医療脱毛とエステ脱毛を徹底比較! 結局どっちがよくて、どう違うの? 効果、メリット、デメリット、料金など……これでわかる!
2018.03.29 更新

温かくなってくると、気になり始める腕や脚、ワキのムダ毛。今年こそ脱毛してツルツル肌を目指したい!という方は多いのでは? そんな脱毛を考えるときの永遠のテーマともいえるのが「医療機関で脱毛するか、安いエステで脱毛するか」という点。

結論から言うと、今の時代、脱毛は医療脱毛の方がオススメです。ここでは脱毛初心者さんにもわかりやすく、エステとクリニックの違いと脱毛契約をするときの注意点などをご紹介します!

目次

  • 1.医療脱毛とエステ脱毛の違いとは
  • 1-1.医療脱毛とエステ脱毛、一番の違いは照射パワーの強さ
  • 1-2.医療脱毛とエステ脱毛、効果の違い
  • 1-3.医療脱毛とエステ脱毛、必要な期間の違い
  • 1-4.医療脱毛とエステ脱毛、価格の違い
  • 1-5.医療脱毛とエステ脱毛、痛みの違い
  • 1-6.医療脱毛のメリット、デメリット
  • 1-7.エステ脱毛のメリット、デメリット
  • 2.医療脱毛とエステ脱毛、契約する前にここをチェック
  • 2-1.脱毛したいパーツ、予算、期間を決めよう!
  • 2-2.キャンセル料、シェービング料金、金利手数料などの別料金の有無
  • 2-3.経営状態のチェック
  • 3.まとめ

1.医療脱毛とエステ脱毛の違いとは

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは

医療脱毛でも、エステ脱毛でも「熱のエネルギーによって毛根にアプローチし、ムダ毛を減らしていく」という脱毛のメカニズムは同じです。でも価格は医療脱毛の方が高いですよね。エステ脱毛の安さは魅力ですが、それだけで脱毛をどこでするか、決めるのはNG。まず、医療脱毛とエステ脱毛の違いをしっかり理解しておきましょう。

1-1.医療脱毛とエステ脱毛、一番の違いは照射パワーの強さ

医療機関で使用されるレーザー脱毛機器とエステ脱毛で使われる脱毛機器の種類が違います。

  • ・医療機関 ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどのレーザー脱毛
  • ・脱毛エステ IPL、プラズマ脱毛などの光脱毛

クリニックやサロンによって使用するマシンが違いますが、エステとクリニックの最大の違いは、その出力可能なパワーにあります。

レーザーや光の出力レベルは、ジュールという単位で図ります。数字が大きければ大きいほどパワーが強く、脱毛効果も高いことになります。エステは最大でも20ジュール、クリニックは最大で60ジュールの出力が可能です。

■出力レベルが高いレーザーは医療従事者のみ施術できる

医療機関で使用されるレーザーは出力レベルが高いので、間違った操作をすると火傷などのトラブルが起こる可能性があります。トラブルが起きた際、すぐに対応できるよう医療脱毛は医師や看護師などの有資格者が照射を行うことになっています。

医療機関の中には肌の状態に合わせて最適なレーザーを選んでもらえるところもあります。肌の色が濃い人はダイオードレーザー、産毛の脱毛ならアレキサンドライトレーザーなど、肌の状態やムダ毛の濃さ、量などに応じて最適なレーザーを選ぶことができるクリニックもあります。

■エステ脱毛の施術は資格なしでできる

エステ脱毛はサロンで研修があるものの、特に資格は必要ありません。そのため、サロンや施術者によって技術レベルにばらつきがあることも。

1-2.医療脱毛とエステ脱毛、効果の違い

医療脱毛とエステ脱毛、効果の違い

出典 http://www.photo-ac.com/

出力レベルの違いはそのまま効果の違いに現れます。出力が強いほど、毛根にある細胞に効率よくダメージを与えることができるからです。

■医療機関なら永久脱毛できる?

「永久脱毛」という言葉がありますが、どんな方法でもムダ毛を永遠に、1本も生えてこなくすることはほぼ不可能です。脱毛の先進国であるアメリカの電気脱毛協会という機関が定めた永久脱毛の定義は「脱毛の施術が完了してから1か月後の時点で、毛の再生率が20%以下」であること。

エステ脱毛は出力レベルが弱いため、一時的な減毛効果しかなく、しばらくするとまた、自己処理が必要になってしまうことが多いようです。こうしたケースに対応するため、脱毛サロンのなかには「永久保証」「脱毛し放題」というプランを設定しているところもあります。

医療脱毛をすればムダ毛が永遠に生えてこないというわけではありませんが、エステ脱毛に比べると長期的な脱毛効果が期待できます。

1-3.医療脱毛とエステ脱毛、必要な期間の違い

■医療脱毛は約5回、エステ脱毛は約8回から変化が分かる!

出力レベルが強い医療脱毛は、それだけ少ない施術回数で変化が実感できます。脱毛する箇所やムダ毛の量、濃さによって個人差はあるものの、医療脱毛では早い場合3回から、一般的には5回くらいから変化が実感できます。

これに対してエステは最低でも8回くらい施術を受けないと変化が分からないことが多いようです。「のんびりでいいから、いつかは全身脱毛したい」というようなニーズには合っていますが、結婚式やイベントなど「いつまでに脱毛したい」という希望がある場合、医療脱毛を選ぶことをおすすめします。

1-4.医療脱毛とエステ脱毛、価格の違い

医療脱毛とエステ脱毛、価格の違い

出典 http://www.photo-ac.com/

クリニックはエステに比べると、1回あたりの料金が高め。エステの最大の魅力は、料金と通いやすさです。最近では、「両ワキ脱毛し放題で200円!」というサロンもあるほど。その代わり、低出力なので時間がかかってしまうことになります。とはいえ、全身脱毛の無制限プランになると最低でも35万円程度からと決して安くはない金額になってしまうということも覚えておきたいもの。

■「医療機関は高い」はもはや昔の話?

医療機関での脱毛は高いというイメージがありますが、最近ではクリニックでも全身脱毛5回が30万円以下で受けられるところも。エステサロンはキャンセルや剃毛料(シェービング料金)など、別途料金がかかることもあり、最終的な支払額とかかった時間を考えると、クリニックの方がお得感がある場合も少なくありません。

1-5.医療脱毛とエステ脱毛、痛みの違い

施術中の痛みに関しては、医療脱毛の方が強いです。これは照射レベルが高いだけにしかたのないことなのですが、痛みに耐えきれず、クリニックからエステ脱毛に変えたという人もいます。ただし、クリニックで脱毛をしたいという人は、麻酔クリームや笑気麻酔などを使って痛みを和らげてもらうこともできます。この場合、別途麻酔料金が必要となる場合も。料金は1,000~3,000円程度です。

■■医療脱毛が痛い!という口コミ

1-6.医療脱毛のメリット、デメリット

■医療脱毛のメリット。万が一、肌トラブルが起きても安心

メリットはなんといっても、効果が早く実感できることでしょう。だらだら通うのはイヤ!という方はクリニック脱毛の方が適しています。最初の支払額は高いように感じても、追加料金がかからないことを考えると安く済むことも多いです。アフターケアを重視するなら、医療脱毛の方が安心です。

また、医療脱毛は医師や看護師が在籍しているクリニックで行われるため、万が一レーザーによるやけどや炎症毛嚢炎、炎症性浮腫、硬毛化や増毛化などのトラブルが起きた場合もすぐに処置してもらうことができます。処方される軟膏などは無料というところも多いですね。

■医療脱毛のデメリット

デメリットは料金が高いこと。脱毛エステのように「ワキ脱毛300円」というようなキャンペーンは行っていません。学生のみなさんや未成年の方は予算的に厳しいかもしれませんね。

また、クリニック脱毛の場合、転勤・引っ越しをした場合、それ以降同じクリニックに通えないことが多いです。全国展開しているクリニックもありますが、エステと比べると、その数が少ないのであきらめざるを得ないということも。

1-7.エステ脱毛のメリット、デメリット

■エステ脱毛のメリット。痛みが少なく、価格が安い!

料金が安いのが最大のメリットでしょう。VIOなどパーツが限られている場合、驚くほど安く脱毛できるサロンもあります。ただし、激安のキャンペーン価格の設定があるサロンの場合、ゆくゆくは全身脱毛や顔脱毛の契約を勧められるということがほとんど。キャンペーンだけで済ませたいなら、きっぱりと断る強い意志をもつことが大切です。

もうひとつのメリットは痛みが少ないこと。「ゴムではじいた程度の痛み」と言われますが、医療脱毛に比べると痛みが少なくなっています。痛いのがストレスでクリニックに通うのをやめてサロンに乗り換えたという人もいます。

■■エステ脱毛の痛みについての口コミ

■■通いやすさはエステの方が上?

エステは全国展開しているところも多く、転勤や引っ越しなどをしても、同じサロンの別店舗で施術を受けられるというメリットがあります。大手サロンのなかにはいったん契約すれば、面倒な手続きなく全国どこのサロンでも脱毛が受けられるというところも。忙しい人や転勤の多い方などは、エステ脱毛の方が安心といえるでしょう。

■エステ脱毛のデメリット

施術するための資格がないエステ脱毛は施術者によって技術にばらつきがあります。担当者の技術レベルによっては照射もれがあったり、デリケートゾーンで肌トラブルが起きたりということも考えられます。

エステでもアフターケアの一環として、提携しているクリニックを紹介してもらえますが、クリニックがすぐ近くにないことも。肌が弱い人はクリニックを選んだほうが賢明でしょう。

また、脱毛エステは低価格で顧客の回転数をあげているところがほとんどなので、予約が取りづらいというところがあります。いくら安いプランでも、施術が受けられないのでは意味がありません。契約前に予約が取りやすいサロンか必ず確認しましょう。

■■ちょっと待って! エステ脱毛の落とし穴!

「時間がかかってもいいから低予算で脱毛したい……」という人はエステ脱毛がオススメ!……と言いたいところですが、実は落とし穴があります。

低料金で脱毛し放題のコースは、ほとんどがワキやVラインなどです。それ以外の部位については、「1回○○円」「5回で○○円」などと料金が決められており、定額での脱毛し放題ではありません。もちろん、低料金のコースだけで済めばよいのですが、ほとんどのサロンは低料金のキャンペーンで人を集めて、全身脱毛や顔脱毛などの長期契約に結びつけようとします。

結局、高いプランを契約せざるを得なくなり、最終的にクリニックよりも高い料金になってしまうことがあるので注意しましょう。

医療脱毛とエステ脱毛、契約する前にここをチェック

医療脱毛とエステ脱毛、契約する前にここをチェック

出典 http://www.photo-ac.com/

医療脱毛とエステ脱毛、それぞれにメリットとデメリットがあることが分かりました。ここからは、脱毛の契約を決める前に決めておきたいことやチェックしたい点について詳しくお話ししていきます。

2-1.脱毛したいパーツ、予算、期間を決めよう!

クリニックでもエステでも、脱毛に必要な施術回数はどこを脱毛するかによって違ってきます。まずは、どこをどのくらい脱毛したいか明確にしておきましょう。

  • ・どこを ワキ、VIO、顔、背中、全身など
  • ・どんなふうに 「脚や腕をツルツルに」「VIのムダ毛を全体的に少なく」など
  • ・どのくらいの予算で 月額制か一括払いかなど
  • ・いつまでに  「特に期間は決めず、のんびり脱毛」「来年の結婚式に向けて」など

医療脱毛でもエステ脱毛でも、VIOゾーンやレーザーや光が反応しづらい産毛が多い背中や顔は、効果が実感できるまでに時間がかかります。顔や背中はブライダル脱毛で人気がありますが、結婚式の1カ月前は施術できないというサロンやクリニックもあるので、十分に余裕をもって脱毛をスタートさせたいですね。

また、予算もしっかり決めておくことが大切。毎月支払いが難しくなって解約する場合、返金額が思っていたより少なくて損をする場合もあります。特に脱毛サロンの場合、契約や解約の条件が明確ではなく、トラブルになることも多いです。カウンセリングで分からないことは必ず確認すること。

「安くできるのは今日だけです。あとでクーリングオフできますから、とりあえず今日契約しませんか」といった勧誘はきっぱり断るようにしてください。

2-2.キャンセル料、シェービング料金、金利手数料などの別料金の有無

脱毛サロンでよく見かけるのが、「月額5,000円!習い事感覚で全身脱毛」という支払いパターン。とても安いような印象を受けますが、よく確認してみると、その金額は36回分割払いの金額で、金利手数料が5万円近くかかっていた、なんてこともよくあります。

確かに月々の支払額が安いのは大きなメリットですが、金利手数料で総支払額が高くなってしまっては意味がありません。契約をするときは「コースの総額」を必ず確認しましょう。

また、エステでもクリニックでも予約の変更や変更に関するキャンセル料や施術前の事前処理のためのシェービング料金がかかるところもあります。自己処理しづらい、背中やお尻などを含む全身脱毛の場合、毎回シェービングを依頼することになって高くついてしまったということも。

■要チェック! キャンセル料に関するルール

クリニックではキャンセル料の設定があるところは少なかったのですが、最近は無断キャンセルによって予約枠が空くのを防ぐために、当日キャンセルや無断キャンセルについて、キャンセル料を取るところが増えてきています。

エステサロンのなかには回数コース1回消化プラス、キャンセル料を取られるところも。サロンでもクリニックでもキャンセル料についてのルールをしっかり調べてから契約するようにしましょう。キャンセルやシェービング料金がかからないクリニックやサロンを選ぶというのもひとつの方法です。

2-3.経営状態のチェック

column11

ここ数年、無理な全国展開などが影響して、経営が悪化し倒産に追い込まれる脱毛エスエサロンが増えています。あるサロンが倒産して、契約者の受け皿になったサロンがまた倒産……ということも。施術が受けられないのに、ローンだけ払い続けなければならないというケースだけは避けたいですよね。

脱毛エステで契約する場合、必ず事前に経営状態をチェックして倒産の恐れがないか確認しましょう。大手でも絶対に潰れないかは判断が難しいところですが、心配な方は倒産の可能性が比較的低いであろう大手サロンで契約するか、経営がしっかりしている医療脱毛を選ぶことをおすすめします。

3.まとめ

医療脱毛とエステ脱毛は、効果や必要な期間、費用や痛みなどさまざまな違いがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、まずは無料カウンセリングで自分の脱毛したいパーツや予算に応じたプランを勧めてもらってみてはいかがでしょうか。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

yuki

yuki

美容医療系ライター

医療脱毛が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-19-6 オリックス池袋ビル2F
最寄駅:JR池袋駅東口徒歩1分、東京メトロ丸の内線、副都心線、有楽町線より徒歩1分
院長:古澤雅史
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿7-10-19西新宿ビル4F
最寄駅:大江戸線新宿西口駅D5出口よりすぐJR新宿駅西口・東口より徒歩3分
院長:田邉 昭子
診療時間:10:00~21:00
休診日:不定休
美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-16-18 Face池袋ビル5F
最寄駅:JR池袋駅東口より徒歩3分、東京メトロ池袋駅38番出口より徒歩3分、西武池袋線池袋駅南口より徒歩2分
院長:小林 智之
診療時間:11:00〜20:00、11:00〜22:30(脱毛照射)
休診日:火

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう