鼻中隔延長のコラム一覧

  • 鼻中隔延長術 耳介軟骨

    鼻の長さが短く、鼻の穴(鼻孔)が正面から目立つ、いわゆるぶた鼻、アップノーズと呼ばれる鼻を改善します。鼻孔のちょうど中心にある鼻中隔という軟骨に、自分の体から採取した軟骨(耳介軟骨や肋軟骨)を継ぎ足して鼻先を下方に延長したり、鼻尖の角度を変えることができます。高度な技術を要する手術のため、術前に3DCTや実態モデルを作成して術前に十分な検討を行う施設もあります。皮膚の固さや鼻の組織の量によっては延長効果に限界があります。
    プロテーゼ挿入や自家組織を使った隆鼻術との複合オペもよく行われます。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 鼻尖縮小術(鼻尖形成術、だんご鼻解消術、鼻先修整)

    鼻先が丸い、いわゆるだんご鼻を細く、シャープにします。鼻尖の軟骨の調整とその周りにある脂肪をとってすっきりさせ、左右の軟骨を寄せてシルエットを整え、固定するのが、基本的な方法です。同時に耳介軟骨を鼻尖に移植して調整することもあります。鼻の穴の内側を切開するので、傷跡は外から見えません。なお、術法は軟骨の状態、皮膚の厚み、脂肪の量などによって最適なものが選ばれます。

    小鼻縮小や隆鼻術との合わせて施術することもあります。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 切らない鼻中隔延長術の効果は。メリット、デメリット、口コミ紹介

    目元に次いで整形願望が多いパーツである鼻。顔の中心にある鼻の形が整うと、一気に美人顔に見せることができます。でも、実際には「上向きの鼻が気になる」「正面から見たとき鼻の穴が見えるのがイヤ」という人が多いのではないでしょうか。すっきりと美しい鼻に整えるためには鼻中隔延長という手術が有効とされてきましたが、最近では「切らない鼻中隔延長」の施術を行うクリニックも増えてきています。ここでは従来の鼻中隔延長と切らない方法との違いを詳しく説明していきます。 目次 1.切らずに鼻を美しく整える鼻中隔延長手術 1-1.切開する鼻中隔延長手術の効果 1-2.切開する鼻中隔延長手術のダウンタイム 1-3.切開する鼻中隔延長手術のリスク 1-4.切開する鼻中隔延長手術の失敗例 2.切らない鼻中隔延長術とは 2-1

  • 鼻柱下降術

    鼻柱とは、左右の鼻の穴の中心部分のことです。鼻中隔とも呼ばれ、クリニックによっては「鼻中隔延長術」という施術名で行う場合もあります。

    鼻柱下降術では、鼻柱の付け根部分を下げ(唇に近づけ)て鼻全体のラインを美しく整えます。鼻が最も自然かつ美しく見える鼻柱の位置は、鼻柱の付け根が小鼻の付け根よりもやや下に位置している状態です。鼻柱だけを下げる鼻柱下降術では耳介あるいは鼻中隔軟骨を採取して、鼻柱の正しい位置に挿入します。鼻の穴の中を切開して行うので、外からは傷口が見えません。

    なお、鼻柱下降術単独の施術は効果が分かりにくいケースがあります。鼻柱をしっかり下げたい、鼻柱だけでなく鼻尖も下げたい場合、耳介軟骨や肋軟骨を移植する鼻中隔延長術や鼻尖形成が適しています。これら施術では、鼻柱の付け根部分だけを下げたいのか、鼻尖(鼻先)も下げる方がいいのかなど、どんな鼻になりたいのか明確にしておく必要があるでしょう。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 鼻孔縁下降術

    鼻孔縁下降術では、鼻の穴の上縁部分を下げて、正面や横から見た場合に鼻の穴が小さく見えるようにします。自然で美しいと感じるのは、鼻の穴が正面や横から見た場合にほんの少しだけ見えている状態(楕円形)です。このような状態にするために、鼻の穴の上縁部分に軟骨を移植し、縁の位置を下げるのがこの施術です。

    軟骨は耳介から採取し、鼻の穴の中を切開して移植します。そのため、傷口は外から見えません。鼻の穴の縁が下がりすぎていて、鼻の穴が大きく見える見える場合は、鼻孔縁挙上術という手術を行います。 

    鼻孔縁下降術はいわゆるぶた鼻の人には向きません。ぶた鼻は、前からみたときに、鼻の穴だけでなく鼻柱(左右の鼻の中心部分)まで見えてしまっている状態です。このような状態を改善するには、鼻孔縁下降術よりも鼻柱下降術が適しています。鼻の状態によっては、鼻柱下降術と鼻孔縁下降術の両方を行う必要があるでしょう。なお、クリニックによっては、鼻孔縁延長や鼻孔縁形成術という名称で呼ばれることもあります。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

  • 鼻骨骨切り術(ハンプ切除、鼻骨幅寄せ術、わし鼻、段鼻修正術)

    鼻筋の真ん中部分が突出している「わし鼻」や、鼻骨が前に突出して段差ができているいる「ハンプ」と呼ばれる骨の段差部分を修正してまっすぐな鼻筋にするのが鼻骨骨切術です。わし鼻は上部が鼻骨、下部が外側鼻軟骨で構成されていて、この2つの接合部分が段差になっています。そのため、上部の骨を削るとともに下部の軟骨の修正も必要となります。 

    わし鼻修正では、軟骨部分をメスで適量カットして鼻骨をノミで削り取ります。ただし、極端なわし鼻では、ハンプ部分を削っただけでは正面から見たとき鼻筋が平らになってしまうことがあります。この場合、「鼻骨幅寄せ術」を追加し、鼻筋を細く整えることもあります。

    鼻骨幅寄せ術では、鼻専用ノミで鼻骨に数箇所切れ込みを入れた後、骨を真ん中にずらすようにして寄せ、最適な幅に修正します。鼻の穴から切開、骨切りを行うので、外に傷は目立ちません。

    この記事は、
    よだ形成外科クリニック
    依田拓之医師が監修しています。

Go to Top