婦人科治療のコラム一覧

  • FAGAが気になり始める40代半ば。加齢のせいか薄毛治療が必要かの判別法と治療

    Contents 女性のホルモンバランスについて 女性の薄毛FAGA FAGAに対しての治療やヘアケアのポイント 健康な髪を育てるケア方法とは? 美容クリニックで働いていると女性の薄毛の相談は40代半ばくらいからお悩みの方が増える印象です。健康な髪の毛は若々しくより美しい印象を与えてくれますよね。女性は髪の毛を綺麗に保ちたいと思われる方がほとんどだと思います。 年齢を重ねると量が減ってしまったり、元気がなくなってしまうのはどうしても仕方がないことではあります。しかし、それぞれのお悩みに応じてやれる範囲でケアは行っていきたいですよね。今回の記事では、女性の薄毛のタイプや、手軽なホームケアから美容クリニックで受けられる治療まで紹介していきます。 髪の毛に関しては同性のご友人同士でも相談しづらいと言われる患者さんも多いです。薄毛に悩まれている方の力に少しでも

  • 黒ずみ、緩みなどデリケートケアをお悩み別に。婦人科形成を初めて考えている方へ

    Contents 婦人科美容とは 婦人科美容の種類 まとめ 女性特有の悩みとして膣や陰部、ニップルや胸の大きさなど年齢問わず悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。若い方は色味を明るくしたい、胸の大きさを大きくしたいなどで、年齢を重ねていくと膣の緩みや授乳によるバストサイズの低下や色素沈着などお悩みは大なり小なり多岐に渡ります。 特にニップルやVIOなど粘膜の色は、日本人などアジア系であればピンク系からブラウン系の方が多く、明るいブラウンやピンク系の色味を理想として筆者も施術の相談を受けることが多くあります。 たしかに、悩みはあるけれど誰に聞けば良いのかわからない、話しづらいのが婦人科形成です。看護師として美容クリニックで働いているからこそわかることも多いので、幅広く婦人科形成について解説して行きます。 【監修医師からのワンポイント】デリケートな領域

    この記事は、
    ルーチェクリニック
    幡手亜梨子医師が監修しています。

  • パントガールの効果と費用など。女性の薄毛ケア

    薄毛といえば男性特有の悩みのように思われがちですが、最近は抜け毛の相談のためにクリニックを訪れる女性が増えています。女性の薄毛は加齢が大きな原因ですが、ストレスや生活習慣の乱れなどによって抜け毛に悩まされる若い女性も少なくありません。このような女性の薄毛を改善してくれる内服薬として注目を集めているのがヨーロッパにおいて世界で初めて安全性と効果が認められた女性の薄毛のための治療薬、パントガールです。ここではパントガールとはどんな薬なのか、その効果などについて詳しく説明していきます。 目次 1.女性の薄毛のための内服薬・パントガールとは 1-1.7割が実感!パントガールの効果とは 1-2.パントガールの成分 1-3.パントガールの飲み方・効果が出るまでにどのくらいかかる? 1-4.パントガールの副作用 2.パントガールの入手方法 2-1.パントガールはクリニックで処

  • 小陰唇縮小術の費用、ダウンタイム、口コミなど

    女性のからだの悩みのなかでも特にデリケートなものが女性器に関する悩み。人と比べることができないので「もしかしたらみんなと違うのかな?」という不安を抱えている人が意外に多いのです。なかでも小陰唇(しょういんしん)の肥大や左右差などは意外と多い悩み。ここでは気になるけれど、なかなか人に聞けない「小陰唇縮小術」がどんな手術なのか、どんな修正ができるのかなどについて詳しく解説していきます。 【監修医師からのワンポイント】小陰唇の大きさ、形で悩まれている方は、とても多くいらっしゃいます。私が担当した方で、中学生時代から手術を受けたかったけど、誰に相談していいか分からなかった20代の方や、手術があることを知らず、もっと早く受けたかった!という40代の方がおられました。 小陰唇縮小術は、デリケートな部分で他人と比較しにくいため、お悩みを1人で抱えがちです。小陰唇という単語も一般的ではなく、なか

    この記事は、
    ライフビューティークリニック大宮
    松本典子医師が監修しています。

  • 産後の悩みに膣縮小術。美容クリニックでのさまざまな膣縮小術の方法とは

    婦人科形成に関する悩みのなかでも周りに相談しにくいのが、膣の広がりに関する悩み。加齢によって起こる変化やパートナーからの指摘など、きっかけはさまざまですが、ひそかに悩んでいる人が多いトラブルです。ここでは膣の広がりが起こる原因や婦人科形成クリニックで受けられる最新の膣縮小手術について詳しく説明していきます。 【監修医師からのワンポイント】 尿もれや、お風呂後に膣からお湯が出たり、ちならが気になったりと多くの方が膣の緩みで悩まれています。けれど他の人にはなかなか相談しにくい内容で自分だけかもと恥ずかしいと思われる方が多く、誰にも相談できずにいることが多いと思います。今は膣圧も測定できるのでまずは客観的に確認するためにもカウンセリングでご相談いただければと思います。 目次 1.誰にも相談できない!膣に関する悩み 1-1.膣の広がり 1-2.膣の

    この記事は、
    東京美容クリニック 表参道本院
    山村菜実医師が監修しています。

  • すそわきがの原因と美容クリニックでの治療法

    体臭のなかでももっとも人に相談しにくいのが、陰部からの臭いである「すそわきが」です。わきの下の臭いと同様、腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれる症状のひとつで原因もわきがと同じだと言われています。 ここではすそわきがとはどんな症状なのか、原因や治療方法を詳しく説明します。 【監修医師からのワンポイント】 デリケートゾーンは第二の顔と呼ばれており、多くの方がケアをする時代になってきています。見えるところだけではなく、見えないところもケアすることでさらに女性らしくなれると思います。実は悩まれている方はとても多く、お肌のお悩みとともにご相談される方も多くいらっしゃいます。少しでも気になられているようでしたら、婦人科領域をしているクリニックへお気軽にご相談ください。 目次 1.すそわきがとは 1-1.すそわきがとは。どんな症状が起こる? 1-2.すそわきがの

    この記事は、
    東京美容クリニック 表参道本院
    山村菜実医師が監修しています。

  • 産後の抜け毛対策、市販からクリニック薄毛治療まで

    出産後、多くの女性が経験する抜け毛の悩み。シャンプーしたときに排水口に溜まった抜け毛を見て「このまま薄毛になってしまうのでは……」と不安を覚えた方もいるのでは?では、この産後の抜け毛はいつまで続くのでしょうか。ここで産後の抜け毛の原因や対策、その他の女性の抜け毛・薄毛のトラブルについて詳しく説明しましょう。 目次 1.産後の抜け毛とは 1-1.産後に髪の毛が抜ける原因 1-2.産後の抜け毛はいつまで続く? 1-3.産後の抜け毛対策 2.今、増えている女性の抜け毛・薄毛の悩み 2-1.年齢による女性の抜け毛・薄毛 2-2.ストレスや無理なダイエット、生活習慣の乱れによる抜け毛 2-3.女性男性型脱毛症とは 3.女性の抜け毛・まとめ 1.産後の抜け毛とは 妊娠中はそれほど気にならなかった抜け毛が出産後、急に増えた……。こんな声をよく聞きますよね。産

    この記事は、
    しのぶ皮膚科
    蘇原しのぶ医師が監修しています。

  • FAGAにも効くミノキシジルの副作用とは

    発毛効果があるとして服用する人が多いミノキシジル。最近は薄毛で悩まされる女性も増えているため、男性だけでなく女性でも服用する人が増えているんだそうです。ただ、ミノキシジルについては、副作用が起きるので注意が必要という声も聞かれます。 ここでは、ミノキシジルについてのと気になる副作用についてまとめてみましたので、服用を考えている人はぜひ参考にしてくださいね。 目次 1.ミノキシジルとは? 1-1.ミノキシジルのメリット 2.女性に薄毛が増えている原因とは? 2-1.女性でも使用者が増えているミノキシジル 3.服用するとむくみや動悸が起きる? 3-1.副作用が起きる確率 3-2.ミノキシジルのほかの副作用 3-3.女性の使用で気を付けたいこと 4.まとめ 1.ミノキシジルとは? ミノキシジルは、育毛剤に使用される代表的な成分で、AGA(男性型脱毛症)の

  • 膣粘膜のリジュビネーションにCO₂レーザー治療機フェムタッチ(U CLINIC SHINJUKU)

    美容皮膚科でできる切らない治療など、負担が比較的少なくなり、選択肢が広がってきつつある婦人科治療。閉経前後の女性、産後の女性、ホルモンバランスを崩した若い女性のデリケートゾーンの悩みを解消するレーザー治療機の「フェムタッチ」について、U CLINIC SHINJUKU(ユークリニック新宿)の日原文華医師に詳しくお話を伺ってきました。 日常なかなか意識しない膣のエイジングケアも大切とのこと、比較的痛み、ダウンタイム少なく治療できるフェムタッチを検討してみてください。 膣粘膜に直接レーザーを照射、蒸散させて傷をつけることでコラーゲンの新生や血管新生を促します。それにより粘膜が厚くなり、膣粘膜のリジュビネーション(若返り)をしていく治療になります ーフェムタッチの効果、特徴を教えてください。 日原先生(以下H):フェムタッチは膣用のCO₂レーザーになります。閉経後の女

    この記事は、
    U CLINIC SHINJUKU
    日原文華医師が監修しています。

  • デリケートゾーンの黒ずみ、ニオイなど、症状別ケアを紹介

    デリケートゾーンは、その呼び名の通りあらゆる意味でデリケートな部分なだけに、なにか悩みが発生したとしても他人に聞くこともできず、本当に困ってしまいますよね。誰にも聞くことができないデリケートゾーンの悩みと、そのケア・解決策について考えてみることにしましょう。 目次 1.デリケートゾーンの悩みってどんなもの? 1-1.デリケートゾーンの黒ずみの原因 1-2.自宅でできるデリケートゾーンの黒ずみ解消方法 1-3.美容外科・美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを治療する方法 1-4.デリケートゾーンのニオイの原因とは 1-5.デリケートゾーンのかゆみの原因 1-6.自宅でできるデリケートゾーンのかゆみ解消方法 2.まとめ 1.デリケートゾーンの悩みってどんなもの? ひとことでデリケートゾーンの悩みといっても、年齢や体調によってさまざまな症状があります。具体的にどんなこと

    この記事は、
    産婦人科医
    岩橋晶子医師が監修しています。

Go to Top