頬や鼻だけ痩せたい場合のBNLS注射。その効果と従来の脂肪溶解注射との違いとは?
2018.03.28 更新

この記事は、 しのぶ皮膚科 蘇原しのぶ 先生 が監修しています。

出典 https://pixabay.com/

全身のバランスがよくなり、若々しい印象を与えてくれる、きゅっと引きしまった小顔。女性なら誰もが憧れますよね。でも、リンパマッサージやむくみ予防のケアを続けているのに、なかなか顔が痩せないという方も多いのではないでしょうか。中には「痩せているけれど、顔には脂肪がついている」という方もいるかもしれませんね。そこで注目したいのが小顔注射とも呼ばれるBNLS注射です。切らずに小顔、顔痩せが目指せる方法として人気がある施術ですが、どのような効果があるのでしょうか?

目次

1.切らずに小顔、顔痩せを目指すBNLS注射とは

顔にメスを入れたり輪郭を削ったりするのは怖いけれど、少しでも顔を小さくしたいというのが女性の本音。注射だけで小顔、顔痩せが目指せるというのは嬉しいポイントですよね。まず、BNLS注射がどんなものか詳しく見ていきましょう。

1-1.BNLS注射の効果

BNLS注射とは脂肪溶解効果のある植物性の成分を顔に注射することで、小顔や顔痩せを目指すというもの。2011年頃から美容大国・韓国で利用されるようになった施術です。

BNLS注射は施術後、24時間で脂肪が30%減少することが確認されています。気になる頬やフェイスラインに打つことで、脂肪が減り、ほうれい線が目立たなくなるという効果が得られることもあるようです。

最大のメリットは植物性の成分なので、体に優しいという点でしょう。BNLSはメソセラピーの人気が高いスペイン製や韓国製のものが多く、配合されている成分は以下の通りです。

「ヒバマタ:脂肪分解作用
チロシン:脂肪代謝作用
オキナグサ:抗炎症作用、創傷治癒効果、肌再生作用
カラクサケマン:抗炎症作用、創傷治癒効果、肌再生作用
ペルシャグルミ:血管保護作用
アデノシン三リン酸:血管拡張、血管再生
セイヨウトチノキ(マロニエ):抗炎症作用、浮腫(むくみ)の減少作用」

出典 水の森美容外科

ヒバマタとは海藻の一種でヨーロッパではお茶として飲まれていました。オキナグサとはキンポウゲ科の多年草、カラクサケマン(唐草華鬘)は香料として食品にも添加されている成分です。アデノシン三リン酸のみ、化合物ですが、美容外科で使用されている他の注射と比較すると、植物性の成分がいかに多いか分かりますよね。また、ダウンタイムがほとんどないというのも大きなメリットのひとつでしょう。

「BNLS注射は、お顔の脂肪に作用する脂肪溶解注射です。治療効果が最短で3日ほどで実感でき、1週間ほどで作用します。また植物由来成分を主成分としておりますので、体への負担が非常に少なく、腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないことも特徴です」

出典 加藤クリニック麻布

■各成分がもたらす相乗効果も期待できる

BNLS注射は効果の異なる成分を合わせて配合することで、相乗効果が期待できます。脂肪分解成分で柔らかくなった脂肪が血行促進効果のある成分によって排出されやすくなり、顔のむくみも軽減します。創傷治癒効果や抗炎症効果のある成分も入っているので、ダウンタイムも少なめです。

「脂肪分解作用・肌の引き締め作用・リンパ循環作用という3つの作用により、血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の 排出を促す、一石二鳥の施術です!さらに施術後に有酸素運動をすることで基礎代謝があがるという他の美容外科の施術にはない作用が期待できるという声もあります」

出典 湘南美容外科クリニック

■基礎代謝を上げてさらに高い効果も?

クリニックによってBNLS施術後に有酸素運動やマッサージを推奨しているところもあります。代謝を上げることとで柔らかくなった脂肪がさらに排出されやすくなると考えられます。

ただし、施術当日は過度の運動やマッサージは控えるべきという意見もあるので、カウンセリング時にどの程度の運動やマッサージが適切か医師にアドバイスしてもらうようにしましょう。

「マッサージや、有酸素運動は良い結果につながります。マッサージすることでBNLSが皮膚内によく広がり効果的です。有酸素運動は、BNLSで溶けた脂肪を燃焼し減少させると考えられます」

出典 プリモ麻布十番クリニック

「治療後、特に基礎代謝を上げるために、有酸素運動を行っていただくようにオススメしております。それにより、効果の実感がより出やすいとの報告もあります」

出典 水の森美容外科

1-2.BNLS注射の副作用、注意点は?

BNLS注射の副作用、注意点は?

出典 https://pixabay.com/

BNLS注射は副作用が少ない施術です。治療後数日、患部がむくんだり、針の跡が内出血したりすることがありますが、回復も早くダウンタイムはほとんどありません。さらに経年変化もほとんどなく安全性と患者さんの満足度が高い施術になっています。この点がBNLS注射の人気の理由と言えるのではないでしょうか。

「BNLS注射は国内だけでも約20,000例の症例があるそうですが、BNLS薬剤による副作用の報告はないようです。治療実績の長い韓国でも報告はないそうです。(経年変化についても)日本ではもとより、韓国でもないそうです。当院でも、まだ1年程度ですが、治療部位に脂肪がつき易くなるとか、時間とともにへこみや窪んでくるとか、しこりになるとか、そういうご報告は受けておりません」

出典 あびこ駅前クリニック 美容外科を間近で見ているスタッフのブログ

まさにいいことづくめな感じがしますが、以下のようにBNLS注射が向いていない方や施術を受けられないケースもあります。

■脂肪がついていない人には向いていない

BNLS注射は脂肪溶解成分を注射する治療です。そのため、たるみや筋肉のつき具合、顔の骨格そのものが原因で顔が大きく見えている人や顔の脂肪が少ない人が受けても効果は実感しにくいでしょう。医師とのカウンセリングでなぜ顔が大きく見えるのかを確認し、脂肪が原因でないと判断された場合、他の施術を勧められることもあるでしょう。

逆に言えば「顔には脂肪がついているけれど、体は痩せているのでダイエットはしたくない」「ダイエットをしても顔の脂肪がなかなか落ちない」という方には向いているということになります。

■アレルギーを起こす可能性も

植物性の成分が主体で体への負担が少ないとはいえ、人によってアレルギーを起こす可能性はゼロではありません。BNLS注射の場合、血管を保護する作用のあるペルシャぐるみ(くるみの一種)の成分が配合されているので、くるみアレルギーのある方は施術を受けることができません。その他、重度のアレルギーがある方の施術は断っているクリニックもあります。

■甲状腺疾患のある方は施術を受けられない

BNLS注射には甲状腺ホルモンの原料となるチロシンが脂肪の代謝を促進する目的で配合されているため、甲状腺疾患のある方は施術を受けることができません。

1-3.BNLS注射を打つ間隔・回数

BNLS注射を打つ間隔・回数

出典 http://gahag.net/

BNLS注射に含まれている成分は体への負担が少ない上、それ自体に抗炎症効果や創傷治癒効果のある成分が含まれています。そのため、短い間隔で施術を受けることが可能です。脂肪のつき具合によって、注入量を調整する必要がありますが、目に見える効果が実感できるには3回程度施術を受けることが勧められています。

「他の脂肪分解溶液での治療では、治療間隔が通常2~3週間かかっていましたが、BNLSの治療では1週間の間隔で行うことができ、継続して治療を行う場合は治療期間を短縮することができます」

出典 大塚美容形成外科・歯科

1-4.BNLS注射を打てる箇所は?

BNLS注射は皮下脂肪がついている部分であれば、ほとんどのパーツに打つことができます。頬や額、頬骨周辺、アゴ、アゴ下、フェイスラインといった脂肪がつきやすいパーツから、上まぶたや鼻、小鼻にも打つことが可能です。小鼻や鼻先に脂肪がついている場合、BNLS注射を打つことで小鼻が小さくなり、鼻筋が通って見えるようになるという嬉しい例も。

「1回の治療で2本を丸みが目立っていました鼻筋に3回治療をお受けいただき1カ月が経過しました。2回治療後時点では『あまり変化を感じない。』とご本人様は仰っていましたが、3回の継続治療と1カ月が経過したことで徐々に脂肪が減量しまして、鼻筋が細く小さくナチュラルなラインになりました」

出典 加藤クリニック麻布

また、BNLS注射は顔だけではなく、二の腕や下腹部、ふくらはぎ、太もも、ウエスト、お尻など脂肪が気になるボディにも打つことが可能です。

1-5.エラボトックスとの違いとは

小顔になれる注射にはエラボトックス注射があります。BNLS注射とエラボトックスの違いはどこにあるのでしょうか。

エラボトックスとは咬筋(こうきん)と呼ばれる咀しゃく筋の動きを抑制し、縮小させて小顔に導くというもの。咬筋はモノを噛むときや話をするとき、あくびをする時など日常的に使う筋肉です。顔に脂肪が少ないのに、顔が大きく見えるという人は骨格か咬筋の発達が原因であることが多くなっています。

咬筋が発達しすぎていると、コリが蓄積され顔が大きくなるだけではなく、頬骨が張って目立つようになる、目の下のクマやほうれい線ができやすくなるといったトラブルを招くことになります。夜、寝ている間に歯ぎしりをしていたり、歯をくいしばったりする癖のある人は咬筋が発達しすぎている可能性が高いでしょう。

「タンパク質の一種であるボツリヌス・トキシンは、筋肉収縮を弱める作用があります。患部の状態を診察し、適切な量を注入します。注入はわずか数分で終了し、注入直後から普段どおりの生活ができます。またアレルギーなどの心配もほとんどありません。プチ小顔(エラボトックス)はエラの筋肉が発達して顔が大きく見えてしまう方に効果的。 メスを使わずに注入するだけで、3週間~1カ月程度で徐々に効果があらわれ、自然にエラのハリが痩せて行き、フェイスラインがスッキリと細くなります」

出典 品川スキンクリニック

■BNLS注射とエラボトックスを組み合わせることも可能

BNLS注射は脂肪を分解する成分を注射して顔の脂肪を減らすもの。注射で小顔になりたいと思ったら、まず顔が大きく見えている原因を正しく見極める必要があります。もし、咬筋の発達によってエラが張っていてさらに脂肪も気になるという場合、BNLS注射とエラボトックスを併用することも可能です。

またBNLS注射が一度、効果を実感したら後戻りが少ないのに対し、エラボトックスの作用は6カ月程度しか持続しないという違いもあります。

2.BNLS注射の現状

BNLS注射の現状

出典 http://gahag.net/

その安全性の高さと効果の現れやすさから、小顔のための治療として定番になりつつあるBNLS注射。クリニックによっては、BNLS注射以外の同じような植物性の成分を使用した別の名称の小顔注射を採用しているところもあります。実際にどのように施術されるのか、最新の情報と価格について説明していきます。

2-1.BNLS注射を受けられるクリニック

注射で手軽に小顔を目指せるBNLS注射は人気が高いため、多くの美容外科で施術を行っています。最近では従来のBNLSに脂肪分解効果のある新しい成分をプラスしたタイプを使用しているクリニックも増えています。

「また新たに2つの成分が加わりましてBNLS注射がバージョンアップしました。成分の浸透力を高めるなどのメチルポロパンジオールとマンヌロン酸メチルシラノールの脂肪分解作用などの成分が加わり、より効果が向上されております」

出典 加藤クリニック麻布

品川美容外科では「アウトライン」と呼ばれるBNLSと同様の成分を使用した薬剤を採用しています。

「当院で使用している薬剤は、『アウトライン』という名称です。植物由来の成分で、『BNLS』と呼ばれるものと同様の成分です。この新しいお注射による痩身法ですでに3万以上の実績がある当院では、日本において最もこの種の薬品を使用しているクリニックと言えます。つまり、脂肪を取るお注射の成功例の多くは、『アウトライン』での処置なのです。厳格な製造管理のもと、正規品の『アウトライン』の取扱いがあるのは当院のみです」

出典 品川美容外科

また、メソセラピーが盛んなスペインのSimildiet社の「輪郭注射」を採用しているクリニックもいくつかあります。

「『輪郭注射』はダウンタイムなし、腫れなし、かゆみなし、の小顔メソセラピーです! (中略)『輪郭注射』にはステロイドなどもちろん入っておりません。ご安心ください。注入量は、BNLSですと効果を出すためには片側12ccくらい必要です。『輪郭注射』は濃度が濃いのでその3分の1の量で十分効果を発揮します。ほほのエリアであれば片側4cc(麻酔入りで5cc)で十分です。『リポトロフィン』と『メタボライツ』を1アンプルずつ混ぜたものを注入します」

出典 表参道美容外科クリニック

施術を受けるときは、BNLS注射とどんな違いがあるのかカウンセリングで説明してもらうとよいでしょう。

2-2.BNLS注射・施術のプロセス

まずはカウンセリングでBNLS注射が適応するかどうか、判断します。骨格や咬筋の発達が原因で顔が大きくなっている場合、他の施術を勧められることもあるでしょう。

BNLS注射が適応であれば、患者さんの希望に沿って顔のどの部分にどのくらいの量を注入するかを決めていきます。肌を清潔な状態にし、麻酔クリームを塗布、あるいは希望によって笑気麻酔を使用するクリニックもあります。

続いてマーキングをした箇所に注射をしていきます。各クリニックで特殊な針や、内出血しづらい先の丸いマイクロカニューレを使用するなどして、痛みを軽減する工夫しています。特に痛みに弱いという方はカウンセリング時に伝えるといいでしょう。施術後はメイクが可能で、すぐに帰宅することができます。施術後、通常3日程度で効果が現れ始めます。

2-3.BNLS注射の価格

BNLS注射の価格

出典 https://pixabay.com/

BNLS注射の料金はどのくらい注射するかによって金額が変わります。初回限定でモニター価格・キャンペーン価格を設定しているところもあるので、まずはこうしたクリニックで相談してみるのもいいでしょう。

価格の相場は1cc当たり1万円前後。BNLS製剤1本は10ccです。両頬・両サイドのフェイスラインにそれぞれ2~4本程度。アゴ下なら3~5本程度が目安となります。脂肪のつき具合によって量が変わってくるので、どこに何cc打つのかカウンセリングで確認するとよいでしょう。

2-4.BNLS注射が安く受けられるクリニック

■品川美容外科

品川美容外科ではBNLSと同じ成分の製剤を使ったアウトラインという名前で施術を行っています。初回限定で1cc当たり1,000円(初回は5ccまで)、2回目以降も1cc3950円という低価格で受けることができます。

また、ボトックスを同時に打つことも可能。エラボトックスも両頬で初回1,840円、2回目以降8,800円という良心的な価格なので、ぽっちゃり顔だけではなく、エラの張りの両方が気になるという方におすすめです。

「植物由来の成分のため、ほとんどハレやダウンタイムはありません。処置直後からメイクもOKですし、もちろん日常生活にすぐ戻れます。お顔に塗る麻酔をしてから処置しますが、心配な方はリラックス麻酔(笑気麻酔)のご用意もあります(中略)1回の注入でも効果が出る方が大部分ですが、ただ、人によって1回細くなりますと、違う部分もより細くしたい、またはその部分をもっとこのようにしたい等の欲求が出てくる場合もございますので、人によって2~4回程度される方が多いです」

出典 品川美容外科

■みずほクリニック

形成外科・美容外科で20年以上の経験を持つ院長が施術をしてくれるクリニック。BNLS注射1本4,000円、両頬1回(16本)50,000円という分かりやすい価格設定です。新しい2つの成分をプラスした製剤を使用し、さらなる効果アップが期待できるようになっています。即効性が高いため、BNLS注射後他の施術を考える患者さんも多いそうです。

「なお、『BNLS注射バージョン2』では新たに以下の2成分が追加になっています。
・メチルプロパンジオール
 グリコール酸の一種で有効成分の浸透性を高めます。更に保湿効果にも優れています。
・マンヌロン酸メチルシラノール
 脂肪分解、抗炎症、再生、保湿の作用があります」

「個人差はもちろんありますが、注射を行うと72時間程度で効果を認めることができます。実際に「即効性」や「効果」を実感されると「実は○○も気になる」と言う風に他の部位のご相談をしてくださる方も多くいらっしゃいます。痛みや腫れが少ないため、平日の夜に会社帰りに診療に来る方も多いです。問診や注入時間をあわせても30分程度で診療は完了します」

出典 みずほクリニック

■銀座よしえクリニック

初回トライアルとして、BNLSが1本8,000円で好きな本数を打ってもらうことができます。また、痛みの少ないマイクロカニューレを使用しているので、痛みに弱いという方でも安心です。

「当院はBNLSおよび同様の薬剤が開発された当初から試験的に導入を行い、徹底した院内テストを経て関東でも先駆けて施術を開始いたしました。個人差を極力少なくするための知見を蓄積しています。(中略)お肌へのご負担を極力少なくするために、針先にマイクロカニューレを使用しています。通常の針に比べて傷が残りにくく、内部組織を破壊しないため内出血が起こりにくい仕様となっています」

出典 銀座よしえクリニック

■加藤クリニック麻布 東京院・大阪院

東京・恵比寿と大阪・新大阪にある加藤クリニック。新しい成分であるメチルポロパンジオールとマンヌロン酸メチルシラノールを配合した製剤を使用しています。費用はBNLS1本当たり12,000円ですが、モニター価格を利用すると1本8,400円、2本の場合21,600円が15,120円になるのでかなりお得です。

HPではフェイスラインや頬への症例だけではなく、小鼻や鼻頭、上まぶた、アゴ下などさまざまなケースのbefore・after写真を見ることができます。

■湘南美容外科クリニック 福岡院

BNLSが1cc当たりトライアルで2,760円、2回目以降6,297円。サイトではBNLSの効果や各成分がもたらす相乗効果などを分かりやすく解説しています。

「従来の脂肪溶解注射が2~3週間程度かかったのに対し、小顔注射(BNLS)は僅か3日程度で効果が現れます。メスを使わない切らない施術のためにダウンタイムもほとんどなくすぐに理想のお顔になれる、手軽なのに効果が高い施術が小顔注射(BNLS)です。美容大国韓国でTV紹介され、その効果が話題になった治療法でもあります(中略)通常、脂肪融解剤では注入部位に腫れが生じたり、熱を持つことがありますが、BNLSはこれらのダウンタイムがほとんどありません。すぐに日常生活に復帰することが可能ですのでお仕事が忙しい方もお気軽に受けることができます」

出典 湘南美容外科クリニック

3.まとめ

いかがでしたか? なかなか落ちない顔の脂肪を落としやすくしてくれるBNLS注射は副作用がほとんどなく、安全性の高い施術です。効果が持続しやすく、経年変化もほとんどないというメリットもあります。これなら、美容外科での施術が初めてという人でも安心ですよね。傷もほぼ残らないので、切らずに小顔を目指したい方は是非、検討してみてください!

*本記事内でご紹介した治療機器、施術内容は、個人の体質や状況によって効果などに差が出る場合があります。記事により効果を保証するものではありません。記載した価格は、すべて税抜きです。また価格は変更になる場合があります。実際に施術を検討される時は、担当医によく相談の上、その指示に従ってください。

Emiri

Emiri

美容系全般得意なライター。自身でも美容医療を実践。

この記事の監修ドクターが所属するクリニック

皮膚科 美容皮膚科
住所:東京都港区三田5-2-18三田ハウス104
最寄駅:東京メトロ白金高輪駅徒歩5分, 麻布十番駅徒歩8分
院長:蘇原しのぶ
診療時間:10:00〜13:00、15:00〜19:00、10:00〜15:00(土)
休診日:木・日

医療痩身・脂肪吸引が受けられるクリニック

形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:東京都港区西麻布3-16-23Azabu Body Design Center 1F
最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1a番出口徒歩10分
院長:大橋 昌敬
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容外科 美容皮膚科
住所:東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル8F
最寄駅:JR池袋駅東口徒歩約3分
院長:弓削田 浩主
診療時間:10:00~20:00
休診日:
美容外科 美容皮膚科
住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX 7F
最寄駅:JR横浜駅西口徒歩5分
院長:片岡 二郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:

この記事の施術に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
  • この記事が気に入ったら
    いいね! しよう