医療機関でしか消せない! アートメイク除去したい場合に知っておくこととは? レーザー除去の費用、口コミなど
2017.08.04 更新

この記事は、いなばクリニック稲葉岳也 先生が監修しています。

出典 https://www.photo-ac.com/

数年前に眉毛のアートメイクをしたけれど、眉の形が流行遅れになってきた気がする……。そんな悩みをお持ちの方はいませんか? 毎朝のメイク時間を圧倒的に短縮できる、アートメイク。すっぴんでもキレイでいることができ、眉やアイラインなどをうまく描けない人にも人気の施術ですが、今、アートメイクを除去したいという方も増えています。美容外科で行うアートメイク除去はどこまできれいに消すことができるのでしょうか。アートメイクの問題点と合わせて詳しくお話していきます。

目次

  • 1.アートメイク除去、どこまできれいに消せる?
  • 1-1.アートメイク除去の方法
  • 1-2.アートメイク除去は1回できれいになる?
  • 1-3.アートメイク除去のダウンタイム
  • 1-4.アートメイク除去の費用
  • 1-5.アートメイク除去の問題点
  • 1-6.アートメイク除去の口コミ
  • 1-7.アートメイクを除去する薬品は危険!
  • 2.アートメイクの問題点
  • 2-1.アートメイクは医療機関で
  • 2-2.アートメイクで逮捕者も
  • 2-3.アートメイクをする前に知っておきたいこと
  • 3.まとめ

1.アートメイク除去、どこまできれいに消せる?

ファッション感覚で眉やアイラインのアートメイクを受ける人が増えていますが、アートメイクは自分で消すことができません。アートメイクの除去は医療機関でレーザーを使って行われています。

1-1.アートメイク除去の方法

■Qスイッチヤグレーザーによる施術

アートメイクの色は黒や茶色などの色がほとんどなので、メラニン色素に反応するQスイッチヤグレーザーなどによってかなり薄くすることが可能です。

このレーザーは濃い色に反応しやすいので、人によっては1回の施術でだいぶ薄くなります。アートメイクの色を入れた深さや色の濃さによっても変わりますが、3回程度施術を受けることで、ほぼ元通りの状態の肌に戻すことも可能です。

■Qスイッチヤグレーザーでアートメイクが消えるメカニズム

しみの治療にも用いられるレーザーでアートメイクの色素のみをピンポイントで破壊していきます。色のついていない周辺組織には反応しないため、肌へのダメージが最小限で済むのが大きなメリット。レーザーが照射された色素は小さく分解されて、見えないほどの大きさになっていきます。

レーザーによってダメージが与えられることで、新陳代謝が促進される作用もあります。こうして小さく分解された色素を含む古い細胞が押し上げられ、やがて垢となってはがれ落ちていきます。

アートメイクの場合、黒や茶色など色味が異なることもありますが、レーザーの出力レベルを変えることで効果的に薄くしていくことが可能です。体に入れるタトゥーや刺青の場合、黒や茶色以外の色を使用していることも多く、その分きれいに消せないケースや施術回数がより多くかかるケースも少なくありません。これに対して、アートメイクの場合、範囲がせまいことや黒や茶色といった色に限られていることから比較的、効果が現れやすくなっています。

■施術の流れ

まずはカウンセリングを受けて、治療のリスクやかかる回数、費用などの説明を受けます。その後、麻酔クリームを塗って30分程度待ちます。その上で局所麻酔の注射を打ってから、レーザーを照射していきます。照射後は軟膏を塗布して終わりです。レーザーの照射は10分程度。軽くゴムではじいた程度の痛みと言われていますが、実際には痛みが強いと感じる方も。

1-2.アートメイク除去は1回できれいになる?

 

アートメイク除去は1回できれいになる?

出典 https://www.photo-ac.com/

満足できるまで薄くなる、あるいは消せるまでにかかる施術回数は、色の濃さや色を入れた位置の深さ、患者さんの年齢などによって異なります。色の薄いアートメイクであれば1回でもかなり目立たなくなりますが、6~8週間の間隔をあけて、2回以上行う人が多いようです。

眉毛のように比較的広範囲に色が入っている場合や薄い色と濃い色が混在している場合は複数回の施術が必要になることがほとんど。まずはカウンセリングを受けて、どのくらいの回数が必要になるか説明してもらいましょう。

1-3.アートメイク除去のダウンタイム

アートメイク除去のためのQスイッチヤグレーザーのダウンタイムはどのくらいかかるのでしょうか。

■回数を重ねるごとにダウンタイムも短くなる!

最初の1~2回の施術後は、3~4日くらい腫れが残ります。これは皮膚に入っている色が濃いため。3回目以降の施術は腫れが残っても2日程度とダウンタイムが短くなっていきます。

■施術後の経過と注意点

Qスイッチヤグレーザーの施術後は肌が紫外線に対して敏感な状態になっています。手術当日はサングラスや帽子を持参するなどして、帰宅するさいに患部が紫外線に当たらないで済むようにしましょう。シャワーや洗顔、お風呂は当日からOKですが、メイクは翌日以降からにしてください。

照射後1~2週間程度でレーザーを照射した箇所がかさぶたになってきますが、これを絶対にはがさないように注意してください。自然にかさぶたがはがれたあとは炎症後色素沈着が一時的に濃くなったように感じることも。このとき、紫外線に当たるとシミになりやすいので肌に優しい日焼け止めを使用して肌をガードしましょう。

1-4.アートメイク除去の費用

Qスイッチヤグレーザーでアートメイクを除去する場合の費用は両眉で2~4万円、両目のアイラインで1~3万円程度となっています。ただし、これは1回当たりの費用。1度で完全に除去できるわけではないので、カウンセリング時に医師から、何回程度施術を受ける必要があるか説明してもらうようにしましょう。

1-5.アートメイク除去の問題点

■一部の眉毛やまつ毛が生えてこなくなることも

「レーザーって脱毛に使われるけど、眉毛やまつ毛に影響はないの?」と心配する方もいるのではないでしょか。確かにQスイッチヤグレーザーもメラニン色素に反応するレーザーであるため、照射することで眉毛やまつ毛の毛根が影響を受けることもあります。

施術後しばらくすれば、また生えてくることがほとんどですが、部分的に生えてこなくなることも考えられます。といっても、眉毛が完全になくなるわけではありません。気になる人はクリニックのサイトなどでbefore/afterの写真をチェックしてみるとよいでしょう。

■どこまできれいに消えるかは人によって違う

アートメイクがどこまできれいに消せるかは、色や色を入れた位置の深さ、どこにアートメイクを入れたか、また患者さんの年齢によっても違ってきます。人によっては薄くなる程度で完全に消えないことも。

アートメイクは安全性の高い色素を肌の真皮層に入れて着色する施術です。真皮層に入れた色素は薄くなることはあっても、完全に消えることはありません。針を使って色を入れていくという原理から考えると、アートメイクは刺青と同じだということを忘れないようにしたいものです。

■アートメイクが原因で起きた肌トラブルは保険適用?

レーザーはあくまでも色を消すためのもの。エステサロンなど施術者の技術レベルの問題で傷になったりケロイドになったりしている部分までは改善できません。傷跡になってしまっても、もともとが審美目的で受けている施術であるため治療の際には保険が適用されず、自由診療となります。

1-6.アートメイク除去の口コミ

「アートメイクは時間の経過とともに消えるから、永久に残るわけではない」という意見もあります。でも、完全に、そしてキレイに消えることは少なく何年もの時間がかかるのが現実。実際にアートメイク除去の施術を受けた方の口コミをチェックしてみましょう。

■目の際ぎりぎりの粘膜部分に入れたアートメイクはなかなか消えないという声も

■やっぱり痛い…という口コミ

1-7.アートメイクを除去する薬品は危険!

インターネット上で「アートメイクを除去できる」と謳ったクリームやローションなどが販売されていることがあります。配合されている成分は美白成分であるハイドロキノンやパルミチン酸ジメチルメトキシクロマニル、イボの除去に使用されるトリクロロ酢酸などがあるようです。

実際に使用した人の中にはこうしたクリームに含まれる成分によって、肌がダメージを受け、メイクでも隠せないほどの赤い色素沈着が起こってしまったと後悔している人も。このようなダメージを受けても美容外科・美容皮膚科などで治療を受ける場合は自由診療になるということも忘れないようにしましょう。

アートメイクやタトゥーを消せるという効果のほどは別にしても、肌に針を刺して定着させている色素を薄くできると謳っているということは皮膚が大きなダメージを受けることが容易に想像できます。さらに後悔する結果にならないためにも、このようなクリームやローションを使用するのは絶対にやめましょう。

2.アートメイクの問題点

アートメイクの問題点

出典 http://gahag.net/

最近は、エステやネイルの施術を受けるような感覚で、アートメイクをする若い女性が増えています。同時にアートメイクの除去を希望する人も増えているということは、安全かつ満足度の高い施術を受けられる機関が少ないということでもあります。そもそも、アートメイクは医療機関でなければ受けられないということをご存知ですか? 

2-1.アートメイクは医療機関で

アートメイクは医療機関で

出典 https://www.photo-ac.com/

アートメイク除去を希望してクリニックを受診する人のほとんどは、エステサロンで施術を受けている人です。肌に針を刺して色を定着させる施術であるアートメイクは、本来は医師免許がなければ施術をすることができません。

厚生労働省では「医師の監督の下、医療従事者が施術を行うことは問題ない行為」としているため、医師が常勤しているクリニックであれば、医師でなくてもアートメイクの施術は可能。でも、エステサロンで施術を行うのは違法なのです。

■感染症にかかる危険性も

針を使用するアートメイクは使用する器具や材料の不適切な衛生管理によってB型肝炎やC型肝炎、HIVウィルスなどに感染してしまう可能性もゼロではありません。よく「針は使い捨てだから」というサロンがあるようですが、使用している色素からウィルスに感染することも十分に考えられます。

2-2.アートメイクで逮捕者も

ここ数年、アートメイクによる被害を訴える人が増えていることから、国民生活センターではエステサロンで施術を受けないよう注意喚起を行っています。また、全国で違法エステサロンの摘発が続いていることをご存知の方も多いでしょう。違法サロン施術を受けた人からは、傷やケロイドになってしまったという声が多数あがっています。

「医師の資格がないのに、針で皮膚に色素を注入して眉などを描く医療行為『アートメイク』をしたとして、名古屋・北署と愛知県警生活経済課は、医師法違反の疑いで、美容サロン経営者を逮捕した。
 逮捕容疑では、2007年から15年10月の間、医師免許がないにもかかわらず、店内で女性3人に計18回、施術したとされる。
 3人のうち、北区の無職女性は眉の付近がケロイド状になったため、署などに被害を訴えて発覚した。サロンのホームページでは『ネイルケア専門店』などとしていたが、常連客らに初回は2万円、2回目以降は1回9,000円で施術していたという。
 アートメイクは、化粧しなくても眉の形などが整えられるとされる。独立行政法人国民生活センターはホームページで『入れ墨であることを認識し、どうしてもしたい場合は医療機関で行うこと』と注意喚起している」

出典 日本メディカルアートメイク協会

2-3.アートメイクをする前に知っておきたいこと

アートメイクをする前に知っておきたいこと

出典 https://pixabay.com/

■アートメイクは刺青と同じ

針で色を入れるアートメイクは刺青と同じです。気に入らない場合も、すぐには消せませんし、レーザーで除去する場合、数十万円の費用がかかることも。アートメイクを入れるときには、よく考えて必ず医療機関で施術を受けるようにしましょう。

■流行やファッションに合わなくなる

眉の形には流行があります。弓のような細眉が流行ったこともあれば、太い眉が流行ることも。
また、ファッションによっては眉の色を薄くしたいというときもあるでしょう。アイラインも同様です。ジーンズにTシャツのようなカジュアルなファッションなのに、目の周りをぐるりと囲むアイラインが入っている……というのは違和感がありますよね。

流行遅れのメイクは女性を老けて見せてしまいます。あか抜けない印象を与えないようにするためにもメイクはさりげなく流行に合わせるのが賢い選択。毎朝、きちんとメイクをするのは面倒ですが、薄い眉の人はファッションや流行によって自由に眉を変えられると考えてみてはいかがでしょうか。

3.まとめ

いかがでしたか? 洗顔しても落ちない眉毛やアイラインはとても便利ですが、アートメイクは入れたときと同じように簡単に消せるわけではありません。最近は技術レベルに問題のある施術者による違法サロンの摘発も後を絶ちません。アートメイクを入れるときには刺青と同様、よく考えてからにすること。そして、施術は必ず医療機関で受けることが大切です。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

形成外科 美容外科 皮膚科 美容皮膚科
住所:神奈川県横浜市港南区港南中央通13-24
最寄駅:横浜市営地下鉄線港南中央駅徒歩1分。京浜急行線、横浜市営地下鉄線、上大岡駅徒歩8分
院長:稲葉岳也
診療時間:月・火・水・木・金・土 9:30~13:00、15:00~18:30
休診日:日・祝

アートメイク除去が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅徒歩3分
院長:伊藤 康平
診療時間:10:00~19:00
休診日:
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
最寄駅:東京メトロ丸ノ内線西新宿駅徒歩30秒
院長:中村 大輔
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル3F
最寄駅:JR有楽町駅京橋口徒歩2分
院長:菅原 章隆
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう