにもまたメリット・デメリットが存在します。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで行われる脱毛方法となり、永久脱毛をすることが可能です。レーザー脱毛の中には蓄熱式といって、低い出力のエネルギーをじわじわと与えながら脱毛していく方法があります。
この場合は大きな照射面でなおかつ肌の上をスライドして照射していくことになるのであまり細かい操作ができません。そのため眉毛のように細かくデザインする必要がある部分を照射するには不向きとなります。

一方、熱破壊式というピンポイントで一度に高い出力を与えることで脱毛する方法であれば細かい部分のデザインが可能となります。なのでレーザー脱毛で眉毛脱毛を考えるなら熱破壊式でやるのがおすすめです。ただし、熱破壊式はメラニンが少ない毛には反応しにくいので、眉毛がしっかり生えている部分ではなく、眉毛周りの産毛をなくしたいという場合には効果を感じにくいかもしれません。

ニードル脱毛

ニードル脱毛はクリニックやエステで行われている脱毛方法です。しかし、クリニックは医療機関であるため「絶縁針脱毛(医療針脱毛)」を、エステは医療機関ではないため「美容電気脱毛」をそれぞれ行っています。
クリニックで行う絶縁針脱毛は毛穴に小さい針を刺し、そこに電気を流すことで毛根部分を破壊します。このとき皮膚には電気が流れないようになっているので、ターゲットの毛根にのみダメージを加えることができます。1回電流を流し毛根部分が破壊されるとそこからは毛が生えてこない、いわゆる永久脱毛ができます。
一方、エステは医療機関ではないため針は使用できません。そのため先端が丸くなっている電極を毛穴に差し込み、そこに電流を流し毛根部分を破壊します。ただ出力も医療機関より弱くなっているため、永久脱毛ではなく「発毛スピードを遅らせる」というようなイメージになります。

どちらも1本1本に対してアプローチすることができるので細かくデザインを調整することが可能です。またメラニン量に左右されることなく脱毛が可能なので、白髪や産毛にもしっかりと効果を出すことができますし、肌の色が黒くてレーザー脱毛に向かない方でも行うことができます。眉毛の周りに大きなホクロやイボがある方はレーザー脱毛の場合、そこを避けての照射になるので眉毛の形がいびつになってしまうこともありますが、ニードル脱毛であればその心配もありません。

しかし他の脱毛方法に比べると痛みが群を抜いて強いです。クリニックであれば麻酔の使用が可能なので、痛みが心配な方はクリーム麻酔やリラックス麻酔(笑気麻酔)などをうまく組み合わせて行っていくと良いでしょう。また本数や施術所要時間で金額が変わるため、脱毛したい範囲が広範囲になるほど費用も高くなってしまいます。

ワックス脱毛

ワックス脱毛はエステで行われている脱毛方法です。
ワックス脱毛は眉毛の無くしたい部分に松ヤニや蜜蝋でできたはちみつ状のワックスを塗り、その上にペーパーをのせ、ワックスが固まったところで一気に剥がして不要な毛を除去する方法になります。
ワックス脱毛は他2つの脱毛方法に比べてはるかに安い金額で行うことが可能ですが、永久脱毛ではないためきれいな状態を保つためには3〜4週間に一度の手入れが必要となります。しかし眉の形を今後も変える可能性がある方にとっては永久脱毛ではない点が逆にメリットとなります。

眉の形にも流行があります。細いアーチ形の眉がトレンドの時もあれば、太くて平行な眉がトレンドのときもあります。眉毛の形をトレンドに合わせて柔軟に変えたい人は永久脱毛よりこちらの方がおすすめです。また、加齢による皮膚のたるみや表情筋の衰えから眉の形も変わってくるため、そのときの自分の顔に合った眉を作りたいという方もワックス脱毛を選択すると良いでしょう。

それぞれの方法のメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、自分にあった脱毛方法を選べるようにしましょう。

眉毛脱毛に光脱毛をおすすめしない理由

脱毛といえばレーザー脱毛と光脱毛をイメージする人が多いと思いますが、眉毛脱毛に関しては光脱毛はあまりおすすめできません。
まず光脱毛は照射面が大きく設計されているので、広範囲を照射するのには適しているのですが、眉のような細かい部分を照射するのにはあまり適しません。
そして光脱毛は施術部位にジェルを塗布して照射するのが一般的ですが、ジェルが塗られている部分には実際の照射面を超えた範囲でも光エネルギーが働いてしまうことがあります。→後半部分?どういうことかというと、本当は残しておきたい眉毛の部分にジェルが付着してしまうと、実際には照射面からは少しずらしていても眉毛の部分まで焦げてしまうことがあるのです。なので眉毛の生えているギリギリの部分をきれいに照射することが難しいのです。
以上が眉毛脱毛に光脱毛をおすすめしない理由となります。

眉毛脱毛にかかる費用と回数は?照射範囲もしっかり確認しよう

column137

それでは実際に眉毛脱毛にかかる費用と回数はどのくらいなのでしょうか。ここからはいつまでもずっときれいな状態をキープすることができる永久脱毛の方法に関してみていきます。

まずはレーザー脱毛の費用と回数についてです。実際に眉毛脱毛を行っているクリニックを見てみると5回コースで3〜5万円程度が相場のようです。5回ほど照射すると気になる濃い毛などは目立たなくなってくるかと思いますが、もしも眉周りにある産毛までしっかりなくしたいという場合には10回以上照射が必要となることもあるでしょう。

眉毛のみの脱毛コースがないクリニックは多いですが、顔脱毛や額脱毛に眉毛周辺の脱毛が組み込まれていることもあります。ここで注意しておきたいのが眉毛脱毛の範囲についてです。クリニックによって「眉上のみOK」「眉毛と眉間はOK」「眉上・眉下・眉間OK」と照射可能範囲が異なります。
とくに眉下は眼球が近く、最悪の場合には失明をしてしまうリスクを考慮して実施をしないクリニックが大半なので、眉下までレーザー脱毛をしたいという方はあらかじめクリニックに確認をしておきましょう。

また眉上OKといっておきながら、実際は眉毛から5ミリ〜1センチ程度は離して照射するところもあるのでギリギリまで照射したい方は注意が必要です。

次にニードル脱毛の費用と回数についてです。ニードル脱毛に関してはどの程度の本数、範囲を脱毛したいかによって費用や回数が大きく異なります。金額は本数よりも分数によって決定されるクリニックが多いですが、大体30分で1〜3万円程度かかります。1分間で約8〜13本程度脱毛することができるといわれているので、眉程度の範囲であればもう少し短い時間で行うことが可能でしょう。

ニードル脱毛によって1回電気を流して毛根部分を破壊した毛穴からは脱毛したその日からもう毛が生えてくることはありませんが、ニードル脱毛は「今現在毛が生えている毛穴」にしかアプローチすることができません。

そのため、そのとき生えている毛を全てニードル脱毛しても、そのときに毛が生えていなかった毛穴からはまた毛が生えてきます。また生えてきたら今度はその毛穴にアプローチすることの繰り返しです。このことを考慮するとニードル脱毛についても5回程度の通院は必要となるでしょう。またニードル脱毛は施術料金の他に針代やプローブ代、感染症採血代も追加になることが多いことも頭に入れておきましょう。

眉毛脱毛で美しい自分をキープしよう

 column137

眉毛の仕上がりの良し悪しで顔の印象だけでなく、自分のテンションにだって大きな影響を与えます。眉毛の形がうまくいかなかったときの気持ちの下がり具合といったら……、共感できる方々も多いのではないでしょうか? 

日々の自己処理地獄から抜け出せて、きれいな眉毛をキープできるなんて、やる価値は十分あると思います。眉毛脱毛をして常に自信が持てる自分になってみるのはいかがでしょうか。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税込みです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

つーさん

つーさん

岩手県出身。アラサー。学生時代は地元で過ごし、新卒で都内の大学病院に勤め看護師生活をスタート。美容ナース歴は5年目。

閲覧中の記事:

医療脱毛が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都豊島区南池袋1-19-6 オリックス池袋ビル2F
  • 最寄駅: JR池袋駅東口徒歩1分 , 東京メトロ丸の内線・副都心線有楽町線徒歩1分
  • 院長: 赤尾 健
  • 診療時間: 10:00~19:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 東京都新宿区新宿3-17-4新宿レミナビルB1F(受付)・B2F(※リゼクリニック新宿院は女性専用クリニックです。)
  • 最寄駅: 地下鉄新宿三丁目駅B5出口徒歩1分、JR新宿駅東口徒歩4分
  • 院長: 大地まさ代
  • 診療時間: 月水~日10:00~14:00、15:00~20:00、火11:00~15:00、16:00~21:00
  • 休診日: クリニックHP新着情報をご確認ください。
  • 住所: 東京都豊島区南池袋1-19-5  Gビル南池袋01 7F
  • 最寄駅: JR池袋駅東口徒歩3分、東京メトロ 池袋駅38番出口徒歩3分、西武池袋線池袋駅南口徒歩2分
  • 院長: 石田 美保
  • 診療時間: 11:00〜20:00
  • 休診日: 火・年末年始

スポンサーリンク