美容整形の相談・紹介 Call to Beauty

美容整形の相談・紹介【医師監修】

唇(リップ)のアートメイクでメイク時間短縮、理想の唇を実現! しのぶ先生がわかりやすく解説します
2019.07.01 更新

この記事は、しのぶ皮膚科蘇原しのぶ 先生が監修しています。

蘇原しのぶ先生(しのぶ皮膚科、東京都港区三田)のメディカルアートメイク企画第四弾はリップのアートメイクです。
ふっくらとしたセクシーな唇、赤ちゃんのようなくすみのないクリアな唇、口角が上がった華やかな唇。あなたの理想はどのような唇ですか? アートメイクによって理想の唇、印象的な唇を手に入れませんか?

デリケートな部分なので、施術後の注意点や過ごし方も詳しく話してもらいました。

しのぶ先生監修アートメイク記事です。部位ごとにここまで詳しく解説している記事はあまりないので、是非ご覧ください。読んだ方だけの特典つきです!

  • 眉のアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説! 朝時間がない方、すっぴんでも綺麗でいたい方必見!
  • 小顔になりたい、額の生え際の薄毛が気になる…額の生え際のアートメイクとは。しのぶ先生(しのぶ皮膚科)が症例つきでわかりやすく解説!
  • アイラインのアートメイクをしのぶ先生(しのぶ皮膚科)が医師の観点から徹底解説! 目力アップ効果で、すっぴんでも手を抜かない女子の新常識!
    • 唇は黒くなったりすると特に目立つ場所なので、施術している間はできるだけ色味のある化粧品、口紅は避けたほうがいいと思います

      しのぶ皮膚科アートメイクリップ

      ー唇のアートメイクについてお伺いします。唇は皮膚の中でも薄い部位ですが、施術後の腫れはありますか?

      しのぶ先生(以下S):おっしゃる通り、唇はほかの場所と違って皮膚が薄いので、終わったあとに少しぼてっとした印象にはなります。ほかの部位であれば多少腫れたとしても引きが早いですが、唇に関しては、3~4日程度腫れや違和感が続く場合があります。外出できない程ではないですが、普段の唇よりは少し厚いかなという程度です。

      ー歯科で麻酔をすると、唇の感覚が無くてお水をぼとぼとこぼしたりすることがありますが、その様な感覚はありますか。

      S:はい。唇の麻酔をしていますので、3~4時間は注意していただきたいです。

      しのぶ皮膚科アートメイクリップ

      ー唇のアートメイクの場合、施術後のメイクは避けたほうがいいでしょうか。

      S:完成するまでは避けたほうがいいです。今は変色するものはほとんど使用していませんが、化粧品と混ざったときに変色したりするリスクがあります。唇は黒くなったりすると特に目立つ場所なので、施術している間はできるだけ色味のある化粧品、口紅は避けたほうがいいと思います。

      ー色のつかない薬用リップなどは問題ないですか。

      S:使用できますが、不純物のないワセリンの方がおすすめです。

      ーそうなんですね。唇だけではなく、ほかの部位も施術後は保湿は重要ですか?

      S:ほかの部位に関しては施術後抗生剤のクリームをお渡しするので、4日間程塗ってもらっています。唇に関しては乾燥しやすい場所なので、こまめに保湿をお願いしています。

      ー乾燥してかさぶたが剥けたりすると色が落ちやすいからでしょうか?

      S:そうです。唇が乾燥していると、アートメイクをしても、色が入りづらく、角質があると色素も一緒に剥がれ落ちてしまいます。ある程度かさぶたを保ってもらうためにも、保湿をして自然に剥けるようにしてもらっています。あとは外に出るときは必ずUVカットと、市販のリップクリームでもいいので、こまめに塗ってもらうようにしています。長時間の外出の際はマスクをしてもらったり、刺激を受けないようにお願いしています。

      くすみが気になる人には先にくすみを消すような色を入れてから、発色の良い色を入れたりすることもできます

      しのぶ皮膚科アートメイクリップ

      ー日焼けは厳禁ですね。

      S:施術してる間は特に気をつけてもらっています。

      ーわかりました。唇のアートメイクは口角を上げて入れたりというのもできますか。

      S:オーバーリップもできます。ただ口の横の部分は咬筋という筋肉があるので、右側の口角は上って左側は下がってなど癖の動きがあります。きっちり入れてしまうと、端だけが動いて見えるので、基本的にはあまり積極的には入れない場所にはなります。

      オーバーリップもどうしても色が周りから縮んでくるので、2ミリ程度は大丈夫ですが、それ以上入れると表情筋などで、唇の動きに見えなくなる場合がありオーバーリップは2ミリ以内をおすすめしています。

      ーオーバーリップは2ミリ以内ですね。わかりました。唇のアートメイクも色を選べますか。

      S:唇も色は選べます。赤いものから、くすみが気になる方には先にくすみを消すような色を入れてから、発色の良い色を入れたりすることもできます。

      ーくすみを消す場合は肌色のような色を入れるのでしょうか?

      S:今まではスキンカラー(肌色)を使うのが主流でしたが、最近はスキンカラー(肌色)を入れると、人によっては後に黒っぽく見える場合があるので、しのぶ皮膚科ではオレンジ系の色をベースに、患者様の唇の色に合わせて使い分けています。

      ーオレンジでくすみを消すというのは意外でした。

      S:くすみを消してから、発色のいい赤みやピンクなど好きな色を入れていきます。

      唇の中心からどんどん縮んでいくような感じで色落ちしていくので、しっかりとリップラインのところを入れれば比較的持ちはいいです

      ーなるほど。唇のアートメイクの場合、口唇ヘルペスのリスクはありますか?

      S:基本的には針や器具は使い捨てですので、それで感染するということはないと思っていただいて大丈夫です。ヘルペスは帯状疱疹のウイルスで、皆さんがかかるリスクがありますので、アートメイクをやったから感染するというわけではありません。

      免疫力などが弱っているときにでてくるので、もともとヘルペスを持っている方だと、でてきたらすぐに薬が飲めるように受診してもらいます。病院によっては初めからヘルペスの薬をお渡しして予防的に内服するクリニックもありますが、胃に負担がかかるので、でていない場合は飲まないほうがいいと思います。

      ーなにかあった時にアフターケアもあるので安心して施術できます。デザインについてお伺いします。上唇だけ入れたり、下唇だけ入れる方はいらっしゃいますか。

      S:片方だけというのは、患者様の希望ではない限りないです。もともと入っていて、上だけとれてきた、下だけとれてきという場合はご対応することもあります。

      ー上と下でとれやすいのはどの部位ですか?

      S:上と下というよりは、内側と外側からとれていきます。内側のよく使う部分、外側は縮んでいくような感じで、色落ちしていくことが多いです。

      ー動きや接触も多い箇所なので縮みやすいのですね。

      S:そうですね。気にされる方は普段からストローで飲まれたりしますね。

      ーなるほど。努力次第で持ちが変わるのであれば頑張れそうです。ありがとうございました。

      S:ありがとうございました。

      最後までご覧いただいた皆様にCall to Beauty限定の特典メニューです!

      ■特典メニュー→初診料、再診料無料

      ・メディカルアートメイクの施術を受けられる患者様に限ります。
      ・予約時にCall to Beautyの記事を見たとお伝えください。

      しのぶ皮膚科特典メニューを予約する

      ■禁忌(診察により施術をお断りすることがあります)
      ・妊娠中の患者様
      ・ケロイド体質の患者様
      ・皮膚悪性腫瘍を患っておられる患者様
      ・出血傾向のある方

      ■施術の注意点・リスク・副作用について
      ・クリーム麻酔での施術も可能ですが、表面麻酔のため、痛みの感じ方には個人差があります。
      ・1回の施術でもある程度の色素が定着しますが、色素の定着には、年齢や肌質や代謝のスピードによって個人差があります。
      ・アートメイクの持続については1~2年をかけて徐々に薄くなっていきます。
      ・個人差(年齢、肌質、新陳代謝など)はありますが、数年かけて薄くなっていきます。
      除去はレーザーを使用しないと完全な除去はできません。
      ・アートメイクをして、受けられなくなる医療行為はありません。施術直後よりアートメイク施術部以外のメイクは可能です。アートメイク施術部位は1週間後より可能です。アートメイク施術部分は薄く傷がついているような状態なので1週間は大衆浴場(サウナや岩盤浴)などは避けてください。
      クレンジングは、色素が抜けてしまうので1週間は避けてください。かさぶたを無理にはがそうとすると色素が一緒にはがれおちてしまう可能性があるため、自然に剥がれ落ちるまで触りすぎないようにしてください。

      しのぶ皮膚科
      住所:東京都港区三田5丁目2-18 三田ハウス104
      電話番号:03-6453-6955
      診療時間:10:00~13:00、15:00〜19:00、土曜は9:30~13:00
      受付時間:午前12:30まで、午後18:00まで
      休診日:木曜・日曜

      しのぶ皮膚科公式サイト

      PR:しのぶ皮膚科

      蘇原しのぶ先生

      蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生

      医師。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、美容皮膚科領域に進出。2016年東京三田にしのぶ皮膚科を開業、院長に。ヒアルロン酸、ボトックス治療に造詣が深い。

      *本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

      この記事の監修ドクターが所属するクリニック

      皮膚科 美容皮膚科
      住所:東京都港区三田5-2-18三田ハウス104
      最寄駅:東京メトロ白金高輪駅徒歩5分, 麻布十番駅徒歩8分
      院長:蘇原しのぶ
      診療時間:10:00〜13:00、15:00〜19:00、9:30〜13:00(土)
      休診日:木・日
      • この記事が気に入ったら
        いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

Special Features

bnr_insta
PAGE
TOP