ニキビ跡、毛穴改善にはドイツ発のダーマローラー。類似品での自宅・セルフ治療ではなく、クリニックでの治療を
2017.06.01 更新

出典 http://free-photos.gatag.net/

肌がもつ本来の機能にはたらきかけて肌質を根本的に変えていく画期的な方法、ダーマローラー。でこぼこになっているニキビ跡や開いた毛穴といった化粧品を使ったケアでは解消できないトラブルを改善してくれるとして人気の高い施術です。最近は自宅でできるダーマローラーも販売されているので興味を持っている方も多いのではないでしょうか。ここではダーマローラーについて詳しくお話していきます。

目次

1. 肌質を根本改善! ニキビ跡や妊娠線にも効くダーマローラーとは

1-1.ダーマローラーとは

ダーマローラーとは

出典 https://dermarollerus.com/

ダーマローラーとは医療用の超極細のハリがついたローラーを肌にあて、目に見えないほどの細かい穴を無数に開けてこの刺激によって肌の再生をうながすもの。現在のDermaroller Deutschland GmbH社の創始者が2000年にドイツで特許を取得し、その後ヨーロッパやアメリカ、アジアで販売されるようになりました。ダーマローラーは同社の登録商標ですが、実際には類似品が多く出回っています。

針によって開けられた無数の穴が回復していく際、創傷治癒作用によって真皮層と基底層に存在するコラーゲンやエラスチンが増え、新しく健康な肌に生まれ変わっていきます。1度の施術で最大2~10倍のコラーゲン増加が見込めると言われる画期的な施術です。

また、ダーマローラーは施術と合わせてEGFやヒアルロン酸、プラセンタなどを塗布するクリニックがほとんど。これらの美容成分が針によって肌に穴をあけることで、より深い部分まで浸透するため、化粧品として塗ったときとはまったく違う効果が実感できます。

1-2.ダーマローラーの効果

ダーマローラーには以下のような効果があります。

  • ・クレーター状になったニキビ跡の改善
  • ・大きく開いた毛穴の改善
  • ・毛穴引き締めによるキメの向上
  • ・コラーゲン増殖による小じわやハリの改善
  • ・ターンオーバー促進による美白効果
  • ・腕や背中、お尻にできるブツブツ、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の改善
  • ・セルライトや妊娠線の改善
  • ・リストカットや傷跡の改善

創傷治癒効果によって肌が新しく生まれ変わることで、幅広い美肌効果が期待できるのが特徴です。

■針の長さや圧力のかけ方によっても効果に違いが

ダーマローラーは肌の悩みに合わせて、使用する針の長さ(どのくらい深くまで針を刺すか)や圧力のかけ方を変える必要があります。長い針を使用すれば効果は高くなりますが、ダウンタイムも長くなることに。肌の悩みと生活スタイルを考慮して医師に相談するようにしましょう。一般的に体への施術は強めに行い、確実な効果を狙います。針の長さと適応する症状の目安は次の通りです。

0.5〜1.0ミリ ニキビ跡や毛穴の開き改善、小じわの改善、軽度の傷跡など

0.5〜2.0 ミリ 深めのニキビ跡や妊娠線など

2ミリ以上の針もありますが、長ければ長いほど効果が高いわけではありません。また、同じ長さの針でも力の加減によって効果に差が出てきます。ダーマローラーは一般的に数回の施術で効果が現れるため、あまり痛みが強い方法で行うと施術を続けられなくなってしまい、望んでいた効果が得られなくなることも。針の長さや強度も施術を受けるクリニックで相談して決めるようにしましょう。

1-3.ダーマローラーのメリット

肌の生まれ変わりを促し、数回施術を受けることで「肌全体を新しく入れ替える」ダーマローラー。以下のようなメリットがあります。

・効果が自然で長続き!

肌自らが持っている作用を促す施術なので効果が自然かつ長続きします。ニキビ跡や瘢痕、妊娠線などは一度、ダーマローラーによって改善させることができれば、元に戻りにくいのも大きなメリットです。

・肌質を問わずに受けられる

レーザーと異なり、アレルギー反応が起こりにくく、敏感肌の人でも受けることができます。また、肌質を問わないためレーザーの施術が難しい色黒の肌の方でも施術可能です。

・従来の治療方法よりダウンタイムが短い、費用が安い

クレーター状になったニキビ跡の改善にはこれまでレーザーを使用していました。アブレーション効果といって肌を削るような作用のあるレーザーはダウンタイムが長く、患者さんの精神的な負担も大きいのが課題でした。これに対し、ダーマローラーはダウンタイムも短く、仕事や学校を休む必要がありません。施術費用もレーザーと比較して安くなっています。

・繰り返し受けることができる

ダーマローラーはアレルギーなどが起こりにくい施術であるため、何度でも繰り返し施術を受けることができます。

1-4.ダーマローラーのデメリット・副作用とダウンタイム

ダーマローラーのデメリット・副作用とダウンタイム

出典 http://www.photo-ac.com/

■ダーマローラーのデメリット

「針で無数の穴を顔に開けるなんて怖くてできない!」という人もいると思いますが、ダーマローラーによって開けられた穴は目に見えないほど小さく、施術後数時間でふさがり傷が残ることもありませんので、安心してくださいね。

とはいえ、針を顔に刺す施術だけあって、痛みが生じるのは事実。人によって感じ方もことなり、「チクチクする程度」という人もいれば、「涙が出るほど痛かった」という人も。ただし、これは麻酔クリームを塗ることでかなり軽減させることが可能です。痛いだけではなく、出血を伴う施術でもあるので施術後に不安を感じる方もいるかもしれません。

ダーマローラーは1回の施術ではあまり変化が感じられず、数回施術を受ける必要があります。浅いニキビ跡であれば、かなり滑らかになりますが、アイスピックで刺したようなニキビ跡や深いデコボコになったニキビ跡の場合、繰り返し受けても完全にニキビ跡を解消することは難しいでしょう。

■ダーマローラーの副作用

一時的に広範囲の赤みが出る、腫れが生じる、炎症が治る過程で一時的な色素沈着が起こるといった症状が現れます。炎症がひいたあとも乾燥や肌が粉をふくようにむけていく感覚があるため、化粧のノリが悪くなることが。

また、体へ施術は強めに行われるため、赤みや腫れの他に、じんましんやかゆみが出ることもあります。

■ダーマローラーのダウンタイム

顔への施術の場合、ダウンタイムの長さとしては3〜4日見ておけばいいでしょう。クリニックによっては炎症を抑えるお薬やファンデーションを出してくれるところもあります。

毛孔性苔癬など、体への施術は強めに行われるため、赤みが3日程度続きます。そのあと色素沈着が2週間程度残り、施術箇所を露出できないことがあります。旅行や結婚式などイベントに控えて施術を受けたいという方はダウンタイムと重ならないように計画的に考えましょう。

2.ダーマローラーを受ける方法

ダーマローラーを受ける方法

出典 http://free-photos.gatag.net/

肌が再生する力を利用して、さまざまな肌トラブルを改善してくれるダーマローラー。美容皮膚科での施術はもちろんのこと、家庭用ダーマローラーのキットも販売されています。それぞれの違いをチェックしてみましょう。

2-1.ダーマローラーはセルフでできる?

■Dermaroller Deutschland GmbH社の家庭用キット

Dermaroller Deutschland GmbH社の家庭用キット

出典 https://dermarollerus.com/

Dermaroller Deutschland GmbH社のダーマローラーは家庭用のものも販売されていますが、残念ながら日本から購入することはできないようです。

ただし、正規のダーマローラーであってもクリニックで施術を受けたときと同様の効果が得られるわけではありません。針を顔に刺してコラーゲンの生成を促すという施術は医療行為であるため、トレーニングを受けた医療従事者が施術することで本来の効果を発揮できるからです。ダーマローラーを販売しているDermaroller Deutschland GmbH社のサイトでもこのことは名言されています。

■その他のダーマローラー

その他のダーマローラー

出典 https://www.amazon.co.jp/

ダーマローラーはDermaroller Deutschland GmbH社の登録商標ですが、実際にはダーマローラーという名前で他のメーカーが製造しているニードルローラーが通販でも販売されています。価格は2,000~4,000円程度。使い方はメーカーによって異なりますが、別途、麻酔クリームや冷却マスク、消毒剤などを購入する必要があるようです。リドカインとプリロカインを配合した麻酔クリームは個人輸入サイトで購入することができるようです。

通販で販売されているニードルローラーの中には粗悪品も出回っています。使用してトラブルになった際も自己責任となりますので、セルフでダーマローラーをするときには信頼できるサイトで購入するようにしましょう。

2-2.美容クリニックでのダーマローラー

ダーマローラーは医療行為であるため、やはり美容クリニックで受けるのがベストです。では美容クリニックではどのような施術が行われるのでしょうか。

■ダーマローラーの施術プロセス

ダーマローラーは次のような流れで行われます。

  • ①カウンセリングでダーマローラーが適応となるか確認。肌の悩みに合わせて治療部位や針の長さ、圧力の強さ、使用する美容成分などを決めていきます。
  • ②クレンジングと洗顔をしてから、麻酔クリームを塗布していきます。
  • ③ダーマローラーで穴をあけていきます。顔全体の施術で15分程度が目安です。
  • ④ダーマローラーの施術直後は美容成分が肌に浸透しやすい状態です。クリニックによって、ここでプラセンタやビタミンC誘導体などを塗布してさらに美肌効果を高めるところも。
  • ⑤冷却または沈静・保湿効果のあるパックでケアして終了です。

■1回でも効果がある? ダーマローラーの施術頻度

創傷治癒効果によって徐々に効果を発揮するダーマローラーは1回で効果を実感できますが、数回繰り返すことでより高い効果が得られます。一般的にニキビ跡の改善やアンチエイジング効果は1カ月1回のペースで5回程度受けることが推奨されています。

■クリニックなら塗布する美容成分を選べる

クリニックでは、ダーマローラーで穴をあけた後に塗布する美容成分を選ぶことができます。EGF(成長因子)やビタミンCの他、ヒアルロン酸やプラセンタなどから、肌の悩みに合わせて、あなたの肌に合った成分を勧めてもらいましょう。

■ニューダーマローラーFNSとは

クリニックの中には電動タイプのニューダーマローラーFNS(フラクショナルニードルシステム)を導入しているところもあります。このマシンは1分間に約6万個もの穴をあけることが可能。圧力を一定にかけることができるため、手動のローラーに比べて痛みや施術後の赤みが少なくてすみます。

また、クリニックによってはニューダーマローラーFNSの後に成長因子や、肝斑やシミの改善効果があるトラネキサム酸、アンチエイジング効果の高いビタミンAなどをエレクトロポレーションやイオン導入できるところもあり、より高い美肌効果を目指すことができます。

痛みに弱い方や導入系の施術に興味のある方はこのようなクリニックを探してみてはいかがでしょうか。

2-3.ダーマローラーの施術料金

顔全体の1回の施術料金の相場は30,000~50,000円程度。電動タイプのニューダーマローラーFNSはこれより少し高くなり、45,000~54,000円程度となります。この他に塗布する美容成分の料金として3,000~5,000円別途料金がかかることもあります。

2-4.ダーマローラーの口コミ

ダーマローラーを実際に受けた人の口コミをチェックしてみましょう。

■ポジティブな口コミ

■やっぱり痛い!という口コミ

3.まとめ

針で肌に穴をあけるというと怖いイメージがありますが、美容クリニックにおいてはほとんどトラブルがない安全性の高い施術です。さまざまな肌の悩みを改善してくれることはもちろん、ダーマローラーで再生されたコラーゲンやエラスチンは長持ちするため、エイジングを遅らせる美容貯金のような効果も期待できます。肌を根本から改善したい!という方は信頼できるクリニックで施術を受けてみてはいかがでしょうか。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう