医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

眼瞼下垂とは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、よだ形成外科クリニック依田拓之 先生が監修しています。

概要・基礎知識

まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)に問題がある場合、眼瞼挙筋と瞼板をつないでいる挙筋腱膜が剥がれている場合、加齢によりまぶたの皮膚が下がる場合などで、目が開けにくい状態をいいます。生まれつき(先天性)の場合は眼瞼挙筋に問題がある場合が多く、眼瞼下垂のほとんどはまぶたをこすっていたり加齢やハードコンタクトレンズの長期間の装用等が原因で挙筋腱膜が瞼板から剥がれることが原因です。まぶたがおりて目が開けにくくなると、額を使うため、眼精疲労、頭痛、肩こりなど様々な症状を引き起こしやすくなります。

外見的に眉を上げようとして額にシワが寄り年齢以上に老けた印象、眠たい目や、黒目・白目の露出のバランスが悪くなり暗い印象を与えます。眼瞼下垂は程度によって保険適用(保険診療を行っている医療機関)になりますが、眼瞼下垂の程度が軽度の場合や、美容的改善目的の場合は保険適用外の手術となります。
眼瞼挙筋に問題がある場合は筋膜移植による吊上げ術が行われる場合があり、大学病院など、入院を必要とする手術となることもあります。

挙筋腱膜に問題がある場合は、挙筋腱膜を瞼板に縫い付ける方法(眼瞼挙筋腱膜前転術)が行われます。まぶたの裏側(結膜側)から極細の糸を埋め結膜、腱膜を縫い縮める「切らない」方法だと瞼に傷はつきませんが、まぶたを開く割合の調整が難しい場合があります。通常はまぶたを切開して行う挙筋腱膜前転術が行われますが、術者によってこの方法は様々で、熟練を要する手術と言われています。
表側の眼瞼下垂手術では裏側から糸止めによる手術より調整が行いやすいですが、術後のダウンタイムが全切開法と同じくらい必要となります。眼瞼下垂手術は再手術が必要となることや開瞼量に限界がある場合があります。

こんなお悩みに

・眠たそうな目の方
・まぶたに黒目が被さっている方
・おでこに深いしわが入る方
・二重の幅が広がってきた方
・目と眉の間が広い方

ダウンタイム/経過

結膜側からの場合1週間前後赤く、泣き腫らしたような状態やまぶたにゴロゴロとした違和感がありますが、2~3週間後には落ち着きます。
表側からの場合、二重全切開同様に強い腫れや内出血が起こり、1~2週間ほどで大まかな腫れは落ち着きますが、左右差や二重の幅が落ち着くのに約6カ月必要となる場合があります。5~7日で抜糸を行います。左右差や開瞼量の調整のために再手術が必要なことがあります。開瞼量には限界がある場合があります。

費用

25~50万円前後

リスク・副作用

腫れ、痛み、内出血、目の開きが不十分、開き過ぎ、左右差、結膜側からの場合は二重の幅が狭くなる

目もとの治療

目もとの治療が受けられるクリニック

美容外科美容皮膚科
住所:東京都新宿区新宿3-19-4 MLJビル9階
最寄駅:JR新宿駅東口から徒歩3分
院長:小野 准平
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-5-3オリックス 品川ビル9F
最寄駅:JR品川駅 港南口徒歩約1分
院長:秦 真治
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
美容外科美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口徒歩4分
院長:本間 重行
診療時間:9:00~18:00
休診日:年中無休

眼瞼下垂に関連する記事

PAGE
TOP