婦人科治療のコラム一覧

  • 小陰唇縮小術の費用、口コミなど。女医に相談可能なクリニックも紹介

    女性のからだの悩みのなかでも特にデリケートなものが女性器に関する悩み。人と比べることができないので「もしかしたらみんなと違うのかな?」という不安を抱えている人が意外に多いのです。なかでも小陰唇(しょういんしん)の肥大や左右差などは意外と多い悩み。ここでは気になるけれど、なかなか人に聞けない「小陰唇縮小術」がどんな手術なのか、どんな修正ができるのかなどについて詳しく解説していきます。 1.気になる小陰唇縮小術ってどんな施術? 1-1.小陰唇(しょういんしん)とは 1-2.小陰唇の悩み。相談が多いのは? 1-3.小陰唇縮小手術を受ける女性が増えている? 2.小陰唇縮小術とは? 2-1.小陰唇縮小術のプロセス 2-2.小陰唇縮小手術のダウンタイム 2-3.切らない小陰唇縮小(インティマレーザー) 2-4.小陰唇縮小術の費用。保険適用になる? 2-5.小陰唇縮小手術の口コミ

  • 産後の悩みに膣縮小術。女医が在籍するクリニック紹介

    婦人科形成に関する悩みのなかでも周りに相談しにくいのが、膣の広がりに関する悩み。加齢によって起こる変化やパートナーからの指摘など、きっかけはさまざまですが、ひそかに悩んでいる人が多いトラブルです。ここでは膣の広がりが起こる原因や婦人科形成クリニックで受けられる最新の膣縮小手術について詳しく説明していきます。 目次 1.誰にも相談できない!膣に関する悩み 1-1.膣の広がり 1-2.膣の広がりが起こる原因とは 1-3.膣の広がりによって起こるトラブル 1-4.膣の広がりを解消するエクササイズ 2.膣縮小手術とは 2-1.膣縮小手術の種類 2-1-1.レーザー治療 2-1-2.HIFUによる治療 2-1-3.高周波、超音波による治療 2-1-4.フィラー(皮膚充てん剤など)による治療 2-1-5.膣の内部を縫い縮める手術 2-2.膣縮小手術の口コミ 2-

  • 膣粘膜のリジュビネーションにCO₂レーザー治療機フェムタッチ(U CLINIC SHINJUKU)

    美容皮膚科でできる切らない治療など、負担が比較的少なくなり、選択肢が広がってきつつある婦人科治療。閉経前後の女性、産後の女性、ホルモンバランスを崩した若い女性のデリケートゾーンの悩みを解消するレーザー治療機の「フェムタッチ」について、U CLINIC SHINJUKU(ユークリニック新宿)の日原文華医師に詳しくお話を伺ってきました。 日常なかなか意識しない膣のエイジングケアも大切とのこと、比較的痛み、ダウンタイム少なく治療できるフェムタッチを検討してみてください。 膣粘膜に直接レーザーを照射、蒸散させて傷をつけることでコラーゲンの新生や血管新生を促します。それにより粘膜が厚くなり、膣粘膜のリジュビネーション(若返り)をしていく治療になります ーフェムタッチの効果、特徴を教えてください。 日原先生(以下H):フェムタッチは膣用のCO₂レーザーになります。閉経後の女

    この記事は、
    U CLINIC SHINJUKU
    日原文華医師が監修しています。

  • デリケートゾーンの黒ずみ、ニオイなど、症状別ケアを紹介

    デリケートゾーンは、その呼び名の通りあらゆる意味でデリケートな部分なだけに、なにか悩みが発生したとしても他人に聞くこともできず、本当に困ってしまいますよね。誰にも聞くことができないデリケートゾーンの悩みと、そのケア・解決策について考えてみることにしましょう。 目次 1.デリケートゾーンの悩みってどんなもの? 1-1.デリケートゾーンの黒ずみの原因 1-2.自宅でできるデリケートゾーンの黒ずみ解消方法 1-3.美容外科・美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを治療する方法 1-4.デリケートゾーンのニオイの原因とは 1-5.自宅でできるデリケートゾーンのニオイ解消方法 1-6.デリケートゾーンのかゆみの原因 1-7.自宅でできるデリケートゾーンのかゆみ解消方法 2.まとめ 1.デリケートゾーンの悩みってどんなもの

    この記事は、
    城本クリニック 大阪院
    岩橋晶子医師が監修しています。

Go to Top