美容整形の相談・紹介 Call to Beauty

美容整形の相談・紹介【医師監修】

あせも? にきび? 夏に気になる背中のぶつぶつ。市販からクリニックまで治し方総ざらい
2018.05.14 更新

出典 http://gahag.net/

肌を露出する服を着ることが多くなる夏。新しく買った背中の開いたワンピースやカットソーを着てみて、背中にぶつぶつができていて慌ててしまった……そんな経験はありませんか? 薄着の季節になると背中は人目につきやすいものの普段、自分では目にすることが少なく、お手入れ不足になりがちなパーツでもあります。ここで気になる背中のぶつぶつの治し方について詳しく紹介していきましょう。

目次

1.気になる背中のぶつぶつはなぜできるの?
1-1.背中のぶつぶつはニキビ? ぶつぶつができる原因とは
1-2.背中のぶつぶつはストレスでも悪化する
2.背中のぶつぶつの効果的な治し方って?
2-1.背中のぶつぶつを薬で治す
2-2.背中のぶつぶつは化粧品で治る? 
2-3.生活習慣の改善や洗い方の見直しも必要
2-4.背中のぶつぶつを美容皮膚科で治す。脱毛もアリ
3.まとめ

気になる背中のぶつぶつはなぜできるの?

顔と違って、普段あまり目にすることがない背中。ぶつぶつができても気がつかずに過ごしてしまうことも少なくありません。ぶつぶつができていると背中のあいている服が着られないだけではなく、パートナーの目も気になりますよね。きちんと体を洗っていても繰り返す背中のぶつぶつはなぜできるのでしょうか? 

背中のぶつぶつはニキビ? ぶつぶつができる原因とは

背中のぶつぶつは何らかの原因で毛穴に皮脂や汚れが詰まり、そこでアクネ菌が増殖することで起こります。背中や胸は顔のTゾーンと同じように皮脂腺が多く面積が広いパーツ。さらに汗をかきやすく、服で覆われていることが多い背中は雑菌が繁殖しやすいため、ぶつぶつやにきびができやすいのです。

ぶつぶつとニキビの違いは厳密にはありません。炎症を起こす前の毛穴に皮脂が詰まっているざらざらした状態や白ニキビの段階では「ぶつぶつ」、赤く炎症を起こしていたり、膿をもった状態になったりすると「にきび」であると考える人が多いようです。

皮脂線が多い背中ですが、皮脂が正常に分泌されて毛穴から排出されていれば、ぶつぶつやニキビにはなりません。ではなぜ皮脂が毛穴に詰まるのでしょうか。

●皮脂の分泌が過剰になっているケース

ストレスや不規則な生活を続けていると、男性ホルモンの分泌量が増加し、皮脂の分泌も増えて毛穴に詰まりやすくなります。睡眠不足が続いている人も要注意。背中のぶつぶつだけではなく、あごやフェイスラインに繰り返しできる大人ニキビに悩まされている人は男性ホルモンが過剰になっているケースが考えられます。

また日ごろからストレスにさらされていることが多いという方も注意しましょう。ストレスを感じたときに分泌される抗ストレスホルモンも男性ホルモンの分泌を促すはたらきがあるからです。

●食事の栄養バランスに問題があるケース

動物性脂肪の多い脂っこい食事やインスタント食品、加工品が多い食生活を続けていると皮脂の分泌が増えて毛穴つまりを起こしやすくなります。

●汚れがきちんと落ちていないケース

汗をかきやすい背中は思っているより汚れていることが多いもの。きちんと洗えていない場合、皮脂と汚れが毛穴に詰まってぶつぶつができやすくなります。

背中のぶつぶつがかゆい場合

背中のぶつぶつがかゆくて、ついつい掻いてしまう……という人はいませんか? もしかしたら、肌が乾燥しているのかもしれません。

肌は乾燥すると皮脂の分泌を促して、自ら潤おうとする性質があります。ぶつぶつが気になるからといってゴシゴシこすり洗いをすると肌が乾燥して、かえって皮脂の分泌を増加させてしまうことがあるのです。すると肌は乾燥しているのにぶつぶつができているという状態に。背中のぶつぶつがかゆいという人は肌の乾燥もケアする必要があります。

背中のぶつぶつをかくと手についている雑菌が肌で繁殖して、さらにかゆみが増すことがあります。カビの一種であるマラセチア菌が原因となっていることあります。

「身体ニキビであれば、アクネ菌ではなく、カビの一種であるマラセチアが元凶となっているケースが多いので、抗真菌剤のアスタットクリームやニゾラールローションが用いられます」

出典 相澤皮フ科クリニック

背中のぶつぶつはかゆくても絶対にかかないようにすること。また手で触れるときは清潔な状態で、爪を短く切っておくようにしましょう。

肌に合わない洗浄料が原因になっていることも

顔につける化粧品はこだわって選んでいても、ボディソープはドラッグストアでなんとなく選んでいる……という方も多いのではないでしょうか。安価なボディソープには合成界面活性剤など、洗浄力が強すぎるものも少なくありません。

合成界面活性剤は肌のバリア機能を低下させ、乾燥や肌トラブルを起こしやすくすることがあります。またボディソープと同様にシャンプーやコンディショナーが肌への刺激になっているケースも。体を洗ったあとに、髪を洗うという人は注意が必要です。

背中のぶつぶつの効果的な治し方って?

背中のぶつぶつの効果的な治し方って?

出典 http://gahag.net/

自分では気がつかないうちにできている背中のぶつぶつ。お手入れ方法を間違えると、ぶつぶつが悪化して炎症を起こしたり、シミのような跡になってしまったりすることがあります。背中は皮脂腺が多いだけではなく、顔に比べて新陳代謝が遅いので、一度できると治りにくいという性質があります。続いて背中のぶつぶつを効果的に治す方法について考えてみましょう。

2-1.背中のぶつぶつを薬で治す

通常のニキビ治療薬や軟膏やクリームタイプが多くなっています。比較的広範囲にできやすい背中のぶつぶつにこうした軟膏やクリームを使うと、知らず知らずのうちに塗りすぎてしまい肌が乾燥してかえってダメージの元となることがあります。

最近は背中のぶつぶつやデコルテのにきび用に作られたスプレータイプの市販薬も登場しているようです。配合成分は殺菌効果のあるエタノールやサリチル酸、赤みのある炎症を抑えるアラントインなど。サリチル酸には角質柔軟効果もあるため、毛穴つまりの解消にも役立ちます。ピンポイントで使うように処方されている軟膏やクリームよりも刺激が少ない処方で肌の弱い方にも適しています。

2-2.背中のぶつぶつは化粧品で治る?

昔からニキビ肌用化粧品はいろいろありますが、最近は背中のぶつぶつを初めとする体のにきびのための化粧品も増えています。配合されている成分はサリチル酸や殺菌効果が期待できるグリチルリチン酸などが中心です。医薬品ではないので、できてしまったぶつぶつを治すのは難しいかもしれませんが、新しいにきびやぶつぶつができるのを防いでくれる効果は期待できるようです。

また化粧品の場合、肌が乾燥しないよう同時に保湿成分も配合しているものがほとんどです。背中の肌の乾燥が気になる方はこのような背中のぶつぶつ用の化粧品を試してみてもいいでしょう。さっぱりタイプの化粧水で保湿するのも効果的です。

2-3.生活習慣の改善や洗い方の見直しも必要

背中のぶつぶつを解消するために医薬品や化粧品を使っても、不規則な生活や偏った食生活を続けていては意味がありません。睡眠不足やストレスは肌の新陳代謝機能を低下させて、トラブルが改善しにくい肌にしてしまいます。薬や化粧品でケアするだけではなく、このような生活習慣の見直しも必要になってきます。

また体を洗うときもナイロンのボディタオルやブラシでゴシゴシこするのは逆効果です。特にぶつぶつが炎症を起こしている場合は天然素材のボディタオルで優しく洗うように心がけましょう。普通のタオルでもOKです。

洗浄料も見直してみましょう。合成界面活性剤を配合したボディソープよりも昔ながらのせっけんやアミノ酸系ボディソープなど肌に優しい洗浄料を選ぶと、背中のぶつぶつが改善することもあります。またシャンプーやコンディショナーを洗い流すときには背中につかないようにすることも大切です。

2-4.背中のぶつぶつを美容皮膚科で治す。脱毛もアリ

背中のぶつぶつを美容皮膚科で治す 脱毛もアリ

出典 http://gahag.net/

背中のぶつぶつがなかなか治らない場合や、赤みのある炎症を起こしたニキビ、膿をもったニキビがいくつもできているような場合、皮膚科で診てもらうようにしましょう。皮膚科を探すときは事前にニキビ治療に理解のある医師がいるかどうか確認しておくことをお勧めします。

皮膚科では抗炎症効果や抗生物質を配合した塗り薬だけではなく、ビタミンAや男性ホルモンを抑える内服薬を短期間投与されることもあります。背中のぶつぶつは早めに対処することが大切なので、決められた期間、内服薬を飲むことでぶつぶつやニキビができにくい体質に近づくこともできます。

「赤く腫れたニキビは、まず炎症を緩和しなければなりませんので、一時的に抗生物質やステロイドで消炎することも必要。ただし、炎症が治まった後、ニキビが発生しにくい肌質に改善するための根本治療を行うことが重要になります。ニキビ発生の原因となる男性ホルモンを減らすためのホルモン治療を行えば、美肌を維持できる可能性はグンと向上するでしょう」

出典 相澤皮フ科クリニック

また美容皮膚科ではグリコール酸を使ったピーリングやイオン導入を行っているところもあります。

「背中の『難治性にきび』にはケミカルピーリングが効果的です。背中やデコルテのにきびは繰り返しやすく、自力で治すのが難しい場所です。『治ったかと思うと次のニキビができて、いつの間にか背中がニキビ跡だらけになってしまって、背中が開いた服が着られない…』こんなにきびにはケミカルピーリングが効果的です」

出典 美容皮膚科マグノリア皮膚科クリニック

さらに色素沈着を起こしたニキビ跡にはトレチノインやハイドロキノンを配合した塗り薬を処方してくれるクリニックも。また背中のムダ毛を脱毛することで毛穴を引き締め、ぶつぶつやニキビをできにくくするという変わったアプローチをしているところもあります。

「炎症後の色素沈着であれば、トレチノイン(ビタミンA酸)・ハイドロキノンリン酸型ビタミンCの外用(塗り薬)を中心とした治療になります」

出典 青山外苑前クリニック 

「どうしても繰り返すニキビに対しては、いわゆる針脱毛の方法を使い、皮脂を電気で凝固し毛穴から治療を行います」

出典 青山外苑前クリニック 

3.まとめ

自分では目につきにくく、ケアを怠りがちな背中のケア。放っておくと、跡になってしまうこともあります。炎症や膿のあるニキビができているときには皮膚科を受診するようにしましょう。いったんぶつぶつやにきびができるとなかなか治らないことも多いので、気がついたときに早めにケアをするようにしましょう。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

アンチエイジング、美肌治療が受けられるクリニック

美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル8F
最寄駅:西武新宿線「西武新宿」駅徒歩1分、JR地下鉄各線「新宿」駅徒歩5分、副都心線「東新宿」駅徒歩7分、山手線「新大久保」駅徒歩5分、中央総武線「大久保」駅徒歩6分
院長:内藤 崇
診療時間:11:00~19:00
休診日:月・木
美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座5-5-1 マツモトキヨシ銀座5thビル4階
最寄駅:東京メトロ銀座駅B5出口すぐ
院長:簡野晃次
診療時間:11:00~19:00(月・火・水・金・土)
休診日:木・日
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

Special Features

bnr_insta
PAGE
TOP