目元のたるみとりのコラム一覧

  • まぶたのむくみの原因と解消する方法

    朝、起きるとなんだかいつも目が腫れぼったい……。そんな風に感じることはありませんか?まぶたがむくんでいるとそれだけで目が小さく見えてしまい、顔全体が地味な印象になってしまいます。逆に言えば、まぶたのむくみを解消するだけで、目がすっきりとひとまわり大きく見えることもあるのです。ここでまぶたのむくみが起こる原因やむくみを予防&解消するいろいろな方法について解説していきます。むくみが解消すれば「私ってこんなに目が大きかったの?」と思うかもしれませんよ! 目次 1.まぶたのむくみについて知っておこう! 1-1.まぶたがむくむとはどんな状態? 1-2.まぶたのむくみの原因 2.まぶたのむくみを予防・解消する方法 2-1.日常的に気をつけたいまぶたのむくみ防止ケア 2-2.まぶたのむくみを今すぐ解消したいときは? 2-3.まぶたのむくみ

    この記事は、
    六本木スキンクリニック
    鈴木稚子医師が監修しています。

  • 目の下のくま解消にメイク、ツボ、整形などあらゆる策を!

    寝不足が続いて目の下のくまがなかなか消えない……。そんなとき、皆さんはどんなお手入れをしていますか?アイケア用のコスメやマッサージなどでケアしているけれど、なかなか効果が現れないという人もいるのではないでしょうか。ここで、目の下にくまができる原因やくまの種類、改善方法などについて詳しくお話していきます。 目次 1.目の下のくまはなぜできる? 1-1.目の下にくまがあるとこんな印象を持たれてしまう 1-2.目の下のくまができる原因とその種類 1-3.こんな時は注意!目の下のくまが病気のサインである可能性も 2.目の下のくまを改善する方法いろいろ 2-1.目の下のくまを改善する生活習慣や日ごろのケア 2-2.目の下のくまを改善するコスメ 2-3.目のくまを改善するためのツボ 2-4.目の下のくまを美容外科で改善する

  • まぶたのくぼみおすすめ改善法。アイクリームなどお手軽法も

    夕方、鏡を見て朝はなかったまぶたのくぼみを発見して、ぎょっとしたことはありませんか?たるみと同様、徐々に進行していくまぶたのくぼみはシミやしわ、たるみよりも気がつきにくいエイジングサイン。女性の見た目年齢をあげて疲れた印象を与えてしまいます。「この、疲れたまぶたをなんとかしたい!」と思っている方も多いはず。では、なぜまぶたはくぼんでしまうのでしょうか?その原因と予防、解消方法について詳しくお話していきます。 目次 1.まぶたのくぼみができる原因とは 1-1.まぶたのくぼみとは〜目の上と目の下のくぼみ〜 1-2.まぶたのくぼみが起こる原因 1-3.病気が原因でまぶたがくぼむことも?〜二重の切開手術が原因になることも〜 2.まぶたのくぼみを予防、解消するにはどうすればいい? 2-1.まぶたのくぼみを予防する方法〜アイ

  • 目の下のたるみに効果的な予防・解消法総まとめ!

    鏡をのぞいて、目の下のたるみにギョッとしてしまったことはありませんか?シワやシミと違って、日々ジワジワと進んでいくたるみは、ある日、突然気になりだすもの。また、他のエイジングサインと違ってコスメで改善しにくいのが特徴です。とはいえ、目の下がたるみだすと一気に見た目年齢がアップしてしまうので、1日も早くなんとかしたいですよね。ここで、メイク、美容液等自宅でできるケアからクリニックで行う美容医療まで、目の下のたるみに効果的な予防・解消方法について紹介します。 目次 1.目の下のたるみを解消する方法 1-1.目の下のたるみやクマが起こる原因 1-2.目の下のたるみを防ぐセルフケア 2.クリニックで行う目の下のたるみケア 2-1.目の下のたるみを改善する切らないケア 2-2.目の下のたるみを解消するレーザー 2-3.目の下のたる

    この記事は、
    六本木スキンクリニック
    鈴木稚子医師が監修しています。

  • 目の上のたるみとり(上眼瞼切開、眉下切開法、眉下リフト)

    主に加齢により上まぶたのたるみが目立ち、二重がたるみでかぶってきたり、三角目になることがあります。たるみを取り除くことで若々しい印象の目元になり、頭痛や肩こりが解消することもあります。

    上眼瞼切開、眉毛下切開、眉毛上切開(ブローリフト)3つの施術法があり、目元の状態や希望により術式を決定します。上まぶたの施術のみでは改善しない場合もあり、その際には前額リフトの適応になる可能性もあります。

    上眼瞼切開はまぶたの皮膚が薄く、新しく二重の線を作りたい場合や眼瞼下垂手術を同時施術することが可能です。眉毛下切開はまぶたの厚い方、一重のままでいたい方、眉毛が挙上している方に適しています。眉下から下のたるんだ皮膚を切除し、以前のまぶたの感じとなり、まぶたのたるみを改善することができます。眉下の際で切開するため、傷跡が目立ちにくいです。

    眉毛上切開は眉毛が下垂している方、二重の幅を自然に広げたい方に適しています。眉上を切開し、上まぶたを引き上げます。眉毛を引きあげすぎると不自然な目元になる可能性があります。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • まぶたのたるみ解消の3つの方法

    皆さんは年齢が出やすい目元のケア、していますか?アイクリームなどでしわを防ぐケアをしていても、まぶたのたるみを防ぐケアをしているという方は少ないのではないでしょうか。ここで老け顔の最大の原因ともいわれる、まぶたのたるみを防ぐ方法について考えてみましょう。 目次 1.いますぐまぶたのたるみをケアすべき理由 1-1.まぶたのたるみが起こる原因 1-2.まぶたがたるみがあるとこんな風に見られる 2.まぶたのたるみを解消する方法 2-1.目元用コスメで改善 2-2.まぶたのたるみを防ぐエクササイズ 2-3.美容外科でのアプローチ 3.いますぐまぶたのたるみをケアすべき理由まとめ いますぐまぶたのたるみをケアすべき理由 目元の小じわや口元の乾燥といったエイジングサインは比較的、気がつきやすいため早めのケアが可能と

  • 目の下のクマ・たるみとり(下眼瞼脱脂、ハムラ法)

    年齢とともに下まぶたの皮膚や筋肉が脂肪を支えきれずに押し出されることで、下まぶたが袋状に膨らみ実際の年齢よりも上に見られることがあります。

    また膨らみによる影がクマになり、疲れている印象を与えることもあります。 目の下の余分な脂肪(眼窩脂肪)を取り除いたり平らにすることですっきりとした若々しい目の印象をもたらすことができます。目の下の膨らみは、皮膚の表側「ハムラ法」と裏側(結膜側)「裏ハムラ法」で手術がされます。
    表側からの場合、下まぶたのまつげ際を切開し脂肪を窪んでいる部分へ移動させるのと同時に余剰皮膚を取り除きます。ふくらみが大きい方に適応です。

    裏側(結膜側)からの場合、下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、脂肪を窪んでいる部分へ移動させます。脂肪の量、余剰皮膚が少ない方に適応です。ハムラ法は皮膚に切開の跡ができることや、ダウンタイムが必要になりますが、裏ハムラ法の場合は結膜側からの手術なので傷跡はつきません。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 目の下のくま治療法。+5歳に見られる一番の原因!

    疲れた印象や不健康な印象を与えてしまいがちな目の下のくま。くまが出来る原因も治療法も、くまのタイプによって異なります。きちんと治療すれば、毎朝コンシーラーで隠す必要もありません。 色で分かる3つの目の下のくまとその原因 目の下のくまは大きく黒、茶、青の3種類に分けられます。 黒 黒のくまは、構造的なふくらみが原因でできた影です。下のイラストをご覧ください。 眼窩脂肪とは、眼球のまわりにある脂肪のことです。若い時は硬い膜でおさえられていて目の下の眼窩脂肪が突出することはありません。加齢などが原因で脂肪を支える皮膚や筋肉や膜がゆるんでしまい、脂肪が突出してしまうのです。 イラストのように脂肪が突出すると、皮膚がふくらんでたるみ、皮膚のたるみにより影が出

    この記事は、
    牧野美容クリニック
    牧野太郎医師が監修しています。

Go to Top