美肌治療に重宝されるアレキサンドライトレーザーの効果、特徴とは。ロングパルスとQスイッチの違いは?
2017.09.21 更新

この記事は、いなばクリニック稲葉岳也 先生が監修しています。

出典 http://free-photos.gatag.net/

数あるレーザー治療のなかでも、その名前を目にすることが多いのがアレキサンドライトレーザーです。現在では脱毛に使用されるアレキサンドライトレーザーとシミやアザの治療に用いられるQスイッチアレキサンドライトレーザーの2種類が使用されています。ここでは、この2つのレーザーの違いやアレキサンドライトレーザーについて詳しく説明していきます。

目次

1.脱毛やシミ治療に使われるアレキサンドライトレーザーとは?

アレキサンドライトレーザーについて調べていると、脱毛だけに使用しているクリニックもあれば、シミやニキビの治療に使用しているクリニックもあることが分かります。アレキサンドライトレーザーとはどのようなレーザーなのでしょうか。

1-1.アレキサンドライトレーザーとは

アレキサンドライトレーザーとはアレキサンドライトと呼ばれる宝石を使って755ナノメートルの波長のエネルギーを照射し、表皮のメラニン色素や体毛の毛包にあるメラニン色素に選択的に反応させることができるレーザーです。発売当初は刺青の除去や真皮メラノサイトーシス(あざ)の治療用として開発されたこともあり、施術後、患部がかなり赤くなってしまうのが難点でしたが、現在使用されているマシンはこの点が改善されています。

■Qスイッチアレキサンドライトレーザーとアレキサンドライトレーザーの違い

QスイッチとはQuality Switchingの略。レーザーの照射時間が1億分の1秒というとても短い時間であることが特徴です。これに対し、ロングパルスアレキサンドライトレーザーの照射時間の1回の照射時間は0.1秒となっています。

■Qスイッチアレキサンドライトレーザー

代表的な機械はアメリカのシネロンキャンデラ社製ALEXLAZRTMなどがあります。Qスイッチアレキサンドライトレーザーは照射時間がとても短く、メラニン色素を含む細胞と表皮細胞にだけ反応し、まわりの正常な皮膚への影響がほとんどありません。

高いパワーのレーザーを当てても肌へのダメージは最小限に抑えることができるのがメリットで太田母斑、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療や刺青、アートメイクの除去などに使用されています。

「メラニンだけを選択的に破壊できるメカニズムは1983年にDr. AndersonとDr. Parrishにより提唱されたSelective Photothermolysis理論(選択的光加熱分解)に基づいており、メラニンに吸収されやすい波長を持つレーザーで、メラニンの熱緩和時間(~50ナノ秒)以内にレーザーパルスを照射することにより選択性が生じ、安全な治療ができます」

シネロンキャンデラ社Qスイッチアレキサンドライトレーザー

出典 http://candelakk.jp/

■ロングパルスアレキサンドライトレーザー

代表的な機械はアメリカのシネロンキャンデラ社のジェントルレーズなどがあります。0.1秒と短い照射時間で広範囲に照射できるマシンで体毛やヒゲの脱毛にも用いられています。レーザーの照射とともに冷却ガスが噴射されるので、照射時の痛みが軽減されるだけではなく、肌へのダメージが少ないマシンです。

「皮膚に存在するメラニン色素に対し選択的に吸収されやすい波長を持つロングパルスアレキサンドライトレーザー装置ジェントルレーズは良性の色素性疾患治療に有効です」

出典 http://candelakk.jp/

■シミの治療、脱毛以外にレーザーフェイシャルとしても

ロングパルスアレキサンドライトレーザーはシミの治療や脱毛の他、顔全体に照射することで小じわや毛穴の開きの改善やハリの向上、ニキビの治療などを目的としてレーザーフェイシャルとしても用いられています。

ロングパルスアレキサンドライトレーザー

出典 http://candelakk.jp/

1-2.アレキサンドライトレーザーの効果・こんな人におすすめ

ここからは、Qスイッチアレキサンドライトレーザーを用いた色素性疾患の治療やロングパルスアレキサンドライトレーザーを用いたフェイシャルなど、脱毛以外の用途でのアレキサンドライトレーザーについてお話していきます。

アレキサンドライトレーザーは以下のような悩みをお持ちの方におすすめです。まずはクリニックで適応になるかどうか相談してみましょう。

  • ・紫外線によるシミや老人性のシミが気になる方
  • ・太田母斑、ADM、異所性蒙古斑などのアザにお悩みの方
  • ・刺青やアートメイクの除去を考えている方
  • ・重度のニキビに悩んでいる方
  • ・外傷性刺青(鉛筆の芯が刺さって色が残るようなケース)のある方
  • ・脂漏性角化症(いわゆるイボ)にお悩みの方
  • ・平らなホクロをとりたい方

■レーザーフェイシャルとして使用するときのメリット

レーザーフェイシャルではレーザーを当てることで、肌がもつコラーゲン生成作用が活性化され、ハリがアップして小じわや軽度のたるみ、毛穴の開きなどが改善するだけではなく、産毛の脱毛効果や新陳代謝が促進による顔全体の美白効果などが期待できます。また、ニキビの対する殺菌効果もあります。

1-3.アレキサンドライトレーザーのデメリット・痛みは?

どんな治療でも言えることですが、すべてのトラブルが1回の施術で改善するとは限りません。シミやアザの色や濃さなどによって複数回治療が必要なこともあります。

また、肝斑に照射するとかえってシミが濃くなることがあり、肝斑の治療には適さないと言われています。

アレキサンドライトレーザー施術時の痛みはゴムではじいた程度。我慢できないほどではないと言われていますが、痛みに弱い方はクリームタイプの麻酔を使ってもらうこともできます。

1-4.アレキサンドライトレーザーの経過・ダウンタイム

アレキサンドライトレーザーの経過・ダウンタイム

出典 http://free-photos.gatag.net/

■ Qスイッチアレキサンドライトレーザー

Qスイッチアレキサンドライトレーザーによる色素性疾患の治療の場合、施術後、テープを貼って一定期間、患部を保護する必要があります。赤みや腫れが残ったり、熱感やかゆみを感じたりすることもありますが、徐々におさまっていきますので安心してください。この期間は紫外線に当たらないように慎重にケアしなければなりません。

その後、患部はシミやアザの色が濃くなってかさぶたができます。かさぶたは1~2週間で自然にはがれ、新しいピンク色の皮膚となって次第に周りの肌の色となじんで分からなくなっていきます。かさぶたは絶対に無理やりはがさないこと。

新しい皮膚が出てきた後も、注意が必要です。この段階で紫外線に当たると、炎症性色素沈着を起こしてシミになることがあるため、日焼け止めを塗ったり、場合によってはテープを貼ったりするなどして紫外線を徹底的に避ける必要があります。

■レーザーフェイシャル

シミのある部分の経過やダウンタイムはQスイッチアレキサンドライトレーザーと同様です。特に目立ったシミがなく、テープなどで保護する箇所がない場合でも日焼けは避けるようにしてください。

1-5.アレキサンドライトレーザーの副作用・失敗例

Qスイッチアレキサンドライトレーザーは肝斑に照射するとかえって色が濃くなってしまうことがあります。普通のシミだと思っていたら、肝斑だった……ということもあるかもしれません。肝斑かシミかという見極めは難しいので、シミ・肝斑除去の治療について経験の多いクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

シミやアザは人によってメラニン色素が存在する肌の層、言ってみればメラニン色素がある位置の深さが異なります。そのため、1回の治療でシミやアザがとれないこともあり、これを失敗と考えてしまう患者さんもいるようです。

また、施術後赤みや腫れが出たり、かゆみや熱感があることも。自然におさまりますが、大切な予定のある方はスケジュールに余裕をもって施術を受けるようにしてください。

1-6.アレキサンドライトレーザーは1回でシミがとれる?

アレキサンドライトレーザーは1回でシミがとれる?

出典 http://free-photos.gatag.net/

シミやアザの濃さやメラニン色素の位置によっては複数回施術が必要なこともあります。薄いシミなら1回で取れることもありますが、シミの場合1~3回を目安に考えておきましょう。

太田母斑などのアザの場合、4カ月以上空けて5~10回程度施術が必要なこともあります。アザの場合は保険適用となるので施術を受けるクリニックで確認してみてください。

レーザーフェイシャルの場合、1回でも肌のハリ感が実感できますが、1カ月ごとに5~6回施術を繰り返すとしっかりとした効果が分かるようになります。

2.アレキサンドライトレーザーの施術について

アレキサンドライトレーザーの施術について

出典 http://www.photo-ac.com/

ここからは実際の施術についてみていきます。

2-1.アレキサンドライトレーザー施術の流れ

Qスイッチアレキサンドライトレーザーもレーザーフェイシャルも施術の流れはほとんど同じです。

①医師によるカウンセリング
アレキサンドライトレーザーが適応かどうか診断します。肝斑がある場合はそこを避けて施術する必要があります。どのくらいの施術回数が必要かなども説明されます。

②洗顔やクレンジングでメイク、汚れを落とす

③レーザーの照射
事前に冷やしてから照射を行うことで痛みは軽減されますが、クリームやテープの表面麻酔を使用することも可能です。目をカバーするゴーグルを装着しますので、ずれないように施術中は動かないように注意しましょう。

④クーリング、アフターフォロー
肌を冷却し、日焼け止めや軟膏を塗って終了です(クリニックによってアフターフォローの内容は異なります)。

施術時間は20~30分程度です。施術を受けた部位や状態によっては当日の洗顔・入浴を控えるように指導されることあります。洗顔可能な場合もよく泡立てた泡で肌に直接触れないようにしてそっと洗うようにしましょう。当日は処方された軟膏のみを使用し、化粧品は使わないようにして施術箇所を休ませるようにします。

2-2.アレキサンドライトレーザーの価格

ピンポイントのシミ治療として施術を受ける場合、シミの大きさによって料金が変わってきます。1ミリ1,000~1,500円、1センチにすると10,000~15,000円となります。

レーザーフェイシャルの場合、全顔1回で12,000~25,000円程度。初回限定のお試し価格を設けているところもあります。

■保険適用になるケース

太田母斑や異所性蒙古斑、外傷性刺青などは保険が適用されます。症状によって保険適用で施術を受けられる回数が決まっていますので、事前にクリニックで確認するようにしましょう。

「皮膚良性色素性疾患治療用レーザー装置アレックスレーザーは太田母斑などの「青アザ」の原因となる皮膚に含まれる異常メラニン色素に対し選択的に吸収されやすい波長を有しています。(中略)当治療も保険の対象となっております」

出典 http://candelakk.jp/

2-3.アレキサンドライトレーザーの口コミ

■シミやほくろが1回で薄くなったという声

「私は美容外科でのレーザーが効いたよ。Qスイッチアレキサンドライトレーザーってやつ。 1回でかなり薄くなったよ。 3カ月経ったから、先生の勧めでもう1回打つ予定」

出典 http://itest.2ch.net/

「一年前に顔脱毛に伴い、ジェントルレーザーでホクロ除去しました。2ミリのホクロ一個、六千円。顔に麻酔を打ち(これが一番痛かったですね)、レーザーを何秒か当てました。一週間くらい赤くて、その後かさぶたに。
直射日光に当たるとシミになると言われたので、外出時はマスクしてました。今は、キレイに消えてますよ」

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

■1回では効果が感じられなかったという声

「約一週間前、美容皮膚科でしみのレーザー治療をしてきました。アレキサンドライトレーザーというものでした。今日、かさぶたがとれたのですが元々のしみより少し薄くなったかな? ? とういう感じでそんなに変化が感じられませんでした」

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

3.まとめ

レーザーでは魔法のようにシミが消せるわけではありませんが、1回の治療でかなり薄くなったという人も多いので、ガンコなシミにお悩みの方は試してみる価値はありそうです。ただし、肝斑に当てるとかえって濃くなってしまいますのでカウンセリングでしっかりと肌の状態を見てくれるクリニックを選ぶようにしてください。また、人によってはアレルギー症状を起こすことがあるので肌が弱い方はテスト照射をしてくれるところを探してみてください。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

形成外科 美容外科 皮膚科 美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市港南区港南中央通13-24
最寄駅:横浜市営地下鉄線港南中央駅徒歩1分。京浜急行線、横浜市営地下鉄線、上大岡駅徒歩8分
院長:稲葉岳也
診療時間:月・火・水・木・金・土 9:30~13:00、15:00~18:30
休診日:日・祝

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう