“プチ整形”だからって油断できない! 埋没法(二重形成)で失敗を避けるための3つのポイントと6つの具体的失敗例
2018.04.10 更新

この記事は、 よだ形成外科クリニック 依田拓之 先生 が監修しています。

出典 http://gahag.net/

美容整形手術のなかでも気軽に行うことができるイメージがある二重埋没法。切らずにぱっちりとした二重になれる魔法のような方法と考えられがちですが、実は二重埋没法で思うような二重にならなかったいうケースも少なくありません。ここで二重埋没法の失敗例を挙げながら、失敗しないために覚えておきたいことについて詳しくお話していきます。

目次

  • 1.二重埋没法の失敗例ってどんなもの?
  • 1-1.二重埋没法、留める場所による瞼板法、挙筋法とは
  • 1-2.手術後すぐにとれて元に戻るケース
  • 1-3.二重埋没法で思ったような二重にならないケース
  • 1-4.二重埋没法で糸が露出して目を痛みがあり、傷めるケース
  • 1-5.二重埋没法で眼瞼下垂を起こすケース
  • 1-6.ダウンタイムが少ないってほんと!? 腫れがなかなか引かないケース
  • 2.二重埋没法で失敗しないためのポイント
  • 2-1.カウンセリング内容を重視する
  • 2-2.留める点数を増やす(一点留めなどは避ける)
  • 2-3.安い価格にこだわらない。保証制度があるクリニックを選ぶ
  • 3.まとめ

1.二重埋没法の失敗例ってどんなもの?

痛みや腫れが少なく、ダウンタイムも短い埋没法は人気の高い方法です。切開法に見られるような明らかな失敗例はそれほど多くありませんが、手軽であるがゆえのデメリットがあります。

1-1.二重埋没法、留める場所による瞼板法、挙筋法とは

二重埋没法とはまぶたに数か所穴をあけて医療用の糸を通し、まぶたの内側から止めて二重まぶたを作る方法です。切開はしないものの、まぶたに針で穴を空けるのでまったく皮膚に傷がつかないわけではありません。
ただし、まぶたに空いた穴は手術後ほとんどわからなくなります。二重埋没法には瞼板法(けんばんほう)と挙筋法(きょきんほう)の2種類があります。

・瞼板法

まぶたの内側にある瞼板で糸を結ぶ方法。まぶたの裏側に結び目が出るが、糸をループ状に止めてまぶたの裏側に糸が出ないようにしているクリニックが多い

・挙筋法

まぶたを持ち上げる筋肉である挙筋で糸を結ぶ方法。まぶたの裏側に糸が出ないため、眼球を傷つけない方法と言われているが、糸が奥深い部分にあるため万が一、元に戻したいときに糸を探しだすのが難しい

「瞼板法は結膜側に糸が出るから目に悪い」「挙筋法は柔らかい筋肉に留めるので糸がゆるんで元に戻りやすい」など、それぞれデメリットがあると言われていますが、クリニックによって、これらのデメリットをカバーするオリジナルの方法を採用しているところもあります。

1-2.手術後すぐにとれて元に戻るケース

二重埋没法の失敗例として、最も多いのが「手術後、すぐに元に戻ってしまった」という例です。もともとまぶたの皮膚が厚い人、まぶたの脂肪が多い人などは特に戻りやすいようです。また、まぶたを開ける力がもともと弱い眼瞼下垂の方も埋没法だけで二重にした場合、元に戻ってしまうことがあります。

また、外側から受ける刺激が原因になることもあります。アレルギーなどで目元をよくこすったり、何かが目に当たったりするなど、強い衝撃を受けた場合などがこれに当たります。

「 私3ヶ月でとれましたよ! 脂肪取りもしたのに25万がパーだよ。埋没なんかしなきゃよかった!次切開します!」

出典 http://girlschannel.net/

「わたしは3回しましたよ。糸が残ってるから次は切開のほうがいいかもって言われてる。2か月前左目再手術したけど、 今度は右目が…やっぱりいちばん動くところだし、老化で瞼がたるんでくるらしいです」

出典 http://girlschannel.net/

1-3.二重埋没法で思ったような二重にならないケース

「幅広の二重や平行二重にしたかったのに、奥二重っぽくなってしまった」「二重の幅が狭すぎる」。二重埋没法の手術を受けた人からこんな声を聞くことがよくあります。こうしたケースはまぶたの脂肪が多い方や皮膚が厚い人などには特に起こりやすくなっています。

「まぶたの脂肪分厚いならやりたい幅の線一本分は広めにやらないと一年ちょいとかで奥二重みたいになるよ
実際にわたしなってるし」

出典 http://girlschannel.net/

1-4.埋没法で糸が露出して目に痛みがあり、傷めてしまうケース

埋没法で糸が露出して目に痛みがあり、傷めてしまうケース

出典 http://gahag.net/

二重埋没法の失敗例の中で速やかに対処する必要があるのが、糸が露出して目に当たっているケースです。まぶた側に糸が出ているだけの場合、それほど慌てる必要はありませんが、まぶた側に糸がでて痛みがある場合、早急に抜糸を行う必要があります。眼球に傷がついていることが多いので、抜糸後、眼科の診察を受けるべきでしょう。

「埋没法で二重にしたけれど、術後すぐから片目が涙が止まらないほどの痛みと痛い部分の充血。翌日に病院へ連絡をするものの先生不在により埋没を行った4日後に病院へ。糸が少し露出しており目に当たっていました。埋没法で二重にすることが怖くなり全ての糸を抜糸。抜糸をしてからも瞼に傷はあるし、腫れたのでなかなかメイクもできず…。(中略)でも、手軽に二重にできるにはリスクがあります。数年経ってから糸が目に出てくる人も居るそうです。(中略)私はすぐに抜糸をしましたが、すぐだったのに取り出すのに時間もかかったし、それなりに痛かったです」

出典 埋没法の経過と埋没法失敗からの抜糸の経過

1-5.二重埋没法で眼瞼下垂を起こすケース

まぶたを開ける力が弱くなって、眠そうな目元になる眼瞼下垂。二重埋没法の手術をすることで、この眼瞼下垂を引き起こすことがあるということをご存知でしょうか。

埋没法のうち、挙筋法はまぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋に糸をかけて二重を作る方法です。この留め方が強すぎると、まぶたを開けづらくなって眼瞼下垂の症状が出ることもあるのです。もともと眼瞼下垂がない場合、抜糸すれば元に戻ることが多い症状です。

「(はっきりした二重にするには)つまりは瞼板の上の部分、眼瞼挙筋に糸をかけてしまえばいいんです。
物理的には骨に糸を通すわけではないので、可能です。(中略)眼瞼挙筋を強く縛ってしまうことで、筋肉の動きが悪くなってしまうのです。例えば、採血や血圧測定で腕をギュッと締め付けられると、指先がしびれて
動かなくなる感覚になったことはありませんか? 目の筋肉も一緒で、眼瞼挙筋に埋没の糸を縛ることで、ギュッと締め付けられた筋肉はしびれたように動きが悪くなり、本来の力を発揮できないわけですね。目の開きが悪くなり、眼瞼下垂になる。目を大きく見せたかったハズが、二重幅が大きくなっても黒目は見えず、眠そうな目になってしまったのです」

出典 タカナシクリニック スタッフガチブログ

1-6.ダウンタイムが少ないってほんと!? 腫れがなかなか引かないケース

埋没法を「ダウンタイムがない」「全く腫れない」と考えている方がいますが、針で穴をあけて糸を通している以上、術後3日くらいはまぶたが腫れます。一般的には瞼板法よりも挙筋法のほうが元に戻りにくいものの腫れが起こりやすいと言われています。

むくんだような状態はそのあともしばらく続き、二重が完成するまでには1カ月程度かかります。腫れが続く期間は何カ所留めたか、瞼板法か挙筋法かによっても変わってきますので、1カ月程度は様子を見ることにしましょう。ブログなどで、「腫れがひかないから失敗したのかも?」と心配している方もいますが、たいていは術後数日だったり1週間程度だったりするようです。手術後は1日に何度も鏡を見たり、手で触れたりせず落ち着くまで待つようにしましょう。

2.二重埋没法で失敗しないためのポイント

二重埋没法で失敗しないためのポイン

出典 http://gahag.net/

二重埋没法は他の美容整形手術と違い、失敗というより満足のいく結果にならなかったというケースが多くなっています。保証制度を設けて、元に戻ってしまった場合や気に入らなかった場合、抜糸や再手術をしてくれるクリニックもありますが、期間は最低半年以上開ける必要があります。また、当たり前のことですが、手術を繰り返すことは避けるべきでしょう。では、二重埋没法を失敗しないためには事前にどんな点に注意すればいいのでしょうか。

2-1.カウンセリング内容を重視する

カウンセリング内容を重視する

出典 http://www.photo-ac.com/

埋没法で希望とおりの二重を手に入れるためには、カウンセリングの内容を重視する必要があります。ポイントは「自分の希望をしっかり、何度でも伝える」「医師のアドバイスをきちんと聞き、検討する」という2点。

希望をしっかりと伝えられず、医師の言われるまま手術を受けると自分の思っていたような二重にならないことがあります。カウンセリングを受けたときの医師と執刀医が違う場合なども、しっかり自分の希望を伝えなおすこと。医師に遠慮してしまって希望を伝えられず、思っていたのと違う二重になってしまったと後悔する人が意外に多いようです。

また、医師のアドバイスをよく聞くことも重要でしょう。埋没法は金額も安く、ダウンタイムも短いので希望する人が多い施術ですが、実際にはまぶたに脂肪がたくさんついている人や皮膚が厚い人、眼瞼下垂気味の人、年齢によるたるみがある人などは埋没法の施術だけで、希望の二重にすることは困難であるケースも少なくありません。特に幅広の二重や平行二重にするなら、埋没法だけで二重を完成させるのは難しい場合があります。

その場合、部分的に切開する「プチ切開」や「目頭切開」「まぶたの脱脂」などの施術を組み合わせることで理想の二重に近づけることができます。良心的なクリニックであれば、埋没法だけでは理想の二重になれないことや合わせて行うべき施術について勧めてくれるはずですが、若い女性の中には「とにかく安く済ませたい」「絶対に切りたくないし、取れてもいいから埋没法で」と希望する人もいるようです。

「遅かれ早かれ絶対に元に戻るから結局切開にした方がいいですよ。私はお直し込みで3回埋没やった後に部分切開やりましたが、埋没のしすぎで皮膚が癒着していたらしく、麻酔が効きにくくて痛かったです…」

出典 http://girlschannel.net/

簡単な手術と言われる埋没法であっても、自分の希望をきちんと聞いて的確なアドバイスをしてくれるクリニックが見つかるまで複数のクリニックのカウンセリングを受けるようにしましょう。

2-2.留める点数を増やす(一点留めなどは避ける)

留める点数を増やす(一点留めなどは避ける)

出典 http://publicdomainq.net/

安い価格で二重埋没法の手術を行っているクリニックの中にはまぶたを1カ所だけ留めて二重を作っているところもあります。「二重クイック法」などと呼ばれる手術は1点留めであることが多く、腫れにくいというメリットがあるものの、元に戻りやすい施術です。

元に戻りにくい方法を選ぶなら、やはり二点留め以上を選ぶべきでしょう。2点、4点、6点留めなどまぶたの状態に合わせて選ぶことができます。留める箇所が多くなれば、その分、腫れも出ることになりますが固定力は強くなるようです。ただし、留める箇所を増やせばいいというものでもないので、あなたのまぶたに合った方法を勧めてもらうようにしてください。また、点でまぶたを留めるのではなく、糸をループ状に通してラインで留め、より固定する力を高めているクリニックもあります。

「(4点留めは)当院のスタンダードな固定法です。ループを重ねてダブルで固定する方法で、内側から外側まで綺麗なラインをしっかりと強力に作ることが可能です。控え目なラインから、派手なラインまで対応でき、非常にはずれにくい方法です」

出典 プリモ麻布十番クリニック

「まぶたに通す糸の本数によって1点留め、2点留めと呼びます(1点留め⇒1本、2点留め⇒2本)。
一般的に、多くの糸を使用した方が固定力は増し安定しますが、その反面、費用が高額となり、腫れや内出血も大きくなります。また、少ない本数でも技術力によりカバーできる場合もあるため必ずしも本数を増やさなければならない、というわけではありません」

出典 聖心美容クリニック

2-3.安い価格にこだわらない。保証制度があるクリニックを選ぶ

二重埋没法は元に戻ることが多い施術であるため、一定期間、無料で再手術してもらえる保証制度を設けているクリニックもあります。また、あきこクリニックのように「もう少し幅広にすればよかった」といった希望も踏まえて保証しているところもあります。何度も手術を繰り返すのはよくありませんが、不安な方はこうした保証制度のあるところを選んでみては?

「あきこクリニックでは、治療・施術後1年間のアフターケア料金が施術料金に含まれています。また、施術後1年間の再施術についても施術料金に含まれています」

出典 あきこクリニック

「糸がとれたり、二重が薄れてきた場合、はじめにご希望されたラインで無料で留め直しできるプランです。1年、3年、永久保証をお選びいただけます。このうち、永久保証のみ、2か月以内でれば1回限りラインの変更をしていただけます」

出典 水の森美容外科

「(プレミアムスーパークイック法は)二重戻り、ラインが薄くなるなど、当院医師の診察により再施術が必要と判断した場合、無料で再施術致します。また、手術から1年間は施術前の状態に戻したい、二重幅の変更をしたいというご希望にも、当院医師の診察により再施術が必要と判断した場合、無料で再施術致します」

出典 品川美容外科

3.まとめ

いかがでしたか? 二重埋没法は失敗というより「すぐに元に戻ってしまった」「思っていた二重と違う」という例が多い施術でもあります。修正手術や再手術を繰り返さないためにも、あなたのまぶたに合った方法を選ぶようにしましょう。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

形成外科 美容外科
住所:宮城県仙台市青葉区花京院1丁目1-6
最寄駅:JR仙台駅より徒歩3分地下鉄広瀬通駅より徒歩10分
院長:依田 拓之
診療時間:月・火・木・金9:30~12:30 14:00~18:30 第2・4土・日9:30~17:30
休診日:水・第2・4日・祝

二重埋没法が受けれられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F
最寄駅:都営大江戸線麻布十番駅7番出口徒歩2分
院長:大場 天祐子
診療時間:10:00~19:00(月~土)
休診日:日
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区港南2-6-3シントミビル5F
最寄駅:JR品川駅港南口徒歩2分
院長:照屋智
診療時間:10:00~20:00
休診日:年中無休
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都豊島区池袋2-6-1 KDX池袋ビル3F
最寄駅:JR池袋駅西口徒歩4分
院長:本間重行
診療時間:09:00~18:00
休診日:年中無休

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta