目の上のたるみとり(上眼瞼切開、眉下切開法、眉下リフト)とは(概要・基礎知識)

主に加齢により上まぶたのたるみが目立ち、二重がたるみでかぶってきたり、三角目になることがあります。たるみを取り除くことで若々しい印象の目元になり、頭痛や肩こりが解消することもあります。

上眼瞼切開、眉毛下切開、眉毛上切開(ブローリフト)3つの施術法があり、目元の状態や希望により術式を決定します。上まぶたの施術のみでは改善しない場合もあり、その際には前額リフトの適応になる可能性もあります。

上眼瞼切開はまぶたの皮膚が薄く、新しく二重の線を作りたい場合や眼瞼下垂手術を同時施術することが可能です。眉毛下切開はまぶたの厚い方、一重のままでいたい方、眉毛が挙上している方に適しています。眉下から下のたるんだ皮膚を切除し、以前のまぶたの感じとなり、まぶたのたるみを改善することができます。眉下の際で切開するため、傷跡が目立ちにくいです。

眉毛上切開は眉毛が下垂している方、二重の幅を自然に広げたい方に適しています。眉上を切開し、上まぶたを引き上げます。眉毛を引きあげすぎると不自然な目元になる可能性があります。

目の上のたるみとり(上眼瞼切開、眉下切開法、眉下リフト)が向いている人(こんなお悩みに)

・老化により瞼の厚み、たるみが気になる方
・若々しい印象にしたい方
・一重や奥二重のままたるみを改善したい方
・眉と瞼の間が広く、目尻が下がって見える方
・頭痛、肩こりが気になる方

ダウンタイム/経過

強い腫れが2~3日生じます。また目の周りに内出血が生じることがありますが1~2週間で消失します。抜糸は5~7日後です。
傷跡は術後赤みが目立ちますが化粧でカバーが可能で、約3カ月で目立ちにくくなります。術直後まぶたが完全に閉じなくなることがありますが約1~3カ月で改善します。

費用

20〜80万円前後

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、傷跡、目の形が変化、眉毛の左右差、二重の幅の左右差

監修:

依田拓之医師

よだ形成外科クリニック

東邦大学医学部卒業。形成外科医として経験を積み、美容外科院長を歴任。宮城県仙台市に2010年よだ形成外科クリニックを開業。2020年で開院10周年。
日本形成外科学会認定専門医の資格を持ち、現在では少なくなった総合的な美容医療を地域に提供しています。目元、鼻などの美容外科治療はもちろん、エイジングケア、美肌、男性・女性のAGA、男性診療まで幅広いメニューは安心してかかりつけ医にできそうです。

東邦大学医学部卒
東京警察病院形成外科入局
美容外科クリニック院長
よだ形成外科クリニック院長

目もとの他の治療

目もとの治療が受けられるクリニック

  • 住所: 東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
  • 最寄駅: 東京メトロ丸の内線新宿駅B10サブナード17番出口徒歩30秒、新宿駅東口改札徒歩3分
  • 院長: 小野 准平
  • 診療時間: 10:00~19:00(予約制)
  • 休診日: 年中無休(年末年始を除く)
  • 住所: 東京都港区港南2-5-3オリックス品川ビル9F
  • 最寄駅: JR品川駅港南口徒歩約3分、京急品川駅高輪口徒歩約5分
  • 院長: 秦 真治
  • 診療時間: 10:00~20:00
  • 休診日: 年中無休
  • 住所: 東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
  • 最寄駅: JR池袋駅西口C6出口徒歩1分、東京メトロ丸の内線、副都心線、有楽町線徒歩1分
  • 院長: 本間 重行
  • 診療時間: 9:00~23:00
  • 休診日: 年中無休

目もとに関連する記事

  • 目の下のたるみに効果的な予防・解消法総まとめ!

    鏡をのぞいて、目の下のたるみにギョッとしてしまったことはありませんか?シワやシミと違って、日々ジワジワと進んでいくたるみは、ある日、突然気になりだすもの。また、他のエイジングサインと違ってコスメで改善しにくいのが特徴です。とはいえ、目の下がたるみだすと一気に見た目年齢がアップしてしまうので、1日も早くなんとかしたいですよね。ここで、メイク、美容液等自宅でできるケアからクリニックで行う美容医療まで、目の下のたるみに効果的な予防・解消方法について紹介します。 目次 1.目の下のたるみを解消する方法 1-1.目の下のたるみやクマが起こる原因 1-2.目の下のたるみを防ぐセルフケア 2.クリニックで行う目の下のたるみケア 2-1.目の下のたるみを改善する切らないケア 2-2.目の下のたるみを解消するレーザー 2-3.目の下のたる

    この記事は、
    六本木スキンクリニック
    鈴木稚子医師が監修しています。

  • ハーフ顔の芸能人ランキング

    美男美女だらけの芸能界で、ハーフ枠というのがあり、時代が移るたびにさまざまなタレントがその枠で活躍しています。ここ5年ほどで芸名に外国のミドルネームやファーストネームをつけている人も数多くみかけます。 ただ、今回はハーフの芸能人ではなく、日本人離れした容姿をもつ“ハーフ顔”の芸能人をランキング形式で紹介します! 第1位スザンヌ View this post on Instagram 撮影で出会った くまモンブロック💕 かわいすぎ🙆🙆🙆 そして力作🙏🙏🙏 #くまモン #学研のニューブロック #一緒に撮影してくれた #ベビーモデルちゃんのお母さんが #お隣中学校 #産婦人科も一緒 #と言う #東京にいても #熊本人高めの #奇跡 &#

  • ぱっちり二重がきれいな芸能人ランキング

    一重、奥二重などそれぞれ魅力的な瞳はありますが、その中でも一等人気があるのがなんといっても二重!パッチリ二重に憧れて、アイメイクをしたことがある人もいるのではないでしょうか。 ここでは、そんな惚れ惚れするような二重がきれいな芸能人をランキングTOP10にしてまとめています。 第1位橋本環奈 22歳になりました。感覚的には、20歳まではすごく長かったのにそこから21歳22歳になるのはすごく早くてびっくりしてます。。色々な人に支えられ22歳になり、そんな皆様の気持ちに応えられるように頑張りたいと思います。仕事に誠実に向き合い、そして楽しんでいきたいと思います。 pic.twitter.com/AfC0F7Q7MF— 橋本環奈 (@H_KANNA_0203) February 3, 2021 第1位は広すぎない自然な二重の幅が美しい橋本環奈さん。 目頭部分

  • 目頭切開、術式(W法、Z法、三日月法)ごとの傷跡とダウンタイムの違い

    二重まぶたにするための埋没法や切開法の手術と組み合わせて受けることで、タレントのような華やかなはっきり二重を手に入れることができ、目が大きくみえる目頭切開の手術。効果がはっきりとわかる手術であるものの、ダウンタイムが長引いたり、傷跡が残ってしまったりとトラブルも報告されている施術でもあります。これから目頭切開の手術を受けたいと考えている人は特に気になりますよね。今回は目頭切開の傷跡がどのくらい残るか、ダウンタイムはどのくらいあるかについて目頭切開の術式(W法、Z法、三日月法)に沿って、詳しく説明していきます。 目次 1.目頭切開の経過とダウンタイム 1-1.目頭切開手術後の経過 1-2.目頭切開のダウンタイムはどのくらい? 2.目頭切開の傷跡 2-1.目頭切開の傷跡、残りやすい手術方法ってあるの? 2-2.目頭切開の傷跡を

    この記事は、
    牧野美容クリニック
    牧野太郎医師が監修しています。

  • BIANCAクリニック 服部有美医師【美人女医インタビュー第四十三回】

    人気企画「美人女医インタビュー」第四十三回は、表参道と銀座に展開するBIANCAクリニックの服部有美(はっとり ゆみ)先生です。 大学病院などで形成外科医(形成外科専門医取得)として7年勤めてから本格的に美容医療業界へ。形成外科時代に培った技術を生かし、眉下切開を始めとした切開系オペを得意とする服部先生。 患者様一人ひとりと向き合っているからこそできるカウンセリング時の提案、産後復帰の本音などここでしか読めない内容をたくさん語っていただきました! 目次 ・医師を志した理由 ・大学卒業後の経歴 ・美容医療を志した理由 ・得意な施術について ・BIANCAクリニックの特徴について ・患者様に喜ばれたこと、印象に残っていること ・来られる患者様に多いお悩みについて ・痛み対策について ・女性のエイジングケア開始時期について ・自身で結果が出た美容医療施術について

    この記事は、
    BIANCAクリニック銀座
    服部有美医師が監修しています。

  • 目の下のくま治療法。+5歳に見られる一番の原因!

    疲れた印象や不健康な印象を与えてしまいがちな目の下のくま。くまが出来る原因も治療法も、くまのタイプによって異なります。きちんと治療すれば、毎朝コンシーラーで隠す必要もありません。 色で分かる3つの目の下のくまとその原因 目の下のくまは大きく黒、茶、青の3種類に分けられます。 黒 黒のくまは、構造的なふくらみが原因でできた影です。下のイラストをご覧ください。 眼窩脂肪とは、眼球のまわりにある脂肪のことです。若い時は硬い膜でおさえられていて目の下の眼窩脂肪が突出することはありません。加齢などが原因で脂肪を支える皮膚や筋肉や膜がゆるんでしまい、脂肪が突出してしまうのです。 イラストのように脂肪が突出すると、皮膚がふくらんでたるみ、皮膚のたるみにより影が出

    この記事は、
    牧野美容クリニック
    牧野太郎医師が監修しています。

の治療カテゴリ

スポンサーリンク