美容皮膚科 千葉県千葉市中央区

品川スキンクリニック 千葉院

  • 住所

    千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー6F

  • 最寄駅

    JR千葉駅

施術価格

肝斑治療

レーザートーニング(メドライトC6) ホホのみ1回 初回限定:2,700円

関連施術価格

PICOトーニング 鼻・鼻下/ホホ下/コメカミ/ アゴ(各1回)初回限定:5,670円

パール美肌(インフュージョン)顔全体1回 初回限定:2,140円

形成外科・美容外科・美容皮膚科 千葉県千葉市中央区

共立美容外科 千葉院

  • 住所

    千葉県千葉市中央区新町3-7 高山ビル6F

  • 最寄駅

    JR千葉駅

施術価格

肝斑治療

ピコドリームトーニング 顔全体(目の近くを除く)1回:20,900円

関連施術価格

メドライト C6(レーザートーニング)顔全体(目の近くを除く)1回:20,900円

イオン導入 1回 ※オプションの種類により異なります:3,300円

形成外科・美容外科・美容皮膚科 千葉県千葉市中央区

湘南美容クリニック 千葉センシティ院

  • 住所

    千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティビルディング9階

  • 最寄駅

    JR千葉駅

施術価格

肝斑治療

レーザートーニング(肝斑治療) ホホのみ1回:5,500円

関連施術価格

レーザートーニング(肝斑治療)全顔5回:40,530円

イオン導入(エレクトロポーション)トラネキサム酸(トランサミン)(小)顔・首(顎下~鎖骨)・手の甲・足の甲・うなじ・乳輪・踵 1回:5,900円

形成外科・美容外科・美容皮膚科 千葉県千葉市中央区

千葉中央美容形成クリニック

  • 住所

    千葉県千葉市中央区富士見2−2−3 吉田興業第一ビル7F(大和証券ビル7F)

  • 最寄駅

    JR千葉駅

施術価格

肝斑治療

ピコトーニング 顔全体 1回:16,500円

関連施術価格

フォトフェイシャルM22(IPL)顔全体 1回:16,500円

イオン導入 美肌コース 1回:11,000円

皮膚科・ 美容皮膚科 千葉県千葉市中央区

しまだ医院

  • 住所

    千葉県千葉市中央区新町1-20 江澤ビル7階

  • 最寄駅

    JR千葉駅

施術価格

肝斑治療

トラネキサム酸イオン導入 1回: 6,600円

関連施術価格

高濃度ビタミンCイオン導入 1回:4,400円

Qスイッチyagレーザー治療(しみ取り5mm×5mm)1ヶ所:5,500円

※価格はすべて税込です。2021年4月からの消費税含めた総額表示ルールにより、税抜き価格から、プログラムにより自動処理していますので、実際のクリニックホームページの価格と異なる場合があります。また施術のメニュー・価格は、変更になる場合があります。お問い合わせ・予約時、カウンセリング等で確認をお願い致します。記載の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

肝斑治療に関連する施術

肝斑治療に関連する記事

  • レーザートーニングの効果とは。肝斑の改善等に

    美容外科・美容皮膚科で行うシミ取りと言えば、レーザー。でも、頬骨のあたりに左右対称に浮かぶ肝斑や摩擦や紫外線の影響による色素沈着は通常のレーザーを使用すると悪化してしまう可能性があります。これらの肌トラブルや毛穴の開きを改善してくれると言われているのがレーザートーニングです。通常のレーザーよりも弱めの出力なのでダウンタイムが少なく、内服薬などと並行してケアすることでなかなか改善しなかった肝斑やシミが気にならなくなるという魅力的な施術です。ここではレーザートーニングについて詳しく説明していきます。 目次 1.肝斑や色素沈着、毛穴の開きに有効!レーザートーニングとは? 1-1.レーザートーニングとは 1-2.レーザートーニングの効果 1-3.どのくらいの間隔で受ける? 1-4.レーザートーニングの副作用 2.レーザートーニングの現状 2-1.レーザートーニングの効

  • これってもしかして肝斑……? 多くの女性を悩ませる肝斑の特徴とその治療法とは

    【監修医師からのワンポイント】 肝斑は完治が難しい、やっかいなシミの一種です。内服治療や外用治療、レーザーなどを組み合わせて複合的な治療が必要になります。ご自身でも普段から紫外線ケアや、洗顔やメイクのときにこすらないように注意するなど、肝斑を悪化させない工夫をしっかりと行ってくださいね。 そもそも肝斑って何? 肝斑(かんぱん)という言葉を一度は耳にしたことがある人は多いと思いますが、肝斑はいわゆるシミの一つです。 ほほ骨から鼻にかけての部分や額、口の周りにみられることが多い薄茶色の色素斑で、左右対称に出現するのが特徴です。また輪郭はあいまいではっきりしないものが多く、広い範囲にもやっと広がって見えます。 一般的にシミと呼ばれているものは老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)といい、こちらは左右対称にできるものではなく輪郭もはっきりとしているものが多いため、

    この記事は、
    PRIMA CLINIC (プリマクリニック)
    佐藤亜美子医師が監修しています。