医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

目の上のたるみとり(上眼瞼切開、眉下切開法、眉下リフト)とは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、よだ形成外科クリニック依田拓之 先生が監修しています。

概要・基礎知識

主に加齢により上まぶたのたるみが目立ち、二重がたるみでかぶってきたり、三角目になることがあります。たるみを取り除くことで若々しい印象の目元になり、頭痛や肩こりが解消することもあります。

上眼瞼切開、眉毛下切開、眉毛上切開(ブローリフト)3つの施術法があり、目元の状態や希望により術式を決定します。上まぶたの施術のみでは改善しない場合もあり、その際には前額リフトの適応になる可能性もあります。

上眼瞼切開はまぶたの皮膚が薄く、新しく二重の線を作りたい場合や眼瞼下垂手術を同時施術することが可能です。眉毛下切開はまぶたの厚い方、一重のままでいたい方、眉毛が挙上している方に適しています。眉下から下のたるんだ皮膚を切除し、以前のまぶたの感じとなり、まぶたのたるみを改善することができます。眉下の際で切開するため、傷跡が目立ちにくいです。

眉毛上切開は眉毛が下垂している方、二重の幅を自然に広げたい方に適しています。眉上を切開し、上まぶたを引き上げます。眉毛を引きあげすぎると不自然な目元になる可能性があります。

こんなお悩みに

・老化により瞼の厚み、たるみが気になる方
・若々しい印象にしたい方
・一重や奥二重のままたるみを改善したい方
・眉と瞼の間が広く、目尻が下がって見える方
・頭痛、肩こりが気になる方

ダウンタイム/経過

強い腫れが2~3日生じます。また目の周りに内出血が生じることがありますが1~2週間で消失します。抜糸は5~7日後です。
傷跡は術後赤みが目立ちますが化粧でカバーが可能で、約3カ月で目立ちにくくなります。術直後まぶたが完全に閉じなくなることがありますが約1~3カ月で改善します。

費用

20〜80万円前後

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、傷跡、目の形が変化、眉毛の左右差、二重の幅の左右差

目もとの治療

目もとの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
最寄駅:JR新宿駅東口から徒歩3分
院長:小野 准平
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-5-3オリックス 品川ビル9F
最寄駅:JR品川駅 港南口徒歩約1分
院長:秦 真治
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口徒歩4分
院長:本間 重行
診療時間:9:00~18:00
休診日:年中無休

目の上のたるみとり(上眼瞼切開、眉下切開法、眉下リフト)に関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP