毛穴・ニキビ跡治療の救世主か!? 肌の深い層にも届くフラクショナルレーザーの効果や副作用など
2018.07.03 更新

出典 https://pixabay.com/

美肌効果のあるレーザー治療のなかでも人気が高いのがフラクショナルレーザーです。美容皮膚科、美容外科で行われるレーザーの治療はいくつか種類がありますが、フラクショナルレーザーにはどのような特徴があるのでしょうか。ここではフラクショナルレーザーの基本的な知識から最新の施術情報まで詳しくお伝えしていきます。

目次

  • 1.フラクショナルレーザーの基礎知識
  • 1-1.フラクショナルレーザーとは
  • 1-2.フラクショナルレーザーの効果
  • 1-3.フラクショナルレーザーの種類
  • 1-4.1回でも効果があるの?
  • 1-5フラクショナルレーザーのダウンタイムや痛み
  • 1-6.デメリットや副作用は?
  • 1-7.アトピーでも受けられる?
  • 2.フラクショナルレーザー施術の現状
  • 2-1.フラクショナルレーザーのタイプ
  • 2-2.フラクショナルレーザーが受けられるクリニック
  • 2-3.フラクショナルレーザーが安いクリニックは?
  • 3.まとめ

1.フラクショナルレーザーの基礎知識

1-1.フラクショナルレーザーとは

Fractional(フラクショナル)とは小部分の、断片的な、またはわずかなという意味。フラクショナルレーザーはその名の通り点状に少しずつレーザーを照射することによって肌へのダメージを最小限に抑えながら、美肌効果を得られる治療方法です。単純にレーザーの照射方法を点状にしただけではなく、より肌の深い部分にまでレーザーが届くようになっているのも特徴です。

フラクショナルレーザー皮膚への照射断面図

出典 みやた形成外科・皮ふ科クリニック

肌のトラブルに合わせて最適なレーザー治療を提供しているみやた形成外科・皮ふ科クリニックの院長・宮田先生はフラクショナルレーザーについて次のように解説されています。

「治療理論ですが、レーザービームが0.12mmという微小サイズに設定されており、これを一瞬で多数照射、皮膚に無数の穴を開けます。右の図のように、ちょうど蜂の巣状に皮膚に穴が開くとお考え下さい。
穴の深さ、つまり出力が強いほど効果も高くなりますが、出血が多くなり、照射の密度が増すほど赤みが長く残ります。この穴が開いた部分周囲は熱が発生し、周囲の皮膚は収縮します。また穴が治癒する際にも皮膚は収縮、コラーゲンが増加していきます。これによって傷をぼかしたり、線状の傷跡の幅を狭めたり、また凹みを縮めていきます。小じわも引き締め効果で改善します」

出典 みやた形成外科・皮ふ科クリニック

レーザーで肌にダメージを与えて、肌が自らダメージを回復するときの作用(創傷治癒効果と言います)によってコラーゲンやエラスチンなどの成分が作られやすくなり、肌がキレイになるという原理は他のレーザーと変わりません。

通常のレーザーは肌に対して面で照射している分、肌へのダメージが大きくなります。そのため冷却しながら照射を行わなければならなかったり、高い出力パワーでの施術ができなかったりするのです。

フラクショナルレーザーを当てるとちょうど、剣山で肌を押したように点々のあとがつきます。レーザーを当てた部分と当てていない部分が混在することで、肌の回復が早く、かつ部分的に照射するためより強いレーザーを当てることができ、その分、高い効果が得られることになります。

1-2.フラクショナルレーザーの効果

フラクショナルレーザーの効果

出典 https://pixabay.com/

フラクショナルレーザーはそのタイプによっていろいろな効果があります。

■傷跡やニキビ跡、開いた毛穴

肌の内側からコラーゲンやエラスチンが再生されることによって、肌が内側からふっくらします。このことで穴が開いたようになったニキビ跡や毛穴が目立たなくなります。また、傷跡を目立たなくする効果も。男性の方が施術を受けることも多いようです。

深いニキビ跡やクレーター状になったニキビ跡などの治療にフラクショナルレーザーを用いている広尾プライム皮膚科のサイトでは以下のように解説しています。

「フラクショナルレーザーのレーザー光は、無数の微細な光を深部にまで届かせ多くの正常な細胞を残すことができるので、コラーゲンの再構築を促して新しい皮膚を再生するスピードが早く傷跡の治療にも効果的です。(中略)照射によって皮膚表面に開いた微細な穴が治癒する際に、皮膚が収縮することで傷跡をぼかしたり、凹みを縮めることができます」

出典 広尾プライム皮膚科

ケガや手術による傷跡、リストカットの傷跡などは心にもダメージを負ってしまうもの。酒井形成外科では次のような症状にも適していると解説しています。

「陥凹したニキビ跡、傷痕(手術瘢痕、外傷性瘢痕、リストカットなど)、毛穴、小皺などに有効で、肌質の改善や皮膚の若返りが可能です」

出典 酒井形成外科

■しわやたるみの改善、タイトニングといったアンチエイジング効果

肌の生まれ変わりを促すことで、新しい健康な肌が手に入ります。

「レーザーによるコラーゲンの生成で皮膚が再生されると、お肌の入れ替えと同時に強力に引き締めるので、リフトアップ効果があり若返りにも最適な治療です」

出典 広尾プライム皮膚科

酒井形成外科のサイトでは肌へのダメージが少なく、ダウンタイムもほとんどないためアンチエイジングケアには最適と説明しています。創傷治癒のプロセスで肌が引き締まれば、小顔になるというメリットも。加齢とともにフェイスラインが緩んで顔が大きくなってきたように感じることがありますが、フラクショナルレーザーはそんな悩みにも応えてくれます。

「真皮へのレーザー到達は1mm以下なのですが、施術3日目で小顔になった実感があります。まぶたを含め、一度に顔全体に照射することが可能です。肌の若返りを希望される方に特にお勧めです。目の周りのたるみが取れ、目がパッチリした印象になります」

出典 酒井形成外科

■毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

二の腕などにある毛穴のブツブツを毛孔性苔癬と呼んでいます。フラクショナルレーザーは肌の深部にレーザーを照射することで、肌の生まれ変わりを促し、症状を改善してくれます。美容皮膚科マグノリア皮膚科クリニックでは従来、毛孔性苔癬の治療に用いられていたダーマローラーよりも痛みやダメージの少ないフラクショナルレーザーを勧めています。

「フラクショナルCO2レーザーは肌に極小の孔を作って刺激し、深部から肌を入れ替えます。肌が入れ替わることによってくすみ、細かいしわ、毛穴開き、ニキビ跡のクレーター、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)が改善し、お肌がなめらかになります」

出典 マグノリア皮膚科クリニック

マグノリア皮膚科クリニックの院長である池上彩子先生のブログでも安定した効果が得られるようになってきたと紹介されています。

「二の腕のブツブツは『毛孔性苔癬』と呼ばれる症状で、皮膚疾患というよりも体質です。二の腕のブツブツはケミカルピーリングや塗り薬といった表面的な治療ではあまりキレイにならず、肌の奥から入れ替える治療が効果的です。(中略)フラクショナルレーザーも設定やあて方で効果や副作用が全く変わります。導入してからどんどん照射方法を変えてかなり安定した効果を得られるようになりました」

出典 マグノリア皮膚科クリニックの美容皮膚科女医によるブログ

1-3.フラクショナルレーザーの種類

フラクショナルレーザーには大きく分けて2つの種類があり、それぞれ適応する肌トラブルも若干異なります。

・近赤外線領域の波長を用いたnon ablative(ノンアブレイティブ)

・皮ふを削り取るような作用のあるablative(アブレイティブ)

皮膚を削り取ると言うと怖いイメージがありますが、創傷治癒の段階で新しく健康な肌が再生されるので、安心してくださいね。アブレイティブタイプはダウンタイムも若干長くなる分、効果は高め。それでいて面ではなく、点状に照射するので通常のレーザーよりもダウンタイムは圧倒的に短くなっています。

美容皮膚科タカミクリニックでは深いニキビ跡や傷跡にはアブレイティブタイプを、肌質改善や毛穴縮小にはノンアブレイティブタイプを選ぶなど、肌トラブルや、どの程度までダウンタイムを受け入れられるかによって5種類のレーザーのなかから最適なものを提案してもらえます。

「お肌の悩みに対応した、5種のレーザー治療をご用意しました。多少のダウンタイムがあっても効果を求めたい方、じっくり回数を重ねて治療したい方など、症状やご希望に合わせて医師が最適なレーザー治療をご提案します。(中略)フラクショナルレーザーには主に『ノンアブレイティブタイプ(レーザーによる熱作用利用した治療)』と『アブレイティブタイプ(皮膚の剥脱を行うような治療)』との2種類があります」

出典 タカミクリニック

1-4.1回でも効果があるの?

1回でも効果があるの?<""

出典 https://pixabay.com/

フラクショナルレーザーは1回でも効果が実感できると言われています。ただし、点状にレーザーを当てている分、照射されていない部分が残っていることになるので、複数回施術を受けて肌にまんべんなく照射するのがベストです。ただし、ノンアブレイティブタイプは1回ではあまり変化を感じられないこともあるようです。

「多くの場合、1回でも効果は少し感じますが、照射ムラの補正も兼ねて2か月おきに3回程度の治療が基本となります」

出典 みやた形成外科・皮ふ科クリニック

湘南美容クリニックでは1回の施術で肌にできるアプローチの割合は10~15%と解説しています。肌全体に照射を行きわたらせるには5~10回施術を受ける必要があるというのも納得できますね。

「一回の治療で約10%~15%の肌が再生すると言われ、5~10回を1クールとしています。毛穴の改善やニキビ跡の改善にはCO2フラクショナルレーザーという様に、美容皮膚科の領域でCO2フラクショナルレーザーはスタンダードな治療になってきています」

出典 湘南美容クリニック

1-5.フラクショナルレーザーのダウンタイムや痛み

ダウンタイムが短いと言われているフラクショナルレーザーですが、ダウンタイムは3日程度。照射した部分がかさぶたになって落ちるまでは2週間程度かかるようです。また、ノンアブレイティブかアブレイティブであるか、レーザーの種類によって若干ダウンタイムの長さは変わってきます。

酒井形成外科ではダウンタイムについて以下のように説明しています。4回以上施術をすれば、数年にわたって効果が続くというのも嬉しいですよね。アンチエイジングのためであれば、数年に1クール治療を受ければかなり老化のスピードを遅らせることができそうです。

「施術直後には、1cmほどの膨疹(蚊に刺されたような赤い腫れ)が起こります。真っ赤になり痛みも起こりますが、痛みは数時間で治まります。赤みと腫れは3日目で治まりますが、くすんだような色素沈着になることがあります。ダウンタイムは48〜72時間です。2週間後にはくすみも取れ、肌質が改善します。洗顔は当日より可能で、化粧は翌日より可能です。絆創膏は貼りません。1ヶ月以上間隔を空けて、4回以上の施術が必要です。効果は数年持続します」

出典 酒井形成外科

■フラクショナルレーザーの痛みって?

フラクショナルレーザーは点状にレーザーを照射するため、通常のレーザーに比べると痛みは少ないと言われています。ただし、深いニキビ跡や傷跡には強いレーザーを当てなければ効果が望めません。表面に塗る麻酔クリームが用意されているクリニックがほとんどです。

痛みやダウンタイムを恐れて効果が低くなったり、ほとんど効果が出なかったりするのでは本末転倒です。名古屋にある美容外科、まりもクリニックの院長・牧野良彦先生は効果とダウンタイムのバランスを考えて施術をすることが大切であるとブログの中で説明しています。

「にきび跡の陥凹には、フラクショナルレーザーの中では、このフラクショナルCO2レーザーが一番効果的と思います。しかし、赤み、痛み、痂皮(編注※痂皮(かひ)=かさぶた)はやはり覚悟しといたほうが良いかと。ただし、フラクショナルCO2レーザーは、弱くして、回数を行なっても、効果はほとんど望めないと思っていただいたほうが良いと思います。にきび跡の陥凹の改善には、皮膚の真皮層(真皮中層から下層)までしっかり穴を開けないと効果は望めません。また、治療回数は、密に行ったほうが回数は少なくて済みますが、ダウンタイムが長引くことに。やはりフラクショナルCO2レーザーは、効果とダウンタイムのバランスを取るには、かなり難しい治療の一つです」

出典 まりも先生の三日坊主ブログ

https://twitter.com/azukibaikin/status/773192585502306306

1-6.デメリットや副作用は?

続いてフラクショナルレーザーで起こり得るデメリットや副作用について考えてみましょう。

■色素沈着が起こる

他のレーザー治療と同様、フラクショナルレーザーでも照射レベルや肌質によって色素沈着やシミが残ることがあります。特に治療後、紫外線を浴びたり、刺激の強い化粧品を使ったりすると色素沈着が起きやすいようです。施術後はマスクや帽子をかぶるなどして徹底的に紫外線を避け、刺激の少ない保湿剤を使用するようにしましょう。

■効果が実感できない

副作用とは異なりますが、フラクショナルレーザーを受けても効果が感じられないという人もいます。クレーター状になったような深いニキビ跡では治療に時間がかかるため、施術回数が少ないうちは「変化がない」と感じる人もいます。また、ダウンタイムや赤みを恐れるあまり、照射パワーを低くしているというケースも考えられます。

「当てた直後を見させて頂きましたが、これはにきび跡、毛穴にはほとんど効果がないはず。というのは、赤みは翌日に消失し、痂皮も2~3日で取れる程度。このパワーでは、皮膚の角質を軽く削っている程度で、ケミカルピーリング同様、肌質は良くなる程度で、にきび跡の陥凹、毛穴には効果はほとんどありません」

出典 まりも先生の三日坊主ブログ

1-7.アトピーでも受けられる?

アトピー性皮膚炎だけれど、毛穴の開きが気になる……。そんな場合、フラクショナルレーザーの治療を受けることはできるのでしょうか。アトピーの症状がどのくらいなのかよりますが、レーザーの治療後は肌が乾燥するもの。アトピー肌にとって肌の乾燥は大敵なので、避けた方が賢明でしょう。肌の状態や症状によっては施術を受けられるところもあるようですが、慎重になるようにしてくださいね。

「前にフラクショナルレーザーを受けようと思って某美容クリニックに行きましたが、診察の際にアトピー肌の人が受けると顔が腫れ上がると言われました。肌に小さい穴を開ける治療なので、やはり肌に負担がかかるため避けた方がいいとのことでした」

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

2.フラクショナルレーザー施術の現状

フラクショナルレーザー施術の現状

出典 https://pixabay.com/

ここからはフラクショナルレーザーの導入されている機種や費用についてお話していきます。

2-1.フラクショナルレーザーのタイプ

フラクショナルレーザーはクリニックによって導入されている機種が異なります。また、複数の機種を導入して肌の状態にあったものを選べるところも。ここで一般的な機種を3つ紹介しましょう。

■炭酸ガスレーザー(Co2レーザー) 機種名CO2RE(コア)、eCO2(エコツー)など

現在主流となっているのは炭酸ガスレーザーと呼ばれるフラクショナルレーザーです。

「炭酸ガスレーザー(Co2レーザー)をフラクショナル(分散して)に皮膚に照射することにより最低限のダウンタイムで最大限の効果を出せるようにしています。(中略)従来の炭酸ガスレーザーリサーフェシングといわれる方法は肌表面全体を炭酸ガスレーザーでうすく削り取る治療法でした。この方法ではダウンタイム(施術後の後遺症時間)が長すぎ色素沈着が必発でした。それに比べエコツーは炭酸ガスレーザーを分散照射するのでダウンタイムが格段に短く軽くすみます」

出典 高輪スキンクリニック

■スターラックス1540

ニキビ跡や傷跡、水疱瘡の後、リストカットや根性焼きなどの傷をぼかして気にならない状態にしたいという方に適したフラクショナルレーザー。ノンアブレイティブタイプなので術後の赤みは少なく、ダウンタイムも短いのが特徴。フラクショナルレーザーのなかではパワーが低いので、ダウンタイムが不安という方にお勧め。

「新開発のハンドピースを用いることで、より深い層までコラーゲンを増加させ、ニキビ跡や毛穴、傷跡、小じわにさらなる効果をもたらします。パルスレーザーという非常に短い時間に高出力で照射されるタイプであること、メーカーが特許を取得しているマイクロビームの特性を利用していること、表面を冷却しながら保護して照射できることなど、様々な利点を有するために、米国では非常に高い評価を得ている機械です。
その特性ゆえに麻酔をせずに小範囲にでも実施できるため、よりローコストで、かつより安全に良い結果が得られます」

出典 みやた形成外科・皮ふ科クリニック

■pixel2940

韓国で評価を得たフラクショナルレーザー。肌の表面を浅く削り取るアブレイティブタイプです。術後5日間程度は色素沈着のような状態になりますが、時間がたつと肌がツルツルに。

「にきび跡・クレーター・妊娠線・成長線を目立たなくするのに最も効果を得られます。ピクセルレーザーとは、波長2,940nmのエルビウムYAGレーザーによって、表皮から真皮上層に達する程度の皮膚を細かいドット状に蒸散させ、皮膚の再生力によって新しい皮膚に入れ替え毛穴やにきび跡の凹凸や妊娠線を滑らかにするという最新のレーザー治療法です。一度の治療で表皮の15~20%の入れ替えが可能です。よってターンオーバーを促進させ、にきび跡やクレーターなどの皮膚の陥凹に最も効果があります」

出典 どうたいクリニック美容皮膚科

「レーザー直径はやや大きく、かつ浅いレベルで表面を薄く削っていきます。治療後は5日程度肌が薄茶色になりますが、翌日からお化粧は可能です。雪焼けの後のように少し色が生じる人もいますが、多くの場合はなんとなくがさついたような印象を与えるでしょう。より表面のつや感を増す作用があるタイプで、毛穴を含めて全体に浅くなっていく変化です。同じくニキビ跡を消すような効果はありません。3回以上の治療となります」

出典 みやた形成外科・皮ふ科クリニック

2-2.フラクショナルレーザーが受けられるクリニック

■みやた形成外科・皮ふ科クリニック

4種類のフラクショナルレーザーの中から肌の状態にあったタイプを提案してもらえます。院長である宮田成章先生の提案で誕生した炭酸ガスレーザーeCO2 plusの施術を受けることもできます。ダウンタイムの長さや赤み、かさぶたは強く出るものの、これまでに効果のなかったニキビ跡の改善にも効果をもたらしてくれると言われています。eCO2 plusの費用は1回当たり、両頬で60,000円、顔全体で120,000円。

「ニキビ跡や傷跡、毛穴のレーザー治療の中では、現在最も強力であり、通常のフラクショナルレーザー(スターラックス1540、フラクセル、アファームなど)の数倍の効果が得られる治療機です。
本邦初導入で、現在では国内で最も多くの症例を実施しています。さらに私が提案した装置をメーカーが開発、機能追加した本邦初のeCO2 plusバージョンに進化しました」

出典 みやた形成外科・皮ふ科クリニック

■広尾プライム皮膚科

炭酸ガスレーザーとノーベル賞を受賞した成分である成長因子・EGFの高濃度パックがセットになっているコース。施術直後の赤みを軽減して、肌の回復を促してくれます。費用はフルフェイスで1回40,000円。4回セットは219,600円となります。成長因子パックや麻酔クリーム込でこのお値段は良心的と言えます。

■恵比寿やすみクリニック

ダウンタイムが気になる人には密度を低く、設定をマイルドにするなど、患者さんの悩みやライフスタイルに合わせて施術を行ってくれるクリニック。フルフェイスで初回トライアルが48,000円、3回コースが10%オフの162,000円、5回コースは1回分無料となる240,000円となっています。

■清美会アテナクリニック(福岡)

脱毛や痩身など幅広い施術を行っている福岡の人気クリニック。費用は頬1回9,300円、顔全体5回で114,000円と他のクリニックと比較してリーズナブルです。

■ヴェリテクリニック大阪院

ミスユニバース大阪大会のサポートも行う梅田にあるクリニック。
炭酸ガスレーザーであるeco2がフルフェイスで1回50,000円。成長因子のパックは+5,000円で追加できます。

2-3.フラクショナルレーザーが安いクリニックは?

.フラクショナルレーザーが安いクリニックは?

出典 https://pixabay.com/

1回当たり3万円強から4万円以上するフラクショナルレーザーの施術。「ちょっと高くて続けられそうにない……」という方もいるかもしれません。ここでフラクショナルレーザーの施術が安く受けられるクリニックを紹介しましょう。やはり全国展開しているクリニックは費用が安く済むようですね。

■湘南美容外科クリニック

顔全体が初回限定4,500円、2回目以降も12,960円という低価格で受けられる湘南美容外科クリニック。術後にマスクパックを使用するCo2スキンプレミアムでも顔全体で初回11,800円、2回目以降19,440円というお手頃価格で施術を受けることができます。ただし、別途麻酔代として3,240円、麻酔テープ1枚540円など費用がかかることもあるので、予約時に費用を確認するようにしましょう。

■品川美容外科

Co2レーザーにはグロースファクター(成長因子)マスク付きの「スタンダード」と美肌細胞再生製剤付きの「プレミアム」の2種類のコースがあります。スタンダードは目の下、目じり、唇を除いた顔全体で初回限定4,170円・4回コースで40,000円。プレミアムが初回11,010円で4回コースが56,250円となっています。

3.まとめ

ニキビ跡や傷跡などの気になる肌トラブルやアンチエイジングまで幅広い美肌効果をもたらしてくれるフラクショナルレーザー。高い効果を得るためにはそれなりのダウンタイムを覚悟する必要があるとも言えます。フラクショナルレーザーは費用とダウンタイム、赤みの強さと「どの程度まで効果を期待するか」のバランスが大切。分からないことがあれば、カウンセリングで納得のいくまで質問しましょう。また、間違いなく医師が施術を行ってくれるところを選んでくださいね。

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。価格は、特に記載がない場合、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。記事内の施術については、基本的に公的医療保険が適用されません。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

フラクショナルレーザーが受けれられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta